スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

【脇往還】浦賀道:鎌倉から浦賀まで(その3:写真集…久野谷→富士見橋)

前回は名越切通を抜けるだけで終わってしまいました。今回はその先、小坪の新宿を抜けて田越川に到達します。今回のスタート地点はこちら。

浦賀道(鎌倉):久野谷・坂上より諏訪ケ谷を覗き込む
久野谷・坂上より諏訪ケ谷を覗き込む
名越切通の先は住宅地化によって当時の様子は失われてしまいましたが、下り坂の左手は住宅が建っていない区画があり、そこから下を見ることが出来ます。現在は横須賀線や県道が走っていく谷底との高低差がかなりあることがわかります。名越坂を登る前は右手を横須賀線が走っていましたから、切通の下で横須賀線と交差したことになりますね。

迅速測図昔の航空写真(昭和38年撮影)では、現在の住宅地の辺りには数本の尾根と谷戸があり、この坂はそれらの一番東寄りの尾根を伝っていたことがわかります。

浦賀道(鎌倉):久野谷・坂を下る-1
久野谷・坂を下る
浦賀道(鎌倉):久野谷・坂を下る-2
右側の敷地の裾で傾斜の程がわかる
ここからの下り坂はかなり急で、傍らの宅地の裾にその急傾斜振りが現れています。この辺も迅速測図上では当時は松や杉の林になっていた様です。

浦賀道(鎌倉):諏訪ケ谷の踏切跡
諏訪ケ谷の踏切跡
現在県道や横須賀線がトンネルを抜け出てくる谷は、「浦賀道見取絵図」上では「諏訪ケ(やつ)」と記されています。街道はこの諏訪ケ谷の口を横切って反対側の斜面の裾に向かっていたのですが、現在は横須賀線によって遮られています。かつてはここにも踏切があったのですが(先ほどの航空写真でもこの位置の踏切が見えています)、現在は踏切も廃止されてしまい、跡地には倉庫が設置されたため、行く先を見通すことが出来なくなっています。

浦賀道(鎌倉):久野谷の石碑群
久野谷の石碑群
一旦南側の踏切まで迂回して反対側を目指す途上、県道の傍らに石碑がまとめて設置されているのを見つけました。敢えて迂回して踏切を渡った甲斐があったとは思いますが、傍らに掲げられている説明は残念ながらすっかり色褪せて判読できなくなっていました。かつての久野谷(くのや)村(現在の久木(ひさぎ)地区の一部:明治初期の合併の際に名称が変わると同時に漢字の読みも変わった)の各所に設置されていたものをまとめたものでしょうか。「見取絵図」で久野谷村の高札が描かれているのはこの付近と思われるので、かつての集落の中心地に石碑をまとめたのかも知れません。

浦賀道(鎌倉):諏訪ケ谷・踏切跡の反対側
諏訪ケ谷・踏切跡の反対側
浦賀道(鎌倉):諏訪ケ谷・県道との合流地点
諏訪ケ谷・県道との合流地点
踏切の反対側に来ました。真新しい家の矢鱈と目立つ写真になってしまったので、地形の特徴を目立たせるべく絵画調に画像処理を施して意図的に細部をぼかしました。右手の家屋が道路面と同じ高さに建っているのに対し、左手の敷地が道路面より一段高い場所に建っており、その後背の斜面が尾根を切り開いた形状になっていることと併せて見ていただければ、ここがかつては街道筋まで尾根が迫っていたことが窺えると思います。先ほどの航空写真でも、この辺りは尾根の裾を進んでいることがわかります。

浦賀道(鎌倉):久野谷の水路跡
久野谷の水路跡
街道は一旦県道と合流した後、再び尾根に沿って左に逸れますが、そこからは右に折れて平地の中を進みます。これも絵画調に画像処理しましたが、道の中に色の違う場所があるのがわかります。水路が暗渠になって埋まっているために、そのコンクリートの天井が露出しているのですが、これは恐らく「見取絵図」中で久野谷村の高札より先に行った辺りで、複数の水路を渡っている辺りに相当すると思われます。

