fc2ブログ

「書籍・資料紹介」カテゴリー記事一覧

「国立国会図書館デジタルコレクション」中の神奈川県史関連資料(その3)

本記事では、神奈川県及び関連部署によって発行された神奈川県史関連の資料について、「国立国会図書館デジタルコレクション」(以下「デジタルコレクション」、一部「デジコレ」)への収録状況を確認して一覧化しました。今回は前回2回で取り上げ切れなかった各文化施設の作成した郷土史関連資料をまとめました。

凡例については「目次」を参照下さい。


1. 神奈川県立図書館のその他の刊行物


ここでは(その2)で収め切れなかった神奈川県立図書館や神奈川県立川崎図書館の郷土史刊行物を一覧化しました。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県立図書館・音楽堂10年史1965[神奈川県立図書館・音楽堂]神奈川県立図書館・音楽堂
神奈川県立図書館・音楽堂20年史1974神奈川県立図書館・音楽堂
神奈川県立図書館・音楽堂30年のあゆみ1984[神奈川県立図書館]神奈川県立図書館・文化資料館・音楽堂
神奈川県立図書館・音楽堂40年のあゆみ : 最近10年間を中心に 1994神奈川県立図書館 編
神奈川県立図書館50年の歩み2004神奈川県立図書館
神奈川県立図書館60年の歩み : 最近10年間を中心に2014
神奈川県立図書館60年の歩み : 最近10年間を中心に : ビジュアル版2014
神奈川県立図書館60年の歩み 第6章参考資料 県立図書館はどうあるべきかの論議2014
神奈川県立図書館所蔵郷土資料解説目録 昭和34年11月30日現在1960
神奈川県立図書館所蔵郷土資料解説目録 第21966
神奈川県立図書館地域資料目録 1994年版 (1992年12月末日現在)1994
神奈川県立図書館地域資料目録 1996年版 (1994年12月末日現在)1996
神奈川県立図書館地域資料目録 1995年受入1997
神奈川県立図書館地域資料目録 1996年受入1998
神奈川県立図書館地域資料目録 1997年受入1999
神奈川県立図書館地域資料目録 1998年版2000
神奈川県立図書館地域資料目録 1999年版2001
神奈川県立図書館地域資料目録 2001年版2003
飯田九一氏旧蔵寄託資料目録 1 (図書・雑誌等之部) (地域資料目録・主題別シリーズ ; 1)1996
飯田九一氏旧蔵寄託資料目録 1 追加分 (図書・雑誌等之部) (地域資料目録・主題別シリーズ ; 1)1997
飯田九一氏旧蔵寄託資料目録 2 (短冊之部) (地域資料目録・主題別シリーズ ; 1)1997
神奈川県関係人物伝記図書目録 (地域資料目録・主題別シリーズ ; 2)1998
二宮尊徳および報徳教関係資料目録 (地域資料目録・主題別シリーズ ; 3)1999
神奈川県住宅地図目録 (地域資料目録・主題別シリーズ ; 4)2000
かながわ資料室所蔵地図目録 : 絵図・地形図・区分地図 (地域資料目録・主題別シリーズ ; 5)2001
神奈川県自治体史内容目録 2001年9月現在 (地域資料目録・主題別シリーズ ; 6)2001
神奈川県地方史関係雑誌記事目録 1 (地域資料目録・主題別シリーズ ; 7)2003
箱根関係文献目録 (地域資料目録・主題別シリーズ ; 8)2004
神奈川県立図書館所蔵戦時文庫目録稿1985神奈川県立図書館資料部図書課 編
かながわの歴史文献55 : 神奈川県関係基本史料解説目録2008神奈川県立図書館調査部地域資料課 編
神奈川県立川崎図書館10年史1969神奈川県立川崎図書館 編神奈川県立川崎図書館
神奈川県立川崎図書館30年史1989
神奈川県立川崎図書館50年史 : 科学と産業の情報ライブラリー 2008
神奈川県立川崎図書館60年史 : ものづくり情報ライブラリー2019
本館所蔵産業史関係図書目録1968
社史・労働組合史・実業家伝記目録 : 神奈川県立川崎図書館所蔵 昭和55年版1981
社史・労働組合史目録 : 神奈川県立川崎図書館所蔵 1990年12月31日現在1992
神奈川県ゆかりの「会社史」一覧 : 神奈川県立川崎図書館所蔵 2002神奈川県立川崎図書館図書資料課 編
神奈川県ゆかりの「会社史・実業家伝記」一覧 2004年10月現在 神奈川県立川崎図書館所蔵2004
神奈川県ゆかりの「会社史・実業家伝記」一覧 2005年10月現在 神奈川県立川崎図書館所蔵2005
神奈川県ゆかりの「会社史・実業家伝記」一覧 2006年10月現在 神奈川県立川崎図書館所蔵2006
時代を映す社史の魅力—神奈川県ゆかりの「会社史・実業家伝記」一覧— : 神奈川県立川崎図書館開館50周年記念2008神奈川県立川崎図書館 編
神奈川県ゆかりの「会社史・実業家伝記」一覧 2011年8月現在 神奈川県立川崎図書館所蔵2011神奈川県立川崎図書館図書資料課 編
社史と伝記にみる日本の実業家 : 人物データと文献案内2012神奈川県立図書館, 神奈川県立川崎図書館 編神奈川県立図書館
渋沢栄一関係主要会社史一覧 渋沢栄一関係所蔵資料一覧2005神奈川県立川崎図書館 編神奈川県立川崎図書館
京浜工業地帯公害史資料集 : 明治43年-昭和16年1972
京浜工業地帯:その歴史と現状 (京浜産業史講座 第1集)1961
京浜工業地帯:主要産業の変遷 (京浜産業史講座 第2集)1962
京浜工業地帯:主要産業の変遷(2) (京浜産業史講座 第3集)1963
京浜工業地帯:通史篇 (京浜産業史講座 第4集)1964

2. 神奈川県立博物館・神奈川県立歴史博物館関連


神奈川県立博物館は昭和42年(1967年)に設立され、平成7年(1995年)に自然科学部門が「生命の星・地球博物館」(小田原市入生田)として分離されると共に人文部門が「神奈川県立歴史博物館」として再編されました。このため、「神奈川県立博物館」としての出版物は特に初期は自然科学部門まで幅広い分野を含んでおり、郷土史関連の資料をある程度絞り込む必要があると判断し、書誌情報から判断できる限りで歴史に関する資料に限定して一覧化することにしました(博物館設立時の計画書や報告書の類などもある意味では博物館自身の「歴史」に属するものですが、ここでは除外しています)。その際県図書館のOPACを主に参照しましたが、適宜他市町村のOPAC等も参照して判断しています。

こちらも発行継続中につき、最新刊が県内各図書館に収蔵されたことを確認次第追記する予定です。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
民俗資料分類目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 1) 1978神奈川県立博物館
考古資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 2) 1979
近代絵画資料目録 : 五姓田義松作品集 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 3) 1980
中世古文書資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 4) 1981
近世・近代版画資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 5) 1983
工芸品資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 6) 1984
近世・近代歴史資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 7) 1985
丹波コレクション版画図録 1 (神奈川県内東海道宿駅編) (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 8) 1986
中世・近世・近代美術関係資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 9) 1987
民俗資料分類目録 2 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 10) 1989
宮川香山作品目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 11) 1989
中世歴史資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 12) 1990
北条家資料目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 13) 1991
江藤昭コレクション目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 14) 1992
チャールズ・ワーグマン作品目録 (神奈川県立博物館人文部門資料目録 ; 15) 1993
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第1号(第1巻)1968
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第2号(第1巻)1969
神奈川県立博物館研究報告 孝古・歴史・美術・民俗 第3号(第1巻)1970
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第4号(第1巻)1971
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第5号1972
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第6号1974
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第7号1976
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第8号1979
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第9号1981
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第10号1982
神奈川県立博物館研究報告 考古・歴史・美術・民俗 第11号1983
神奈川県立博物館研究報告 人文科学12号1985
神奈川県立博物館研究報告 人文科学13号1987
神奈川県立博物館研究報告 人文科学14号1988
神奈川県立博物館研究報告 人文科学14号 別冊 平本家文書目録1988
神奈川県立博物館研究報告 人文科学15号1989
神奈川県立博物館研究報告 人文科学16号1991
神奈川県立博物館研究報告 人文科学17号1991
神奈川県立博物館研究報告 人文科学18号1992
神奈川県立博物館研究報告 人文科学19号1993
神奈川県立博物館研究報告 人文科学20号1994
神奈川県立博物館研究報告 人文科学21号1995
神奈川県立博物館研究報告 人文科学22号1996神奈川県立歴史博物館
神奈川県立博物館研究報告 人文科学23号1997
神奈川県立博物館研究報告 人文科学24号1998
神奈川県立博物館研究報告 人文科学25号1999
神奈川県立博物館研究報告 人文科学26号2000
神奈川県立博物館研究報告 人文科学27号2001
神奈川県立博物館研究報告 人文科学28号2002
神奈川県立博物館研究報告 人文科学29号2003
神奈川県立博物館研究報告 人文科学30号2004
神奈川県立博物館研究報告 人文科学31号2005
神奈川県立博物館研究報告 人文科学32号2006
神奈川県立博物館研究報告 人文科学33号2007
神奈川県立博物館研究報告 人文科学34号2008
神奈川県立博物館研究報告 人文科学35号2009
神奈川県立博物館研究報告 人文科学36号2010
神奈川県立博物館研究報告 人文科学37号2011
神奈川県立博物館研究報告 人文科学38号2012
神奈川県立博物館研究報告 人文科学39号2013
神奈川県立博物館研究報告 人文科学40号2013
神奈川県立博物館研究報告 人文科学41号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2014
神奈川県立博物館研究報告 人文科学42号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2015
神奈川県立博物館研究報告 人文科学43号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2016
神奈川県立博物館研究報告 人文科学44号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2018
神奈川県立博物館研究報告 人文科学45号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2019
神奈川県立博物館研究報告 人文科学46号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2019
神奈川県立博物館研究報告 人文科学47号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2020
神奈川県立博物館研究報告 人文科学48号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2022
神奈川県立博物館研究報告 人文科学49号 Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum2022
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 1999 総合研究-地域社会と近世文化1999
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 2002 総合研究 さがみの国と都の文化交流2002
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 2003 総合研究 中世東国における文化の移入2003
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 2005 総合研究 開国の異文化の交流2005
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 2006 総合研究 関東地域における民具の流通2006
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 2008 神奈川県貝塚地名表2008
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 2011 『道中記』の研究2011
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 2014 日本銀行と横浜正金銀行の建築2014
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 平成二十六~二十八年度 鎌倉彫後藤家資料にみる近代鎌倉彫の受注に関する基礎的研究2017
神奈川県立歴史博物館総合研究報告 平成二十六年度-二十九年度 岩橋教章・章山に関する総合的研究2017
[神奈川県立歴史博物館総合研究報告] 岩戸満願寺遺跡の研究 三浦半島における鎌倉時代寺院の瓦2023

3. 神奈川県文化財図鑑


神奈川県教育庁(昭和28年(1953年)に神奈川県教育委員会事務局から改称、平成17年(2005年)に神奈川県教育局と改称)によって製作された県内の文化財の図鑑です。神奈川県所在の国及び県指定文化財の体系的な記録の集大成として製作したことが、第3巻の「発刊のことば」で綴られています。但し、その網羅性の観点から必ずしも指定が掛かっていない文化財も収録の対象としたケースもあります。

図鑑であることから写真が多く、第3巻では楽譜やレコードも付随しています。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県文化財図鑑 第1巻 建造物篇1971神奈川県教育庁指導部文化財保護課
神奈川県文化財図鑑 第2巻 工芸篇1972神奈川県教育庁社会教育部文化財保護課
神奈川県文化財図鑑 第3巻 無形文化財・民俗資料篇(付録別冊:曲目解説・楽譜、レコード)1972
神奈川県文化財図鑑 第4巻 彫刻篇1975
神奈川県文化財図鑑 第5巻 史跡名勝・天然記念物篇1978
神奈川県文化財図鑑 第6巻 書跡篇1979
神奈川県文化財図鑑 [第7巻] 絵画篇1981
神奈川県文化財図鑑 第8巻 補遺篇1987
神奈川県文化財図鑑 [第9巻] 歴史資料編1989

4. その他の神奈川県教育委員会・関連組織作成の資料


「神奈川県文化財図鑑」以外の県教育委員会(以下「県教委」)並びに関連組織が作成した郷土史関連と呼べる資料を集めましたが、現時点では専ら教育関連の歴史資料の一覧となりました。

県教委関連の資料にはむしろ県内の美術・民俗・考古関連のものが多く(「神奈川県文化財図鑑」にもその傾向があります)、これらは別途一覧化する必要を感じていますが、今回は飽くまでも神奈川県の「歴史」に注目する観点から割愛せざるを得ませんでした。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県の教育十五年1965神奈川県教育庁管理部相談室神奈川県教育委員会
神奈川県教育史 資料編 第1巻1971神奈川県立教育センター
神奈川県教育史 資料編 第2巻1972
神奈川県教育史 資料編 第3巻1973
神奈川県教育史 資料編 第4巻1974
神奈川県教育史 通史編 上巻1978
神奈川県教育史 通史編 下巻1979
社会教育十年のあゆみ1957神奈川県教育庁社会教育課
社会教育関係年表1957
社会教育のあゆみ30年 年表で綴る戦後の記録1980
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

地誌のはざまに - にほんブログ村

記事タイトルとURLをコピーする

「国立国会図書館デジタルコレクション」中の神奈川県及び県内各市町村史関連資料:目次

昨年暮れに「国立国会図書館デジタルコレクション」(以下「デジタルコレクション」、一部「デジコレ」)が全文検索に対応して以来、前々回まで幾つかの題材で検索を試みて記事を書いていましたが、その過程で「神奈川県史」や県内各市の市史や関連冊子がヒットし、一部は記事内で引用しました。

これまでは県史や県内各市町村史については最寄りの図書館の蔵書を見つつ、そちらでは必ずしも蔵書が揃っていないため、必要に応じて所蔵している県立図書館や他の市町村の図書館まで出掛けたり、相互利用協定を利用して蔵書を取り寄せてもらったりしていました。勿論、中を見るまでは目的とする項目の記述があるかどうかわかることはなく、時には書架に並んでいる書物を片っ端から手に取って中を確認して廻る様な作業が必要になることもあります。これらの国立国会図書館蔵書が「デジタルコレクション」に全文検索可能な形で収録されたことによって、より容易に目的とする資料がどれであるかを確認し、閲覧することが可能になったことになります。

とは言え、「デジタルコレクション」には神奈川県史や県内各市町村の地方史関連書誌が必ずしも全て揃っている訳ではありません。無論、「デジタルコレクション」上で検索すれば比較的容易に収録の有無はわかることではあるのですが、「デジタルコレクション」上でどの様な神奈川県内の郷土史関連資料が現状収録されているのかを、一覧化しておくのも役に立つかも知れないと思い立ち、しばらくこの作業に時間を割くことにしました。まずは今回その目次を準備し、次回以降一覧表が完成したところから別記事として公開して、このページからリンクしていくことにします。これまでこの様な一覧をまとめた時と同様、最近の記事を公開する都度、この記事の日付を最新記事の1日前に合わせる運用にします。また、右の「まとめ記事一覧」に本記事へのリンクを置いておきます。

以下、今回作成する一覧共通の「凡例」です。

  • 今回の一覧の対象とするものは、原則として神奈川県あるいは県内各市町村関連の部署によって編集・発行された書物類に限定します。但し、「鎌倉市史」の様に民間の出版者によって発行されたものは例外的に対象とするものとします。その他の資料類も適宜対象に含めることとしましたが、後日改めて追加する可能性があります。埋蔵文化財の発掘調査報告書の類は分量が多いため、歴史関連資料と一緒のシリーズに収められている場合を除き、今回は一旦対象外とします。民俗・美術の文化財に関する資料なども同様の扱いとします。また、初心者向けのガイドの様な資料は対象外とします。
  • 旧郡役所や合併によって消滅した町村の誌史については、適宜県や合併後の市の一覧に収録することとします。
  • 書名は原則「デジタルコレクション」の表記に従っていますが、副題が表記に含められていない場合は適宜追記しています。その際、「デジタルコレクション」の「書誌情報」中の情報や他の図書館の書誌情報を追加している場合があり、必ずしも奥付に記載された書名の通りではない可能性があります。
  • 出版年は月日部分は割愛し、西暦に統一しています。
  • 「デジコレ」欄の記号は次の通りです。
    • ◎:ログインなしで閲覧可能:インターネット公開(保護期間満了)
    • ◉:送信サービスで閲覧可能(要ログイン):国立国会図書館内/図書館・個人送信限定
    • ◯:送信サービスで閲覧可能(要ログイン)だが全文検索不可(全文テキスト情報なし)
    • △:国立国会図書館内限定:インターネット非公開。この場合、全文テキスト情報が存在するかどうかは館外からのアクセスでは確認不能のため、区別していません。
    • ▲:「インターネット資料収集保存事業」によって収集された「電子書籍・電子雑誌」で、「国立国会図書館内限定」に指定されています。別途紙媒体の資料が存在しているものがPDFの形で県や市町村のWeb上で公開されている場合、それが同事業によって結果的にデジタルコレクションに先行して採録されるケースがある様です。
    • ✕:デジタルコレクションに収録されていない
    • ―:国立国会図書館に蔵書なし:「国立国会図書館サーチ」で検索して国立国会図書館の蔵書がヒットしなかったもの
    これらの状況は各記事の更新日時時点の状態です。以降の「デジタルコレクション」側の変更は見つけ次第反映させる予定です。
  • 「全文テキスト情報」については飽くまでも有無のみを確認しているため、OCRの精度については未確認です。
  • 今回は全て書誌本体にリンクするため、試験的に今回に限りDOIにリンクすることにしました。これにより、将来URLの変更が発生した場合でもリンク切れを抑えることが期待できます。なお、DOIについては以前の私の記事を御参照下さい。「インターネット資料収集保存事業」によって収集された「電子書籍・電子雑誌」には現時点ではDOIが割り当てられていないものがあり、その場合は従来どおりのURLにリンクしています。
  • 「デジタルコレクション」の「書誌情報」に、「電子化時の注記」として「一部判読不能」など全文検索時に支障となる状態があったことを示す情報が記されているものがあります。一覧にこの情報は含めていませんが、利用時の注意喚起のため、ここに記しておきます。
  • 「デジタルコレクション」に収められていないものについては、神奈川県立図書館はじめ県内各市町村のOPACなどから書名や著・編者、出版年を参照しています。


  • 神奈川県:
  • 政令指定都市:
    • 川崎市
    • 相模原市
    • 横浜市
  • 市:
    • 厚木市
    • 綾瀬市
    • 伊勢原市
    • 海老名市
    • 小田原市
    • 鎌倉市
    • 座間市
    • 逗子市
    • 茅ヶ崎市
    • 秦野市
    • 平塚市
    • 藤沢市
    • 三浦市
    • 南足柄市
    • 大和市
    • 横須賀市
  • 町:
    • 愛川町
    • 大井町
    • 大磯町
    • 開成町
    • 寒川町
    • 中井町
    • 二宮町
    • 箱根町
    • 葉山町
    • 松田町
    • 真鶴町
    • 山北町
    • 湯河原町
  • 村:
    • 清川村

  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

地誌のはざまに - にほんブログ村

記事タイトルとURLをコピーする

「国立国会図書館デジタルコレクション」中の神奈川県史関連資料(その2)

本記事では、神奈川県及び関連部署によって発行された神奈川県史関連の資料について、「国立国会図書館デジタルコレクション」(以下「デジタルコレクション」、一部「デジコレ」)への収録状況を確認して一覧化しました。今回は特に神奈川県立図書館(以下表題・表中を除き「県図書館」)とその関連部署が作成した資料を可能な限り集めてみました。

凡例については「目次」を参照下さい。


1. 神奈川県史料


この史料については以前も引用した「かながわの歴史文献55」(リンク先は「刊行物 | 神奈川県立の図書館」上で公開されているPDFの目次ページ)を再掲します。

明治政府の命により神奈川県が維新以来の県の沿革等を編纂した「県史(誌)」。対象期間は明治元年(1868)から同17年までだが一部文久慶応年間を含む。内容は主として県布達や規則、文書等の原史料を分類細目別編年にそのまま収録したもので、明治初期同時代に編纂された稀少な文献資料。

上記ページのPDF164ページより)


書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県史料 第1巻 (制度部)1965神奈川県立図書館
神奈川県史料 第2巻 (政治部 第1)1965
神奈川県史料 第3巻 (政治部 第2)1966
神奈川県史料 第4巻 (政治部 第3)1967
神奈川県史料 第5巻 (政治部 第4)1969
神奈川県史料 第6巻 (外務部 第1)1970
神奈川県史料 第7巻 (外務部 2)1971
神奈川県史料 第8巻 (附録部 1)1972
神奈川県史料 第9巻 (附録部 2)1973
神奈川県史料 第10巻 (索引編)1975神奈川県立文化資料館

2. 神奈川県郷土資料集成


県図書館神奈川県図書館協会が神奈川県史にまつわる地誌や文学作品を集め、翻刻した資料集です。

※2023/12/13追記:「神奈川県図書館協会」には県図書館も参加はしていますが、県内の公立図書館の他に大学や専門施設の図書館も参加して活動している、県図書館とは独立した団体です。従って上記の記述は正しくなく、訂正しました。


書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県郷土資料集成 第1輯 地誌篇1957神奈川県図書館協会郷土資料編纂委員会 編神奈川県図書館協会
神奈川県郷土資料集成 第2輯 開港篇1958
神奈川県郷土資料集成 第3輯 俳諧篇1959
神奈川県郷土資料集成 第4輯 神奈川県皇国地誌残稿 上巻1963
神奈川県郷土資料集成 第5輯 神奈川県皇国地誌残稿 下巻1964
神奈川県郷土資料集成 第6輯 紀行編 相模国紀行文集1969
神奈川県郷土資料集成 第7輯 紀行篇(続) 相模国紀行文集1972
神奈川県郷土資料集成 第8編 和歌篇1975
神奈川県郷土資料集成 第9編 案内誌篇1978
神奈川県郷土資料集成 第10輯 絵草紙篇 武相膝栗毛1983
神奈川県郷土資料集成 第11輯 地誌篇(続) 明治読本神奈川地誌1984
神奈川県郷土資料集成 第12輯 神奈川県皇国地誌相模国鎌倉郡村誌1991
神奈川県郷土資料集成 第13輯 神社明細帳(三浦郡)1998

3. 神奈川県立図書館シリーズ


本シリーズは県図書館が実施した県史講座の要録であることがNo.2の序文に記されています。今回の一覧作成の対象とするか悩みましたが、No.2の「あとがき」の記述などから、初心者向けの資料というよりは、「神奈川県史」編纂前の当時、少しでも神奈川県の郷土史資料を補完する目的で作成された資料と見られることから、一覧に含めることとしました。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第1] (概説篇) (神奈川県立図書館シリーズ ; No.1) 1956神奈川県立図書館
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第2] (民衆と生活篇) (神奈川県立図書館シリーズ ; No.2) 1957
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第3] (人物篇) (神奈川県立図書館シリーズ ; 第3) 1959
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第4] (県下の集落篇 上) (神奈川県立図書館シリーズ ; 第4) 1960
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第5] (県下の集落篇 下) (神奈川県立図書館シリーズ ; 第5) 1961
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第6] (県下の民俗篇 上) (神奈川県立図書館シリーズ ; 第6) 1961
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第7] (県下の民俗篇 下) (神奈川県立図書館シリーズ ; 第7) 1963
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第8] (県下の文学篇 上) (神奈川県立図書館シリーズ ; No.8) 1963
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第9] (県下の文学篇 下) (神奈川県立図書館シリーズ ; No.9) 1965
神奈川県の歴史 : 県史講座要録 [第10] (県下の地理篇) (神奈川県立図書館シリーズ ; No.10) 1966

4. 神奈川史談(神奈川県立図書館)


次の「郷土神奈川」発行前に県図書館が発行していた神奈川県内の郷土史研究誌です。昭和48年(1973年)に廃刊となっています。その理由については最終号の第15号では触れられていませんが、発行年の関係から見て「郷土神奈川」に役割を引き継ぐためだったと考えられます。

書名については県図書館のOPACに原則従いましたが、一部他の市町村のOPACも参照して構成しています。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川史談 第1号 水野忠邦の天保改革と小田原(昭和35年10月)1960神奈川県立図書館
神奈川史談 第2号 鎌倉極楽寺における忍性と救藾事業(昭和36年3月)1961
神奈川史談 第3号(昭和36年10月)1961
神奈川史談 第4号(昭和37年4月)1962
神奈川史談 第5号(昭和37年12月)1962
神奈川史談 第6号(昭和38年12月)1963
神奈川史談 第7号(昭和40年3月)1965
神奈川史談 第8号(昭和41年3月)1966
神奈川史談 第9号(昭和42年3月)1967
神奈川史談 第10号(昭和43年2月)1968
神奈川史談 第11号(昭和43年12月)1968
神奈川史談 第12号(昭和45年3月)1970
神奈川史談 第13号(昭和46年3月)1971
神奈川史談 第14号(昭和47年3月)1972
神奈川史談 第15号(昭和48年3月)1973

5. 郷土神奈川(神奈川県立図書館)


「郷土神奈川」には同名の雑誌が2種類あります。1つは1942〜44年に神奈川県郷土研究会が発行した機関誌で、こちらも「デジタルコレクション」に収録されていますが、ここではもう1つの県図書館の併置施設として発足した神奈川県立文化資料館(以下表中を除き「文化資料館」)が編纂発行した1974年以降の広報誌のみ取り上げます。「デジタルコレクション」上では文化資料館改組後の部署の名前で編著者と出版者が統一されているものがありますが、ここでは県図書館のOPACも参照して各号発行時の組織名に合わせました。

この機関誌は発行継続中のため、最新刊が県内図書館に収蔵されたことを確認次第追記する予定です。

なお、県図書館の機関誌としては他に「神奈川文化」(1955〜2003年、県図書館と神奈川県立音楽堂の機関誌、✕)がありましたが、こちらは郷土史に関する記事を掲載した資料とは言えないため、ここでは割愛します。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
郷土神奈川 創刊号(昭和49年1月)1974神奈川県立文化資料館神奈川県立図書館
郷土神奈川 第2号(昭和49年3月)1974
郷土神奈川 第3号(昭和49年8月)1974
郷土神奈川 第4号(昭和49年10月)1974
郷土神奈川 第5号(昭和50年10月)1975
郷土神奈川 第6号(昭和51年2月)1976
郷土神奈川 第7号(昭和51年11月)1976
郷土神奈川 第8号(昭和52年12月)1977
郷土神奈川 第9号(昭和54年3月)1979
郷土神奈川 第10号(昭和55年3月)1980神奈川県立図書館・文化資料館
郷土神奈川 第11号(昭和56年3月)1981
郷土神奈川 第12号(昭和57年3月)1982
郷土神奈川 第13号(昭和58年3月:文化資料館開館十周年記念特集)1983
郷土神奈川 第14号(昭和59年3月)1984
郷土神奈川 第15号(昭和59年11月)1984
郷土神奈川 第16号(昭和60年3月)1985
郷土神奈川 第17号(昭和60年11月)1985
郷土神奈川 第18号(昭和61年3月)1986
郷土神奈川 第19号(昭和61年11月)1986
郷土神奈川 第20号(昭和62年3月)1987
郷土神奈川 第21号(昭和63年2月)1988
郷土神奈川 第22号(昭和63年3月)1988
郷土神奈川 第23号(昭和63年11月)1988
郷土神奈川 第24号(平成元年3月)1989
郷土神奈川 第25号(平成元年11月)1989
郷土神奈川 第26号(平成2年3月)1990
郷土神奈川 第27号(平成2年12月)1990
郷土神奈川 第28号(平成3年2月)1991
郷土神奈川 第29号(平成3年12月)1991
郷土神奈川 第30号(平成4年3月)1992
郷土神奈川 第31号(平成4年12月:20周年記念号)1992
郷土神奈川 第32号(平成6年3月)1994神奈川県立図書館調査部地域資料課神奈川県立図書館
郷土神奈川 第33号(平成7年3月)1995
郷土神奈川 第34号(平成8年3月)1996
郷土神奈川 第35号(平成9年3月)1997
郷土神奈川 第36号(平成10年3月)1998
郷土神奈川 第37号(平成11年3月)1999
郷土神奈川 第38号(平成12年3月)2000
郷土神奈川 第39号(平成13年3月)2001
郷土神奈川 第40号(平成14年3月)2002
郷土神奈川 第41号(平成15年3月)2003
郷土神奈川 第42号(平成16年3月)2004
郷土神奈川 第43号(平成17年2月)2005
郷土神奈川 第44号(平成18年2月)2006
郷土神奈川 第45号(平成19年2月)2007
郷土神奈川 第46号(平成20年2月)2008
郷土神奈川 第47号(平成21年2月)2009
郷土神奈川 第48号(平成22年2月)2010
郷土神奈川 第49号(平成23年3月)2011神奈川県立図書館企画サービス部地域情報課
郷土神奈川 第50号(平成24年2月)2012
郷土神奈川 第51号(平成25年2月)2013
郷土神奈川 第52号(平成26年2月)2014
郷土神奈川 第53号(平成27年2月)2015
郷土神奈川 第54号(平成28年2月)2016
郷土神奈川 第55号(平成29年3月)2017
郷土神奈川 第56号(平成30年3月)2018
郷土神奈川 第57号 特集「明治150年」 (平成31年3月)2019
郷土神奈川 第58号 特集「原三渓」(令和2年3月)2020
郷土神奈川 第59号 特集「神奈川と疾病」(令和3年3月)2021
郷土神奈川 第60号(令和4年3月)2022

6. 神奈川県立文化資料館発行資料


文化資料館は昭和47年(1972年)に「神奈川県史」編纂の過程で収集した資料や公文書の保存公開を目的として、県図書館の併置施設として開館しました。以下は基本的に文化資料館が製作・発行した資料を一覧化しています。

文化資料館の設立経緯上、その発行資料は基本的に全てが県史関連資料であり、特に近現代史の史料と見做せるものが多数を占めています。数が多くなることから何らかの基準を設けて対象を絞ることも考えましたが、今回は特に時代区分によって資料を取捨選択しない方針で一覧を作成しているため、ここでは「デジタルコレクション」に採録されている資料を一通り一覧化した上で、不足分を県図書館のOPACなどで検索して補うこととしました。また、文化資料館開設前から県立図書館が作成し、廃止後も再び作成を引き継いだ「新聞記事索引」や、文化資料館廃止後に神奈川県立公文書館(以下「県公文書館」)が引き継いで作成を続けた「古文書資料所在目録」については、煩雑を避けるためにこちらで一覧にすることとしました。

書名を基準に叢書として継続されたと考えられるものは出来る限りまとめる様にしましたが、年代によって書名に多少の変動が見られるため、本来一連の叢書であるものをまとめ切れていない可能性があります。また、県図書館のOPAC上でも同じ資料の書誌情報が複数存在して相互に異なっているなど、混乱が見られるものが存在しているため、以下一覧の情報の精度が確保出来ていない資料があることを御了承下さい。

文化資料館は平成5年(1993年)に県公文書館の設立に伴って廃止されました。その点では文化資料館の後継施設は県公文書館ということになり、文化資料館の所蔵していた資料の多くは県公文書館に引き継がれましたが、尾崎文庫など一部は県図書館に引き継がれています。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
所蔵資料目録稿 第1集 (根岸村新井家文書,上壱分方村文書)1973神奈川県立文化資料館
文化資料館資料目録 古文書の部 第1集 (橘樹郡北綱島村飯田家寄託資料)1974
文化資料館資料目録 古文書の部 第2集 (武蔵国久良岐郡根岸村新井家文書,武蔵国南多摩郡上壱分方村内田家文書,相模国・武蔵国各郡文書)1975
文化資料館資料目録 古文書の部 第3集 (山口コレクション目録)1979
神奈川県立文化資料館蔵書目録 第1集 (郷土資料編 昭和55年12月末日現在)1982
神奈川県立文化資料館蔵書目録 第2集 (行政資料編 昭和61年12月末日現在)1988
神奈川県立文化資料館蔵書目録 第3集 (郷土資料編 昭和63年12月末日現在)1990
神奈川県立文化資料館蔵書目録 第4集1992
神奈川県立文化資料館県庁各課文書件名目録 11991
神奈川県立文化資料館県庁各課文書件名目録 21991
神奈川県立文化資料館県庁各課文書件名目録 31992
神奈川県立文化資料館県会・参事会文書件名目録1993
文化資料館資料目録 図書の部 第1集 (尾崎文庫目録 1)1976
文化資料館資料目録 図書の部 第2集 (尾崎文庫目録 2)1980
神奈川県明治初期行政目録 太政類典之部 第1編1975
神奈川県立文化資料館郡役所文書件名目録1990
神奈川県関係新聞記事索引 第1集 (昭和34年1月-35年6月)1962神奈川県立図書館
神奈川県関係新聞記事索引 第2集 (昭和35年7月-36年3月)1964
神奈川県関係新聞記事索引 第3集 (昭和36年4月-37年6月)1965
神奈川県関係新聞記事索引 第4集 (昭和37年7月~38年12月)1965
神奈川県関係新聞記事索引 第5集 (昭和39年1月-昭和40年6月)1967
神奈川県関係新聞記事索引 第6集 (昭和40年7月-昭和41年12月)1968
神奈川県関係新聞記事索引 第7集 (昭和42年1月-12月)1968
神奈川県関係新聞記事索引 第8集 (昭和43年1月-12月)1968
神奈川県関係新聞記事索引 第9集 (昭和44年1月-12月)1970
神奈川県関係新聞記事索引 第10集 (昭和45年1月-12月)1971
神奈川県関係新聞記事索引 第11集 (昭和46年1月-12月)1972
神奈川県関係新聞記事索引 第12集 (昭和47年1月-12月)1973神奈川県立文化資料館
神奈川県関係新聞記事索引 第13集 (昭和48年1月-12月)1974
神奈川県関係新聞記事索引 第14集 (昭和49年1月-12月)1975
神奈川県関係新聞記事索引 第15集 (昭和50年1月-12月)1977
神奈川県関係新聞記事索引 第16集 (昭和51年1月-12月)1978
神奈川県関係新聞記事索引 第17集 (昭和52年1月-12月)1979
神奈川県関係新聞記事索引 第18集 (昭和53年1月-12月)1980
神奈川県関係新聞記事索引 第19集 (昭和54年1月-12月)1980
神奈川県関係新聞記事索引 第20集 (昭和55年1月-12月)1982
神奈川県関係新聞記事索引 第21集 (昭和56年1月-12月)1982
神奈川県関係新聞記事索引 第22集 (昭和57年1月-12月)1983神奈川県立図書館・文化資料館
神奈川県関係新聞記事索引 第23集 (昭和58年1月-12月)1985神奈川県立文化資料館神奈川県立図書館・文化資料館
神奈川県関係新聞記事索引 第24集 (昭和59年1月-12月)1986
神奈川県関係新聞記事索引 第25集 (昭和60年1月-12月)1987
神奈川県関係新聞記事索引 第26集 (昭和61年1月-12月)1988
神奈川県関係新聞記事索引 第27集 (昭和62年1月-12月)1988
神奈川県関係新聞記事索引 第28集 (昭和63年1月-12月)1989
神奈川県関係新聞記事索引 第29集 (平成元年1月-12月)1990
神奈川県関係新聞記事索引 第30集 (平成2年1月-12月)1992
神奈川県関係新聞記事索引 第31集 (平成3年1月-12月)1992
神奈川県関係新聞記事索引 第32集 (平成4年1月-12月)1994神奈川県立図書館
神奈川県関係新聞記事索引 第33集 (平成5年1月-12月)1995
神奈川県関係新聞記事索引 第34集 (平成6年1月-12月)1996
神奈川県関係新聞記事索引 第35集 (平成7年1月-12月)1997
神奈川県関係新聞記事索引 第36集 (平成8年1月-12月)1998
神奈川県関係新聞記事索引 第37集 (平成9年1月-12月)1999
行政資料閲覧室行政資料目録 昭和49年受入分1975神奈川県立文化資料館
神奈川県古文書資料所在目録 第1集 (城山町)1979
神奈川県古文書資料所在目録 第2集 (愛川町)1980
神奈川県古文書資料所在目録 第3集 (足柄上地区)1981
神奈川県古文書資料所在目録 第4集 (厚木市北部 その1)1982
神奈川県古文書資料所在目録 第5集 (厚木市北部 その2)1983神奈川県立文化資料館神奈川県立図書館・文化資料館
神奈川県古文書資料所在目録 第6集 (旧高座郡・三市一町)1983
神奈川県古文書資料所在目録 第7集 (厚木市南部)1984
神奈川県古文書資料所在目録 第8集1986
神奈川県古文書資料所在目録 第9集1987
神奈川県古文書資料所在目録 第10集1988
神奈川県古文書資料所在目録 第11集1989
神奈川県古文書資料所在目録 第12集1989神奈川県立文化資料館
神奈川県古文書資料所在目録 第13集1991
神奈川県古文書資料所在目録 第14集1992
神奈川県古文書資料所在目録 第15集1993
神奈川県古文書資料所在目録 第16集1993
神奈川県古文書資料所在目録 第17集1995神奈川県立公文書館
神奈川県古文書資料所在目録 第18集1996
神奈川県古文書資料所在目録 第19集1997
神奈川県古文書資料所在目録 第20集1998
神奈川県古文書資料所在目録 第21集1999
神奈川県古文書資料所在目録 第22集2000
神奈川県古文書資料所在目録 第23集2001
神奈川県古文書資料所在目録 第24集2005
神奈川県古文書資料所在目録 第25集2005
神奈川県古文書資料所在目録 第26集2007
神奈川県古文書資料所在目録 第27集2010
神奈川県歴史資料所在目録 第28集2011
神奈川県歴史資料所在目録 第29集2012

  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

地誌のはざまに - にほんブログ村

記事タイトルとURLをコピーする

「国立国会図書館デジタルコレクション」中の神奈川県史関連資料(その1)

本記事では、神奈川県及び関連部署によって発行された神奈川県史関連の資料について、「国立国会図書館デジタルコレクション」(以下「デジタルコレクション」、一部「デジコレ」)への収録状況を確認して一覧化しました。今回は特に「神奈川県史」(1.参照)とその編纂時に併せて刊行された書籍について一覧化を試みました。

凡例については「目次」を参照下さい。


1. 神奈川県史


ここでは、昭和42年(1967)に神奈川県政100年記念事業として着手され、約17年をかけて完成された「神奈川県史」について、その「デジタルコレクション」への収録状況を一覧化しました。

「デジタルコレクション」上では一部の「付録」が別書誌として扱われているため、それらについては「本編」「付録」に分けてリンクを示しました。なお、全ての「付録」が別書誌に分けられている訳ではなく、本編の末尾に含められているものもあります。

「神奈川県史」のそれぞれの巻には「神奈川県史だより」と題された小冊子が添付されていましたが、「デジタルコレクション」では現在その大半が含められていません。「神奈川県史だより」を含んでいるものには「*」を付しています(「各論編5」以外では「デジタルコレクション」上の目次等に「神奈川県史だより」が含まれていることが示されていません)。「デジタルコレクション」未収録の「神奈川県史だより」は、「国立国会図書館サーチ」で検索すると合本として蔵書されていることが確認できますが、それと「*」を付した3冊分がどの様な関係になっているのかは不明です。

「神奈川県史 近世資料編 収録資料編年目録」については、神奈川県立図書館のOPAC上で「神奈川県史」の叢書として登録されているため、ひとまずこちらの一覧に収めました。


書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県史 資料編 1 (古代・中世 第1)1970神奈川県企画調査部県史編集室 編神奈川県
神奈川県史 資料編 2 (古代・中世 2)1973本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 3 (古代・中世 3 上)1975本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 3 [2] (古代・中世 3 下)1979本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 4 (近世 1)1971
神奈川県史 資料編 5 (近世 2)1972本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 6 (近世 3 幕領 1)1973本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 7 (近世 4 幕領 2)1975本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 8 (近世 5 上 旗本領・寺社領 1)1976本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 8 [2] (近世 5 下 旗本領・寺社領 2)1979本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 9 (近世 6 交通・産業)1974本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 10 (近世 7 海防・開国)1978本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 11 (近代・現代 1 政治・行政 1)1974本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 12 (近代・現代 2 政治・行政 2)1977本編◉ 付録◉*
神奈川県史 資料編 13 (近代・現代 3 社会)1977本編◉ 付録◉*
神奈川県史 資料編 14 (近代・現代 4 文化)1976本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 15 (近代・現代 5 渉外)1973本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 16 (近代・現代 6 財政・金融)1980
神奈川県史 資料編 17 (近代・現代 7 近代の生産)1976本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 18 (近代・現代 8 近代の流通)1975
神奈川県史 資料編 19 (近代・現代 9 現代の経済)1978本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 20 (考古資料)1979本編◉ 付録◉
神奈川県史 資料編 21 (統計)1982
神奈川県史 近世資料編 収録資料編年目録1983
神奈川県史 通史編 1 (原始・古代・中世)1981
神奈川県史 通史編 2 (近世 1)1981
神奈川県史 通史編 3 (近世 2)1983
神奈川県史 通史編 4 (近代・現代 1 政治・行政 1)1980
神奈川県史 通史編 5 (近代・現代 2 政治・行政 2)1982
神奈川県史 通史編 6 (近代・現代 3 産業・経済 1)1981
神奈川県史 通史編 7 (近代・現代 4 産業・経済 2)1982
神奈川県史 各論編 1 (政治・行政)1983
神奈川県史 各論編 2 (産業・経済)1983
神奈川県史 各論編 3 (文化)1980
神奈川県史 各論編 4 (自然)1978本編◉ 付録◉
神奈川県史 各論編 5 (民俗)1977◉*
神奈川県史 別編 1 (人物)1983
神奈川県史 別編 2 (資料所在目録)1981
神奈川県史 別編 3 (年表)1982

2. 神奈川県史関連成果物


ここでは「神奈川県史」の編纂の過程でまとめられた資料を一覧化してみました。「年表」については「デジタルコレクション」で蔵書していない巻が多いだけではなく、蔵書している図書館によって書誌情報の表題や編著者の表記が変わるケースが散見され、現物確認が行き届かないため、ここでは各図書館での表記を優先させています。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県史人名集 : 稿 古代・中世・近世1969神奈川県[神奈川県企画調査部]県史編集室
神奈川県史人名集 : 稿 古代・中世・近世 [1] 増補1970[神奈川県企画調査部]県史編集室 編県史編集室
神奈川県史人名集 : 稿 古代・中世・近世 [2] 増補1971
神奈川県史民俗資料調査報告 調査報告11970神奈川県企画調査部県史編集室 編県史編集室
神奈川県史民俗資料調査報告 調査報告21972
神奈川県史民俗資料調査報告 調査報告31973
神奈川県史民俗資料調査報告 調査報告41974
神奈川県史民俗資料調査報告 調査報告51975
神奈川県史編集資料集 第1集 上田正次日記1971神奈川県企画調査部県史編集室 編県史編集室
神奈川県史編集資料集 第2集 明治前期県内企業一覧-明治1年1月~同26年3月1972
神奈川県史編集資料集 第3集 神奈川県史文化関係資料1 短歌1972
神奈川県史編集資料集 第4集 鎌倉大日記1972
神奈川県史編集資料集 第5集 丸山教本庁所蔵資料目録1973
神奈川県史編集資料集 第6集 難波家・自由民権関係文書1973
神奈川県史年表 : 稿 第1集 近代・現代編1973神奈川県企画調査部県史編集室 編県史編集室
神奈川県史年表 : 稿 第2集 近代・現代編1文化(1)1973
神奈川県史年表 : 稿 第3集 近代・現代編2文化(2)1973
神奈川県史年表 : 稿 第4集 近代・現代編3文化(3)1975
神奈川県史年表 : 稿 第5集 中世編その11974
神奈川県史年表 : 稿 第6集 近代・現代編4文化(4)1975
神奈川県史年表 : 稿 古代編1971

3. 神奈川県史資料所在目録


「神奈川県史」編纂のために行われた県史資料所在調査の成果物です。

書名の「第◯集」等の情報については「書誌情報」中の「内容細目」の表記に従いました。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県史資料所在目録 第1集 秦野市1967[神奈川県企画調査部]県史編集室
神奈川県史資料所在目録 第2集 足柄上郡南足柄町1968
神奈川県史資料所在目録 第3集 三浦市1968
神奈川県史資料所在目録 第4集 逗子市・葉山町1969
神奈川県史資料所在目録 第5集 小田原市1969
神奈川県史資料所在目録 第6集 藤沢市1969
神奈川県史資料所在目録 第7集 茅ケ崎市1969
神奈川県史資料所在目録 第8集 真鶴町1969
神奈川県史資料所在目録 第9集 座間町1969
神奈川県史資料所在目録 第10集 綾瀬町1969
神奈川県史資料所在目録 第11集 海老名町1970
神奈川県史資料所在目録 第12集 大井町1970
神奈川県史資料所在目録 第13集 津久井町1970
神奈川県史資料所在目録 第14集 清川村1970
神奈川県史資料所在目録 第15集 相模湖町1970
神奈川県史資料所在目録 第16集 湯河原町1970
神奈川県史資料所在目録 第17集 藤野町1970
神奈川県史資料所在目録 第18集 大和市1970
神奈川県史資料所在目録 第19集 寒川町1970
神奈川県史資料所在目録 第20集 二宮町1970
神奈川県史資料所在目録 第21集 松田町1971
神奈川県史資料所在目録 第22集 中井町1971
神奈川県史資料所在目録 第23集 橘町1971
神奈川県史資料所在目録 第24集 厚木市 その11971
神奈川県史資料所在目録 第25集 厚木市 その21971
神奈川県史資料所在目録 第26集 横浜市緑区1971
神奈川県史資料所在目録 第27集 横須賀市 その11971
神奈川県史資料所在目録 第28集 横須賀市 その21971
神奈川県史資料所在目録 第29集 横浜市港北区1971
神奈川県史資料所在目録 第30集 横浜市中区・西区・神奈川区1971
神奈川県史資料所在目録 第31集 横浜市鶴見区1971
神奈川県史資料所在目録 第32集 横浜市保土ケ谷区・旭区1971
神奈川県史資料所在目録 第33集 大磯町1971
神奈川県史資料所在目録 第34集 開成町1972
神奈川県史資料所在目録 第35集 愛川町1972
神奈川県史資料所在目録 第36集 伊勢原市 その11972
神奈川県史資料所在目録 第37集 伊勢原市 その21972
神奈川県史資料所在目録 第38集 箱根町1972
神奈川県史資料所在目録 第39集 城山町1974
神奈川県史資料所在目録 第40集 横浜市南区・港南区1974
神奈川県史資料所在目録 第41集 横浜市金沢区・磯子区1974
神奈川県史資料所在目録 第42集 川崎市 その11975
神奈川県史資料所在目録 第43集 川崎市 その21975
神奈川県史資料所在目録 第44集 横浜市戸塚区・瀬谷区1976
神奈川県史資料所在目録 第45集 鎌倉市 その11976
神奈川県史資料所在目録 第46集 鎌倉市 その21976
神奈川県史資料所在目録 第47集 補遺1 横浜市・川崎市1978
神奈川県史資料所在目録 第48集 補遺2 城山町・津久井町1979
神奈川県史資料所在目録 第49集 補遺3 相模湖町・藤野町1979
神奈川県史資料所在目録 第50集 補遺4 小田原市・南足柄市・秦野市・大井町・山北町・箱根町・真鶴町1980
神奈川県史資料所在目録 第51集 補遺5 大磯町・二宮町1980
神奈川県史資料所在目録 第52集 補遺6 海老名市・座間市・寒川町1981
神奈川県史資料所在目録 第53集 補遺7 秦野市等10市2町1983
神奈川県史資料所在目録 考古第1集 小田原市・足柄上郡・足柄下郡1970
神奈川県史資料所在目録 考古第2集 考古資料遺跡別表-小田原市・足柄上郡・足柄下郡1970
神奈川県史資料所在目録 考古第3集 相模原市・愛甲郡・津久井郡1971
神奈川県史資料所在目録 考古第4集 考古資料遺跡別表-相模原市・愛甲郡・津久井郡1971
神奈川県史資料所在目録 考古第5集 厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・高座郡・中郡1972
神奈川県史資料所在目録 考古第6集 考古資料遺跡別表-厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・高座郡・中郡1972
神奈川県史資料所在目録 考古第7集 平塚市・藤沢市・茅ケ崎市・逗子市・秦野市・三浦郡葉山町1973
神奈川県史資料所在目録 考古第8集 考古資料遺跡別表-平塚市・藤沢市・茅ケ崎市・逗子市・秦野市・三浦郡葉山町1973
神奈川県史資料所在目録 考古第9集 横須賀市・鎌倉市・三浦市・追加分1974
神奈川県史資料所在目録 考古第10集 考古資料遺跡別表-横須賀市・鎌倉市・三浦市・追加分1974
神奈川県史資料所在目録 考古第11集 横浜市・追加分1975
神奈川県史資料所在目録 考古第12集 考古資料遺跡別表-横浜市・追加分1975
神奈川県史資料所在目録 考古第13集 川崎市・県外・追加分1977
神奈川県史資料所在目録 考古第14集 考古資料遺跡別表-川崎市・追加分1977

4. 神奈川県史研究


「神奈川県史」の編集室の機関誌であること、県史の編集状況、県史執筆に役立つ論文、資料紹介、地方史研究の動向の紹介等を目的とすることが創刊号の編集後記に記されています(同書37ページ)。「神奈川県史」の編集が完了して編集室が解散するのに伴って「別冊」を発行して終刊となりました。

こちらは将来「デジタルコレクション」に改めて収録された際の予備として準備しているもので、県内各図書館のOPAC上の情報などを使って一覧を作成しているため、現時点では一部情報が未掲載の状態です。追って情報が確認出来次第追記する予定です。なお、現時点では「神奈川県史研究」は国立国会図書館に蔵書があることのみ確認しています。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
神奈川県史研究 創刊号(昭和43年10月)1968神奈川県史編集委員会 編神奈川県企画調査部県史編集室
神奈川県史研究 第2号(昭和44年1月)1969
神奈川県史研究 第3号(昭和44年3月)1969
神奈川県史研究 第4号(昭和44年5月)1969
神奈川県史研究 第5号(昭和44年10月)1969
神奈川県史研究 第6号(昭和45年2月)1970
神奈川県史研究 第7号(昭和45年7月)1970
神奈川県史研究 第8号(昭和45年10月)1970
神奈川県史研究 第9号(昭和45年12月)1970
神奈川県史研究 第10号(昭和46年2月)1971
神奈川県史研究 第11号(昭和46年3月)1971
神奈川県史研究 第12号(昭和46年9月)1971
神奈川県史研究 第13号(昭和46年11月)1971
神奈川県史研究 第14号(昭和47年1月)1972
神奈川県史研究 第15号(昭和47年3月)1972
神奈川県史研究 第16号(昭和47年5月)1972
神奈川県史研究 第17号(昭和47年9月)1972
神奈川県史研究 第18号(昭和47年12月)1972
神奈川県史研究 第19号(昭和48年2月)1973
神奈川県史研究 第20号(昭和48年6月)1973
神奈川県史研究 第21号(昭和48年9月)1973
神奈川県史研究 第22号(昭和48年12月)1973
神奈川県史研究 第23号(昭和49年2月)1974
神奈川県史研究 第24号(昭和49年6月)1974
神奈川県史研究 第25号(昭和49年9月)1974
神奈川県史研究 第26号(昭和49年12月)1974
神奈川県史研究 第27号(昭和50年2月)1975
神奈川県史研究 第28号(昭和50年6月)1975
神奈川県史研究 第29号(昭和50年9月)1975
神奈川県史研究 第30号(昭和50年12月)1975
神奈川県史研究 第31号(昭和51年3月)1976
神奈川県史研究 第32号(昭和51年9月)1976
神奈川県史研究 第33号(昭和52年3月)1977
神奈川県史研究 第34号(昭和52年9月)1977神奈川県県民部県史編集室
神奈川県史研究 第35号(昭和53年3月)1978
神奈川県史研究 第36号(昭和53年7月)1978
神奈川県史研究 第37号(昭和53年11月)1978
神奈川県史研究 第38号(昭和54年3月)1979
神奈川県史研究 第39号(昭和54年9月)1979
神奈川県史研究 第40号(昭和54年11月)1979
神奈川県史研究 第41号(昭和55年3月)1980
神奈川県史研究 第42号(昭和55年7月)1980
神奈川県史研究 第43号(昭和55年12月)1980
神奈川県史研究 第44号(昭和56年3月)1981
神奈川県史研究 第45号(昭和56年9月)1981
神奈川県史研究 第46号(昭和56年12月)1981
神奈川県史研究 第47号(昭和57年3月)1982
神奈川県史研究 第48号(昭和57年7月)1982
神奈川県史研究 第49号(昭和57年11月)1982
神奈川県史研究 第50号(昭和58年3月)1983
神奈川県史研究 別冊:神奈川県史巻別目録・「神奈川県史研究」総目次 他(昭和59年3月)1984

5. 統計神奈川県史


書名に「神奈川県史」と入っているものの、上記の一連の「神奈川県史」とは別の叢書に属する資料です。ここでは便宜上「神奈川県史」関連の一覧の末尾に置くこととしました。

書名出版年著・編者出版者デジコレ
統計神奈川県史 : 戦後20年のあゆみ 上巻(昭和20〜39年)1966神奈川県企画調査部統計調査課 編神奈川県
統計神奈川県史 : 戦後20年のあゆみ 下巻(昭和20〜39年)1966
統計神奈川県史 昭和40年~60年 上巻 かながわのあゆみ1989神奈川県企画部統計課 編
統計神奈川県史 昭和40年~60年 下巻 かながわのあゆみ1989
統計神奈川県史 昭和40年~60年 別巻 かながわのあゆみ1989

  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

地誌のはざまに - にほんブログ村

記事タイトルとURLをコピーする

「神奈川県レッドデータブック2022 植物編」の発行と、当ブログでの過去の引用箇所との照合

これは全く情報を見逃していたのですが、昨年2022年の3月に「神奈川県レッドデータブック2022 植物編」(以下「神RDB2022」)が公開されていました。これに先立って2020年10月には「レッドリスト」(以下「神RL2020」)がホームページ上で公開されていたのですが、こちらも私は全く気付いていませんでした。「神RDB2022」公開から既に1年半以上経ってしまっていますが、今回は遅れ馳せながらこれらの紹介と、これまで私のブログ中で以前のRDBを参照した箇所について、生育状況などについて変動があるかどうかを確認します。


神奈川県植物誌2018 電子版」(以下「神植2018」)の際に電子版が無償公開されたのと同様、「神RDB2022」についても全編がPDFで無償公開されました(書籍は有償)。但し、「神植2018」が全編1本のPDFにまとめられていたのに対し、「神RDB2022」については17本のPDFに分割されています。また、「神植2018」ではPDFと書籍でページ番号が振り直されているため、引用の際に注意が必要である旨巻末に記されていますが、「神RDB2022」については双方とも同じページ番号が振られています。


なお、上記の「神RDB2022」の公開ページにもある通り、今回は植物編のみの更新で、動物編(脊椎動物・昆虫類・クモ類)は順次更新予定とのことです。従って、現時点では動物編の最新は引き続き「神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006」(以下「神RDB2006」)ということになります。こちらは神奈川県立生命の星・地球博物館(以下「県地球博」)が編集・発行を受け持っていましたが、「神RDB2022」の発行は「神奈川県環境農政局緑政部自然環境保全課」ということになりました。但し編集には引き続き県地球博が加わっています。

今回のRDBでは「維管束植物」「コケ植物」「藻類」「菌類」が対象となっています。「藻類」は「神RDB2006」までは対象となっていませんでした。但し、対象とされている藻類は淡水藻類に限定されており、海藻は対象とされていません。また「オオイシソウ科/カワモズク科/ベニマダラ科/ニセイシノカワ科/カワノリ科」と「シャジクモ科」に分けて章立てが構成されています。この章立ての意図は明確に説明されていませんが、前者が河川などの流下水域に生息する藻類を中心に検討されているのに対し、後者は湖沼・溜池などの止水域に生息する藻類について検討されているという区別になっている様です。ただ、「シャジクモ科」については

神奈川県の車軸藻類は、芦ノ湖以外の記録が極めて乏しいため、今後の継続的な調査が必要とされる生物である。コケ・シダ・種子植物については、プロの研究者のみならず、植物愛好家による多くの報告により地域の植物相情報が蓄積されているが、車軸藻類については着目されることが非常に少なく、全国的にほとんど情報がないのが現状であり、神奈川県においても同様の状況であった。車軸藻類が出現しうる水環境(ため池や水田等)で可能な限り調査を行い、情報を蓄積し、将来的な神奈川県レッドリスト改訂の際の評価に繋げる必要があるだろう。

(372ページ)

とされており、現時点では不十分な情報下での限定的な評価に留まっている点は念頭に置いて各項目の評価を見る必要があるでしょう。

これまでのところ、私のブログでは相模国の淡水藻類について触れる機会はありませんでした。「新編相模国風土記稿」の産物としても淡水藻類は挙げられていませんし、それ以外の近世の史料上で何らかの名産として淡水藻類が取り上げられた事例も、今のところ私は見たことがありません。「神RDB2022」に挙げられた淡水藻類のうち、食用とされているのは「カワノリ」のみですが、

【判定理由】生育地は少なく6か所記録されているだけで、近年になって生育しなくなった場所も確認されており、定性的要件25に準じ絶滅危惧I類(CR+EN)と判定した。

【特記事項】日本固有種。夏から秋に採集され、薄い板状に天日乾燥して食用に供される(短冊形の製品を道の駅で販売しているところもある)。神奈川県での地方名(製品名)はかわのり、他に大谷川苔、桐生のり、多摩川苔、桂川のり、芝川苔、円原苔、青藍苔、山浦苔、高千穂苔、菊池川苔などの地方名がある。

(370ページ)

とされています。同書が生育確認に使用した文献の中に「水産講習所試験報告 第9巻」(1913年 農商務省水産講習所編)所収の「かはのり調査」(東 道太郎著)があり、これは「国立国会図書館デジタルコレクション」で参照出来ます(国立国会図書館内/図書館・個人送信限定:要ログイン)。これによれば、神奈川県の産出地として挙げられているのは津久井郡鳥屋村(現:相模原市緑区鳥屋)の早戸川支流と青根村(現:相模原市緑区青根)字荒井の「湯口澤」で、通常の海苔の様に漉いた状態などの形で販売していたことが記されています。その起源については「不明」とされていますが、これも史料を見かけたら取り上げてみたいと思います。

「神RDB2006」では個々の種毎の他に「植物群落」についても生息状況の評価が行われていますが、「神RDB2022」では「植物群落」は対象から外れています。これが今後動物編の更新に含められて発表される予定なのかどうかについては、「神RDB2022」上では記載を確認できませんでした。私のブログでハコネコメツツジやアセビを取り上げた際に、これらの植物を含む群落についての評価も参照しましたが、少なくとも今回は更新されなかったことになります。


「絶滅種」「絶滅危惧種」などの「カテゴリー」については「神RDB2006」から以下の点で変更が加えられました。「絶滅種」や「絶滅危惧種」の様な主要なカテゴリーには変更はなく、それらに当てはまらない種の分類が整理統合されたと言って良いでしょう。

前回の『神奈川県レッドデータ生物調査報告書 2006』と比較して、「消息不明種」、「不明種」、「減少種」、「希少種」、「要注意種」を除外した。これらは、いずれも環境省のレッドリストにはないカテゴリーであり、今回は、より環境省の基準に合わせることとした。

一方、環境省カテゴリーの要件には当てはまらないが、神奈川県として記載することが適当と考える種を抽出するため、県独自のカテゴリーとして「注目種」を前回から引き続き掲載し、「準絶滅」を新たに追加した。

(7ページ)


このカテゴリーに合わせて「神RDB2006」と「神RDB2022」の件数比較が9ページに一覧表にまとめて掲載されています。今回から藻類が追加されたとは言え、取り上げられているのは18種と少ないにも拘わらず、全体では「神RDB2006」790種に対して「神RDB2022」では1033種と大幅に増えています。その中では維管束植物の絶滅危惧IB類が146種から211種、絶滅危惧II類が87種から189種と大幅に増加しています。これに対して絶滅危惧IA類が223種から211種、絶滅種が134種から122種へと若干ながら減少しているのが注目されます。これについては

『神RDB06』で絶滅とされていた134分類群のうち、再発見されたものは…18分類群がIA類に、…3分類群がIB類に、…3分類群がII類、ノニガナが準絶滅危惧に判定された。急激なカテゴリーの変更には、多産する生育地の発見やニホンジカの不嗜好性植物である影響などがある。

『神RDB06』でも、『神RDB95』の絶滅の再発見が25分類群あり、今回も、25分類群が再発見されている。しかし、『神RDB06』同様、この間に県内のレッドデータ植物を取り巻く環境が好転したためとはいえない。県内の分布調査がこれまで以上に緻密になったこと、ニホンジカの不嗜好性植物が発見されやすくなったこと、植生保護柵内で絶滅種が復活したことなどが要因としてあげられる。

(50〜51ページ、…は中略)

としており、再発見された植物の分が絶滅種から除外されるなどの理由であることが解説されています。絶滅種や絶滅危惧種といったカテゴリーの件数が減少することが直ちに生育状況の改善を意味する訳ではないことになります。また、分布調査の進展具合でこれらのカテゴリー分けも変動する可能性を含んでいる点も注意が必要です。

また、「ムラサキ」については以前このブログで「神植2018」上で実質的に絶滅したものと考えられる旨の記述があり、それに伴って「神RDB2022」でのカテゴリーも「絶滅種」に変更されるのではないかという見通しを書きました。実際は「神RDB2022」では引き続きカテゴリーが「絶滅危惧ⅠA類」と維持されましたが、これは絶滅種の判定基準の中に

【情報量が少ないもの】③過去50年間前後の間に、信頼できる生息の情報が得られていない。

(5ページ)

という項目があり、これに従えば絶滅種と判定するには更に20年ほど経過する必要があるためと見られます。実際、「ムラサキ」の「判定理由」では実質的には絶滅したものと考えられる旨が記されています。カテゴリーの変動がないことが生息環境が変わっていないことを必ずしも意味していないことになります。

以前「神植2018」を紹介した際に、分子生物学の普及に合わせて種子植物の科の分類と配列がAPG体系のものに変更されたことについて解説しました。「神RDB2022」では科の配列については「神植2018」に従ったとしていますので(凡例54ページ)、必然的にAPG体系のものに揃ったことになります。これに伴って「神RDB2022」に掲載された種の中に「神RDB2006」から科が変更になったものも現れており、これまでこのブログで掲載したことがあるものの中では「ウメバチソウ」が「ユキノシタ科」から「ニシキギ科」に変更されています。

これらの点を踏まえ、以下、このブログの各記事毎に「神RDB2006」を参照したものについて、「神RDB2022」の記述がどうなったか対照したものを一覧化します。「神RDB2006」の判定理由等の記述は各記事内でも引用しているものが多く、「神RDB2022」の判定理由等の記述の中で触れているものが多いため、以下では科の分類とカテゴリーのみを掲げることとしました。

  • 相模国の柴胡について
    • ミシマサイコ:
      • 神RDB2006:セリ科 絶滅危惧ⅠA類(112ページ)
      • 神RDB2022:セリ科(変更なし) 絶滅危惧ⅠA類(変更なし)

        【判定理由】:『神RDB06』では『神植誌88』および『神植誌01』で確認された11調査区のうち三浦市を除く90%の調査区で失われたことから絶滅危惧IA 類とされた。今回は三浦市も含めてすべての調査区で再発見できなかった。生育環境の消失により、生育地が局在し、個体数も限られている点に脆弱性がある。県内の植物のうちでも最も絶滅が危惧される種の一つである。(323ページ)

  • 箱根のセンブリ:「新編相模国風土記稿」から
    • ムラサキセンブリ:
      • 神RDB2006:リンドウ科 絶滅危惧ⅠA類(116ページ)
      • 神RDB2022:リンドウ科(変更なし) 絶滅危惧ⅠB類

        【判定理由】:2調査区の2か所で確認された。『神RDB06』では個体数が50株未満と推定され絶滅危惧IA類とされたが、山北町でも確認されたことから、今回の判定基準では絶滅危惧IB類にランクが下がった。(269ページ)

    • イヌセンブリ:
      • 神RDB2006:リンドウ科 絶滅危惧ⅠB類(115〜116ページ)
      • 神RDB2022:リンドウ科(変更なし) 絶滅危惧ⅠB類(変更なし)

        【判定理由】2調査区の2個の3次メッシュで現存が確認された。(269ページ)

    • センブリ:
      • 神RDB2006:掲載なし
      • 神RDB2022:掲載なし(変更なし)

        ※「神植2018」ではセンブリはリンドウ科(1316ページ)。

  • 「七湯の枝折」の釣鐘つつじ/ケンペルのつつじ、トゥーンベリのつつじ
    • ムラサキツリガネツツジ:
      • 神RDB2006:ツツジ科 絶滅危惧ⅠB類(113ページ)
      • 神RDB2022:ツツジ科(変更なし) 絶滅危惧ⅠB類(変更なし)

        【判定理由】4調査区の5個の3次メッシュで確認された。箱根、丹沢に分布する。(263ページ)

  • 相模国の紫根:「新編相模国風土記稿」から(その1)
    • ムラサキ:
      • 神RDB2006:ムラサキ科 絶滅危惧ⅠA類(118ページ)
      • 神RDB2022:ムラサキ科(変更なし) 絶滅危惧ⅠA類(変更なし)

        【判定理由】文献によると、かつては丹沢や箱根の草原に点在し、山麓や丘陵地にもあったとされるが、1988年に相模原市で採集された標本を最後に以降の生育は確認されていない。/今回は絶滅危惧IA類と判定したが、事実上絶滅したも のと考えられる。(274ページ)

  • 相模国の香蕈について:「新編相模国風土記稿」から(その1)
    • シイタケ:
      • 神RDB2006:掲載なし
      • 神RDB2022:掲載なし(変更なし)

        ※現時点で「神植2018」に相当する神奈川県の菌類誌は発行されていない。「神RDB2022」編纂に際してその活動成果が参照されている「神奈川キノコの会」編集による「検証キノコ新図鑑」(城川 四郎著 2017年 筑波書房)でもシイタケは掲載なし。

  • 相模国の香蕈、高座郡の初茸と松露 補足
    • ショウロ:
      • 神RDB2006:ショウロ科 絶滅危惧Ⅱ類(157〜158ページ)
      • 神RDB2022:ショウロ科(変更なし) 注目種

        【判定理由】生育に適した海岸近くのクロマツ林は減少しているものの、近年、県内の複数地域での継続的な発生が確認されたため、ランクの見直しを行った。

        【現状】折原ほか(2014)により県内の複数地域の海岸付近のクロマツ樹下で発生が確認された。(398ページ)

    • ハツタケ:
      • 神RDB2006:掲載なし
      • 神RDB2022:ベニタケ科 絶滅危惧Ⅱ類

        【判定理由】本種の発生に適したマツ林が減少傾向にあるため。

        【現状】人間による維持管理のなされたアカマツ若齢林が減少したことにより、県内での発生数は著しく減少していると考えられる。(403ページ)

  • 「七湯の枝折」の「米つつじ」
    • ハコネコメツツジ:
      • 神RDB2006:ツツジ科 絶滅危惧Ⅱ類(114ページ)
      • 神RDB2022:ツツジ科(変更なし) 絶滅危惧Ⅱ類(変更なし)

        【判定理由】6調査区の7個の3次メッシュで確認された。『神RDB06』では箱根と丹沢の標高1,000m以上の風衝地岩場に生え、総個体数は1,000株未満と推定され、定量的要件Dより絶滅危惧II類と判定された。当時と状況は変わっていないため、今回も絶滅危惧II類と判定した。(264ページ)

    • ハコネコメツツジ群落:
      • 神RDB2006:(186ページ)
      • 神RDB2022:掲載なし
  • 「七湯の枝折」の一輪草(うめばちそう)
    • ウメバチソウ:
      • 神RDB2006:ユキノシタ科 絶滅危惧ⅠB類(103ページ)
      • 神RDB2022:ニシキギ科 絶滅危惧ⅠB類(変更なし)

        【判定理由】4調査区で確認され、採集地数は6か所であるため、判定基準からは、絶滅危惧II類と判定されるが、調査区数が63.6%減少したため、絶滅危惧IB類と判定した。

        【現状】丹沢主稜線や箱根外輪山の産地は健在であるが、山麓や低地の産地は大部分が失われた。(232ページ)

  • 「七湯の枝折」の「馬酔木」と「遅さくら」
    • アセビ:
      • 神RDB2006:掲載なし
      • 神RDB2022:掲載なし(変更なし)
    • アセビ群落:
      • 神RDB2006:(186ページ)
      • 神RDB2022:掲載なし
    • ヒメイワカガミ—アセビ群落:
      • 神RDB2006:(186ページ)
      • 神RDB2022:掲載なし

今後の記事で植物を取り上げる際には基本的に「神RDB2022」の方を参照することになりますが、こうした変遷も踏まえて適宜「神RDB2006」にも触れることになると思います。また、後日「動物編」のRDBが公開された際には、改めて今回の様な対照を試みる予定です。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

地誌のはざまに - にほんブログ村

記事タイトルとURLをコピーする
NEXT≫