FC2ブログ

【書籍紹介】「江戸の動植物図譜」(狩野 博幸 監修)

「新編相模国風土記稿」に掲載された産物について記事を書く際に、江戸時代当時の人がどの様にそれらの作物を見ていたのかを知るために当時の絵図を見たいと考えて、「国立国会図書館デジタルコレクション」(以下「デジタルコレクション」)で公開されているものを幾度となく調べて回りました。基本的には「本草図譜」や「梅園草木花譜(リンク先は春之部一〜四)」の様な比較的まとまった図譜が公開されていたので、こちらを参照することが多かったのですが、出来れば他の図譜も見たいと考えてもどの様な図譜が存在するのか、目星を付けたキーワードで検索して見付けるだけでは限界がありました。

以前紹介した国立国会図書館の「描かれた動物・植物 江戸時代の博物誌」も、「デジタルコレクション」で公開されている図譜を見付けるのに役に立ちますが、もう少し他に手掛かりとなるものがないかと思っていたところ、こうした図譜をまとめた書物が昨年出版されていたことに気付きました。

江戸の動植物図譜」 狩野 博幸 監修 2015年 河出書房新社


この本には、

  • 植物図譜:「草木写生春秋之巻」狩野重賢 他 計15点
  • 鳥類図譜:「百鳥図」増山雪斎 他 計12点
  • 獣類図譜:「外国珍禽異鳥図」編者未詳 他 計2点
  • 蟲類図譜:「蟲譜圖説」飯室昌栩 他 計3点
  • 魚介類図譜:「日東魚譜」神田玄泉 他 計10点

以上の計42点の江戸時代の図譜(一部明治期)が紹介されています。これらは全て国立国会図書館所蔵の図譜であることが特徴で、その多くが既に「デジタルコレクション」に納められていることが確認出来ます。一部に「デジタルコレクション」上で見つからないものもありますが、同図書館のデジタル化事業もまだ途上にありますし、現役の出版物として頒布されているものへの配慮もある様ですので、将来的には何れも公開されることが期待される、ということになるでしょうか。因みに、この42点の他に巻頭の解説「動植物の写生と狩野派」には「画図百花鳥」(狩野探幽画)が掲載されており、これも「デジタルコレクション」に収録されています。「デジタルコレクション」上を探索する際に有力な手掛かりとなることは確かです。

「百合譜」京ユリ
坂本浩雪「百合譜」より「京ユリ」
私のパソコンの画面で比較する限り
この本に掲載されているもの(43ページ)は
これより赤味が強く、また色が濃く見えている
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より)
この本ではそれらの図譜から一部の絵図が載せられています。先ほどの「画図百花鳥」は元が墨色単色ですが、それ以外は全てカラーで掲載されています。どの絵も発色が鮮やかで、基本的にはこうした絵柄を見て楽しんでもらうことを主眼に置いて編集されている様に見受けられます。

ただ、「デジタルコレクション」上で参照出来るものと比較すると、概ねこの本に印刷されているものの方が「鮮やか」に見えています。「デジタルコレクション」に比較的最近収録されたカラーの文献の場合は、脇に「カラーセパレーションガイド」(右の例では上部の白黒のグラデーションと5色の色見本)と共に撮影されており、本来はこれを目安にしてパソコンなどの画面上の発色を調整して比較すべきなのですが、厳密な調整をするにはキャリブレーターなどの専用の機器類が必要で、一般にはそこまで対応出来る人は少ないと思います。また、どの図譜も製作後数百年程度の年月を経ており、地色の黄ばみや顔料の褪色の影響もあると思われますので、どちらが実際の絵図の「正しい」発色を再現していると言えるかは、なかなか判断が難しいところです。気楽に当時の絵を楽しむと上では、そこまで気にしなくても良いでしょうが、パソコン上で手軽に絵図を閲覧出来る環境が整ったが故に、以前であれば不可能だったこうした比較も比較的手軽に出来る様になったということは言えると思います。

これらの蔵書には写しによって伝わっているものが多く、その絵の巧拙が見られる点は「描かれた動物・植物」でも指摘されていましたが、その点については「江戸の動植物図譜」でも指摘されています。確かに、写しによる図譜の中には鳥類がどれもほぼ同じ形で描かれるといった、画力のなさというより「手抜き」とも言えそうなものも含まれているのも事実で、特に絵師の評価をする際には写しを見て巧拙を判断しない様に注意が必要です。

何れも図譜から掲載された絵図は一部に限られていますから、どの様な動植物が描かれているのかなど、より詳しく知るにはやはり「デジタルコレクション」を見ることになるでしょう。残念ながらこの本では掲載されている絵図の図譜中の位置(巻号など)が記されておらず、「本草図譜」の様に巨大な冊数になっている図譜では、この中から該当する絵図を探すのはなかなか大変です。今回「デジタルコレクション」との対照表を作ろうかとも思いましたが、手間が掛かり過ぎるので断念しました。まぁ、気になった絵図を「デジタルコレクション」上でじっくり探してみるのも一興かも知れません。


巻末の参考文献には類書が何点か挙げられています(その中に「描かれた動物・植物 江戸時代の博物誌」も入っています)。当時描かれた図譜にどの様なものがあるのか、これらの類書をもう少し紐解いてみる必要があると感じた次第です。
スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :