スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

旧字体・難読漢字の検索

前回の記事の続きがまだ上手く書けていないところに、別のブログで漢字の表示が上手く出来ない、という話を見たので、今回はそれに因んだ記事を出して場つなぎします(汗)。

このブログ中で引用文を出す場合、旧字体などを用いているものはなるべくその字を使う様にしています。現状Unicode上で定義されていない文字は諦めて別の字に置き換えるなどの対応をせざるを得ませんが、それによって表現が変わってしまうのは可能な限り抑えたいと思っていますので、出来る限りその漢字を探して来て使う様にしています。

幸い、FC2ブログはエンコード(ここでは文字をインターネット上を通せる形式に符号化する方法の取り決めのこと)がUTF-8なので、Shift-JISやEUCの様な旧来のエンコードに比べると遥かに自由度が高いです。最近はWindowsもMacintoshも、あるいはiOSやAndroidもUnicodeの表示に関してはあまり制約がないので、かつてのパソコン通信時代の様には機種依存文字などの制約を気に掛けなくても済む様になってきました。

但し、それは飽くまでも表示の話で、入力するとなると意外に苦労することが多くなります。特に旧字体や難読漢字の場合は日本語入力で変換候補に出て来なかったり、そもそも音を入力出来ないケースも多く、そういう場合はなどのサイトに御厄介になることになります。

この最後の「グリフウィキ」は文字のイメージの辞書ですが、ここの「筆画による漢字検索」が、β版ながらなかなかユニークな検索機能が出来ます。まだ完全ではない様ですが、いくつかサンプルをリンクにして紹介してみます。
  • 基本は、字画を1つづつ上のボタンで打ち込んで検索します。
    例えば、「」という字は「直線 横」→「縦 接続 上」→「曲線 右」の順に書きますので、その順にボタンを押して「検索」ボタンを押すと、「下」の字の他に同様の字形のものが複数候補に出て来ます。
  • 字画が多いと、逐一ボタンを押して…ではなかなか大変ですが、漢字を部首に分解して入力すると、それらの字を字画に置き換えて検索してくれます。これが結構便利です。
    例えば、以前記事にした」の字は、木奈」と入力して検索すれば出て来ます
  • 部首への分解にはカタカナも使える様です。例えば「」はシ者」と入力して検索することが出来ます。
  • 他にも、「」は山上下」で出て来ます。ただ、あまり複雑な字に分解すると上手く行かないケースもある様です。

漢字がなかなか出て来なくて苦労する人は多いと思いますので、そういう時はこういうサイトも試してみては如何でしょうか、というご紹介でした。

追記(2016/02/17):グリフウィキの「筆画による漢字検索」機能は廃止された様ですので、該当機能へのリンクを全てコメントアウトしました。委細は本日の記事を参照下さい。




スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

- たっつん - 2013年01月22日 05:52:00

おはようございます。
特に旧字の表記をしようとすると大変なことが多かったので、教えていただいた方法を試してみたいと思います。
ご紹介いただきありがとうございました。

- kanageohis1964 - 2013年01月22日 08:05:00

おはようございます。コメントありがとうございます。

参考になれば幸いです。やはり漢字入力で時間を取られたりする人は多いだろうと思ったので、一度まとめておこうと思い立ったのでした。

- YUMI - 2013年01月22日 11:04:01

ありがとうございます。
私も参考にさせていただきます。
教師時代、まわりはワードを使っていましたが、私は一太郎でした。
ワードだととんでもない変換になるので…

- kanageohis1964 - 2013年01月22日 13:36:11

こんにちは。コメントありがとうございます。

まぁ、WindowsのMS-IMEにせよ、Macの「ことえり」以来の一連のIMEにせよ、OS付属の変換ソフトの辞書の質はお世辞にも良いとは言えませんでしたからねw。今は常にネットにパソコンが繋がっているので、駄目だと思ったらネットに探しに行く方が早く答えが出る時代になった、ということでしょうね。

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。