【武相国境】境川(その1)

武相国境のシリーズ、前回境川に達した所で止まってしまっていました。もう2ヶ月以上も間が空いてますね(汗)。今回は一気に境川を遡上して最上流、更に武相国境の終端まで向かいます。



…少々長くなってしまいましたが、説明の関係で途中で切り難いので一気に最後まで辿ってしまいました。武相国境の紹介と言うより、半分以上境川の紹介と言った方が合っている様な気もしますね(汗)。


上矢部付近の境川:常矢橋の上から
ストリートビュー
「境川」という名前の川は浦安付近にもありますし、相模川の支流にもあってこちらは甲相国境を通っていたり…等々、数え上げればキリがないほど至る所にあります(Wikipediaにもこれだけの境川がリストアップされています)。ここで取り上げる境川は、現在の神奈川県央地域を流れる川で、町田市西端の大地沢を水源地とし、江の島の対岸に流れ下ります。現在は河川改修工事が進んで流路が掘り下げられ、川幅が幾らか広がりましたが、それでも相模川などに比べれば遥かに流量の少ない河川です。

上のプレゼンでも触れた様に、特に上流域では合流する支流に目立った規模のものがなく、50kmを超える流路の長さの割に流域が狭いのが特徴です。また、古くは西遷前の相模川の流路であったと考えられている点も、上のプレゼンで紹介しましたが、勿論これは有史以前のことですから、武相国境が問題となる有史以後に関係するのは、飽くまでもその結果として出来上がった地形ということになるでしょう。少なくとも、境川の流量を大きく左右する様な地殻変動などの痕跡は見つかっていないので、律令時代から江戸時代にかけて、それほど極端な流量の変化を考えることは難しいと思います。

これまで東京湾と相模湾の分水界を進んで来た武相国境が、ここから一転して境川筋を進む様になったのは、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて行われた、いわゆる「太閤検地」によるものと、一般には説明されています。例えば、横浜市下水道局が編集したパンフレット「境川」(1995年)には、次の様に記載されています。

境川という名称は文禄三(一五九四)年この川を相摸国と武蔵国の境界とした為といわれています。それ以前は境界ではなく、村の中心を流れていたようです。それは現在でも川をはさんで例えば相原、小山、矢部、鶴間、俣野と同じ名称が並んでいることからもわかります。


この、境川の両岸に同じ地名が存在することと、武相国境が太閤検地に際して境川に定まったことがセットにして説明されるケースは割と良く目にします。この説明だけを読むと、それまで1つにまとまっていた村々を、あたかも太閤検地が分断してしまったかの様に受け取られかねないのですが、次回からこの点についてもう少し掘り下げてみようと思います。



追記(2013/12/08):レイアウトを見直しました。
(2016/01/08):ストリートビューを貼り直しました。

スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

- ニシメガネザル - 2013年01月19日 22:50:33

こんばんは。歴史は…ほんとうに苦手なのですが、この武相国境の話はおもしろかったです。自分が知っている場所だと、なんか入りやすいですね。

史実を資料で確認しつつ、現場での観察と推理という意味では、生きものへのアプローチと同じですね。

そういえば、丹沢に走る甲相国境尾根というルートを歩いたことを思い出しました。

- kanageohis1964 - 2013年01月19日 23:01:36

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 史実を資料で確認しつつ、現場での観察と推理という意味では、生きものへのアプローチと同じですね。

全くおっしゃる通りですね。で、推理した結果を踏まえて史料に戻ってみると、また整合性の合わない所を見つけたり…なんてことを繰り返してます。

> そういえば、丹沢に走る甲相国境尾根というルートを歩いたことを思い出しました。

私は平地が主なフィールドで山奥の縦走経験がないんですが、あの辺りは細尾根が多そうですし、結構長丁場になりますよね。

- 住兵衛 - 2013年01月21日 09:00:53

「地誌」って言葉は聞いたことがありましたが、なるほどこういうものかということを
今回初めて知りました。
結構奥深いもののようで関心も高まりましたので「地方・郷土史」バナーを
クリックさせてもらいました。
また立ち寄りをさせていただきます。

- kanageohis1964 - 2013年01月21日 09:35:34

こんにちは。コメントありがとうございます。

まぁ、実際は郷土の地誌などに書かれているものの向こうに見えそうなものを探ってみようという、ちょっと大それた思いもあって、こんなブログのタイトルにしているんですが、果たして何処まで意図したものになっているかどうか…またよろしくお願いします。

トラックバック

URL :