浦賀道(鎌倉):久野谷・新宿踏切
久野谷・新宿踏切
浦賀道(鎌倉):新宿踏切から行く末を見遣る
新宿踏切から行く末を見遣る
この先で街道は新宿踏切で横須賀線を渡ります。この先で道は左右に緩やかに蛇行しながら海岸方面へと降りていきます。「見取絵図」ではこの先は両側とも一面に田畑が広がっていましたので、恐らく当時はここから海まで見通すことが出来た筈と思います。

浦賀道(鎌倉):小坪・新宿の石碑群
小坪・新宿の石碑群
江戸時代後期には、この浦賀道で継立が行われていましたが、小坪村はその継立場を受け持っていました。「新宿」という地名は後にここに継立場が移ってきたことに由来すると思われますが、この経緯は浦賀道の道筋を考える上では見落とせない問題を孕んでいますので、回を改めて詳しく見ていきたいと思います。現在は継立場があったことを示すものは何もない様ですが、地蔵などの石碑がまとめられているのが唯一当時の名残でしょうか。

浦賀道(鎌倉):小坪・道端に溜まる砂
小坪・道端に溜まる砂
浦賀道(鎌倉):小坪・砂州の間を抜ける
小坪・砂州の間を抜ける
逗子開成学園を過ぎた辺りから、道沿いに砂が溜まっているのが見られる様になります。現在はマンションなどが建っていますので、海が近いことがあまりわからなくなっていますが、この辺りは海岸沿いの砂丘の上を進んでおり、特に田越川河口に近い辺りでは砂丘が特に発達しているために両側の敷地が街道よりも一段高くなっています。

因みに、引地川・境川・滑川などの相模湾東岸に注ぐ河川では、河口の砂州が何れも西から東へと伸びる傾向を持っていて、現在でも河口付近の蛇行に反映しています。この田越川も例外ではなく、北西から南東に伸びた砂州の上を街道が進むのですが、これは河口付近を流れる相模湾の海流の影響によるものです。

浦賀道(鎌倉):小坪・富士見橋を下流側より見る
小坪・富士見橋を下流側より見る
田越川に到着しました。現在はここを渡る橋は「富士見橋」と命名されていますが、江戸時代には「田越橋」と呼ばれていました。幕末に落橋してからしばらくの間は渡し舟で代用していましたが、その後上流の別の場所に「田越橋」が架かった(恐らくは葉山御用邸の建設に伴って整備された模様)ので、こちらの橋が再び架けられた時には別の名前を名乗ることになった様です。従って、街道探索の際にはこの橋の名称に惑わされない様にしなければいけません。因みに、「浦賀道見取絵図」の東京美術版の解説に掲載されている写真は、その明治時代に架けられた「田越橋」の現在の姿で、恐らく橋の名称が変わった経緯を編集者が気付かずに取材したのでしょうが、これは誤りです。

浦賀道(鎌倉):小坪・富士見橋より田越川上流を望む
小坪・富士見橋より田越川上流を望む
浦賀道(鎌倉):小坪・富士見橋より河口方向を望む
小坪・富士見橋より河口方向を望む
現在の「富士見橋」、かつての「田越橋」から上流と下流を見たところです。随分と広い川である様に見えますが、傍らのマリーナへのプレジャーボートの出入りに配慮して浚渫を行なっている影響もあると思います。実際の田越川は上流へ辿ると感潮域が終わる辺りから急速に流れが細くなりますので、富士見橋の辺りは入江と呼んだ方が実情に合うかも知れません。「見取絵図」も川幅が急に広がった箇所に橋が架けられている様に描いています。

この橋は江戸時代には両岸の村であった小坪村と桜山村が普請していましたが、海水に橋脚が浸かっているためか落橋が頻繁で、架け替えの費用の捻出には相当に悩まされていたことが、数々の史料から伝わってきます。安政年間に落橋後はとうとう渡しに切り替わってしまい、維新後に古材を使って再架橋されたものの再び落ちてしまった様で、当時付近に逗留していた徳冨蘆花がこの場所が再び渡し舟に戻っていたことを伝えています。

次回、おまけの写真を数点展示する予定です。



追記(2013/11/12):「歴史的農業環境閲覧システム」のリンク形式が変更されていたため、張り直しました。

(2013/11/15):レイアウトを見直しました。

(2014/03/07):「国土変遷アーカイブ」が「地図・空中写真閲覧サービス」に統合されてURLが変更されたため、そちらにURLを変更しました。


スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。