【旧東海道】その8補足 「新編相摸国風土記稿」と、地誌記述のスタンス

前回の記事はお陰様でかなりアクセスを戴きまして、ありがとうございます。そろそろ次の記事を…と思いつつ、まだ十分に取材し尽くせていない部分があって、もう少し時間が掛かりそうなので、今回は前回の記事を書きながら少し懸念している点について補足しておこうと思います。

懸念している点というのは、前回次の様に書いた箇所です。

この「古相模川」という呼称は一体どの様に解釈すべきなのでしょうか。「風土記稿」に複数箇所で記されているということは、恐らくこれらの村々で共通にこの名で呼ばれていた可能性が高く、従ってこの流路が古くは相模川の本流であったと地元の住民が理解していた(実際にそうであったかどうかは別として)ということになるのではないでしょうか。


「新編相模国風土記稿」はこのブログでも既に幾度も引用をしたりしていますが、幕末の天保12年(1841年)に成立した相摸国の地誌で、昌平坂学問所地理局が編纂したものです。その編集に当たっては相摸国内の各村々から村明細帳を提出させ、その記述内容を更に実検見聞して内容を精査し、古文書などとも照合して不整合のある箇所は取捨選択や追記を加えて精度を高めています。誤記に属すると思われる箇所がない訳ではありませんが、江戸時代末期時点の相摸国内の各村々について調べる上では第一に参照すべきと言っても良い史料です。

しかし、前回の引用で、特に今宿村や中島村の記述を良く見ると、

◯今宿村 …◯古相模川 一名筏川と云ふ、

◯中島村 …◯古相模川 東界にあり、則今宿村に云る筏川是なり、

何れも村では「筏川」と呼ばれていることがわかります。これをわざわざ別名「古相模川」とも呼んでいたと考えて良いか、ちょっと引っ掛かるものを感じます。

実のところ、可能性はもう1つあって、この箇所を記載した昌平坂学問所の編集者が、この現地を訪れて見聞した結果、この細い川を相模川の旧流と見立てた可能性もあり得るのではないか、という点が1つ懸念点です。そうすると、前回私が続けて書いた

これでは「相模川に傍たれば毎秋泛濫の患に堪」えないのは無理からぬことで、あるいはこの小さな流れを「古相模川」と呼ぶことで、それより西側は相模川の氾濫原にある以上、毎年の氾濫も止むを得ないことと納得していたのかも知れません。

は、必ずしも村々の人々の考えとは言えないことになります。

その様な懸念を抱くのには、以前別の地誌である「皇国地史残稿」で、ちょっと問題を感じた事例を目にしているからです。「皇国地史」とは、明治初期に明治政府が全国の地誌編纂を企図して途中まで編纂作業を行ったものですが、最終的な完成を見ることなく打ち切られ、東京帝国大学附属図書館に収められていた原稿も関東大震災の際の火災で燃えてしまいました。しかし、一部の原稿は別の場所で保管されていたため、これらを「残稿」と呼んでいる訳です。

その中で、かつての上飯田村(現在の横浜市泉区上飯田町)の記述の中に、こんな記載があります。

三ヶ所アリ一ハ和柳橋ト称ス保土ヶ谷往来ニ属ス本村西北西ノ方境川ノ上流ニ架ス長七間幅六尺橋下ノ水深サ五尺

一ハ飯和橋ト呼ブ村往来ニ属ス本村西ノ方同川ニ架ス長六間三尺幅五尺橋下水深サ六尺以上木製

一ハ高鎌橋ト呼ブ大山往還ニ属ス本村西南ノ方 同川下流ニ架ス長八間幅七尺橋下ノ水深サ六尺五寸土造修繕ハ三橋共ニ民費ニ課ス…

明治十二年二月編成

総閲   神奈川県令 野村 靖

編集主任 同 御用掛 中島 巌

(「神奈川県郷土資料集成 第12輯 神奈川県皇国地誌相模国鎌倉郡村誌」神奈川県図書館協会郷土資料編集委員会編 より引用、…は中略、太字はブログ主)


ここで出て来る、境川に架橋されたという3本の橋のうち、最初の2本「和柳橋」「飯和橋」は全く比定が出来ません。勿論、現在もこの様な名前の橋は存在しませんし、過去の記録からも同じ名前の橋を見つけることが出来ません。

これに対して高鎌橋(こうけんばし)は、県道22号線が境川を渡る場所に架けられている橋です。ところが、この橋が現在の位置で架橋されたのは大正3年(1914年)、上記の引用にある様にこの記述は明治12年(1879年)時点のものですから、日付の辻褄が合いません。一方、大山往還(柏尾通り大山道)が境川を渡る橋は「新編相模国風土記稿」の、対岸にあった「千束村」の項に「千束橋」として紹介されています。当時の「千束橋」は現在の「高鎌橋」より若干上流に架けられていたのですが、「大山往還ニ属ス」としている以上、本来この項目は「千束橋」と書かれなければ辻褄が合いません。それが何故かそれまで見たこともない「高鎌橋」という名前に変えられてしまっているのです。

つまり、これは「皇国地誌」の作成担当者が、独自の判断で名前を書き換えてしまっているのです。私の見立てでは、恐らく「千束橋」という一方の村の名前だけが橋の名前に反映されているのは、村境に架される橋の名前としては相応しくない、と判断したのでしょう。「高鎌橋」の名前は高座郡と鎌倉郡の間に架かっていることから来ていますが、大山道の様な主要道の橋であれば、橋の名前にも郡名から1字ずつ取るのが相応しい、と考えて新たな名前を考案して記載してしまったものと思います。勿論、残りの2つの橋の名前も「上飯田村」「下和田村」などの架橋地の村名を反映したものと考えられます(「柳」が何処から採られたかが不明ですが)。当時はあまりに多数に及ぶ全国の村々の合併が進められている頃で、その際に合併対象となる双方の村から1字ずつ取って新たな名前とすることが流行っていましたから、この橋の場合もそれが適用出来ると考えたのかも知れません。


現在の高鎌橋(ストリートビュー
橋の袂に大正3年の架橋について記したガイドが立っている
ところが、「皇国地誌残稿」は意外にも各村々が写しを保管して事ある毎に参照していた可能性があります。藤沢市の長後村で保管されていたものには、新たな道が出来たので、地誌を書き換えなければならない旨、赤字で余白に書き込みが成されており、この地誌を典拠に村の政策に活用していたことが窺えます。

上飯田村の場合も同様であれば、現在の「高鎌橋」の名称はこの「皇国地誌残稿」に従って命名された可能性が高くなります。結果として、記載に現実の方が影響される形で整合性が取れる、ということが起こった訳です。

高鎌橋の名称そのものの良し悪しはともかくとして、地誌の編纂事業として一連の顛末を考えた場合には、これはやはり問題があったと考えざるを得ないでしょう。少なくとも現代に地誌編纂事業を行う場合、「かくあるべし」という個人的な見解を織り込まず、まずは現状をそのまま記載することが求められるでしょう。明治時代初期の地誌編纂についての考え方や、「皇国地誌」編纂に当たっての編集方針などが不明なので、当時はそれで良かれと考えたかも知れないのですが、少なくとも実態を判断するに当たっては「皇国地誌残稿」に書かれている内容を他の資料と照合する必要はあると思います。

他方、最初に掲げた「新編相模国風土記稿」についても、こうした私的な判断がどの程度入ったのか、大抵の場合は「按ずるに」といった連語で始められているので区別が付くのですが、この「古相模川」のケースは果たしてどうなのか、他の史料に出典が求められれば裏が取れるのですが、今のところはその点で留保を付けておかないと不味いかな、とも思っています。



追記(2016/01/08):ストリートビューを貼り直しました。

スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :