【旧東海道】戸塚・かまくら道道標が移設されていました【脇往還】

戸塚から鎌倉を経て浦賀へと至る「浦賀道(かまくら道)」を歩いてみようと思いたち、本日戸塚から歩き始めたのですが、スタート早々に以前とは様子が異なる箇所に気づきました。

江戸時代、戸塚宿からかまくら道へと逸れる辻には道標が立っていました。その道標自体は現在まで保存されていたものの、何故か妙なところに移設されていました。

かまくら道道標:2010年1月のストリートビュー
移設前のかまくら道道標
(2010年のストリートビューのスクリーンキャプチャ)
かまくら道道標:2015年5月のストリートビュー
同じ位置の2015年のストリートビューの
スクリーンキャプチャ

本来は八坂神社前の辻に立っていたものが、「戸塚区役所入口」交差点の前に、あまりそれとは気付かれにくい状態で立っており、正直なところ「何故こんな所に?」と感じていました。これを書いた時点ではまだストリートビューでその状態を見ることが出来ています。

後日記(2014/07/08):Googleストリートビューが更新され、かまくら道道標移設後の状態に変わったため、移設前の状態を見ることは出来なくなりました。これによってキャプションが合わなくなりましたが、以前はこの付近にあったという記録として残しておきます。

(2015/07/01):その後、最新のストリートビューの完全版ではこの位置の履歴が参照できることがわかったため、2010年と2014年の2種類のストリートビューを表示させる形に変更しました。横断歩道の信号機や奥の社屋と照合して戴ければ位置関係がわかりやすいと思います。

(2016/07/21):残念ながら再びストリートビューが意図した通りに表示できなくなったので、ストリートビューを埋め込むのを断念し、スクリーンキャプチャに切り替えました。該当箇所のストリートビューについては、こちらをクリックして別画面でストリートビューを表示させた上で、左上の「ストリートビュー-xxxx年x月」と表示されているプルダウンメニューから日付を切り替え、マウスで表示させる方向を移動して探してみてください。


戸塚・鎌倉道道標の以前の設置場所現況 (2012/11/10)
戸塚・鎌倉道道標の以前の設置場所現況 (2012/11/10)
ところが、今日八坂神社前に来てみたところ、このかまくら道の拡幅工事が本格化しており、道標のあった辺りの日立製作所の敷地が一部更地になっていました。


移設後の道標の位置
以前あった道標はそれでは何処に?と周囲を見回してみると、その八坂神社前の交差点付近に再び移設されていました。

戸塚・鎌倉道道標-1 (2012/11/10)
移設後のかまくら道道標(正面)
戸塚・鎌倉道道標-2 (2012/11/10)
かまくら道道標(右側面より)
戸塚・鎌倉道道標-3 (2012/11/10)
かまくら道道標(左側面より)
勿論道標はかまくら道の側に立っていないと用を為しませんから、これでもまだ本来立っていた位置とは反対側に来たことになるのですが、それでも以前よりは気付かれやすい場所に戻ってきたことになります。旧東海道を歩く方々にも、これで多少目に止まりやすい場所に来たと言えるでしょう。

もっとも、今のところ石碑についての解説は何も示されておらず(それは移設前も同様だったのですが)、事情を知らない人にはやはり分かり難い存在ではあります。私も写真を撮っていて通り掛かりの人に「何ですかこれ?」と尋ねられてしまい、即席でガイドする破目になりました。戸塚区では旧東海道の道筋にかなり詳しい案内を設置していますから、こちらの道標についても同様の案内を添えて欲しいところです。まだ移動したばかりの様なので、恐らくこれから予算申請して来年度辺りに案内設置では…と期待はしているのですが。



おまけ:
戸塚・アキアカネ
柵の上のアキアカネ
更地になった旧日立製作所の敷地の柵に止まっていた、アキアカネ。

彼らにとってもそろそろ暖の欲しい季節になった様です。

本日歩いた区間の他の写真については後日別途アップします。



追記(2013/11/28):レイアウトを見直しました。
スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :