【史料集】補足:足柄上郡の各街道のストリートビュー集(その2)

前回に引き続き、足柄上郡の各街道から1箇所ずつポイントを見繕ってストリートビューを掲げてみようと思います。ブラウジング環境によってはストリートビューを幾つも埋め込むと動作が重くなるかと思いますので、今回も本文を追記に押し込んであります。



前回は遠方からの通行者の多い街道に設けられた道標や、途上に設けられた関所の様に、かつての街道の存在を具体的に示してくれる史蹟を含んだストリートビューを選びました。しかし、今回取り上げる3本の街道では全般にその様な史蹟が乏しい上に、足柄上郡中を通る区間が短いため、選定に悩んだのが正直なところです。そこで今回は、迅速測図などを一緒に掲げて位置関係を示しながら、比較的昔ながらの雰囲気が残っていると思われる道筋を選ぶことにしました。



曾我大澤付近の梅園沿いの曾我道(ストリートビュー
曾我道からは、かつての足柄上郡曾我大澤村(現・小田原市曽我大沢)付近で、梅園の脇を進む箇所を選びました。この辺りでは道幅が狭く、「風土記稿」の同村の記述では2間(約3.6m)と記されているものの、傍らの軽トラックの幅(1.5m弱)と比較しても、果たしてこの辺りではその幅があったかどうかとさえ思えます。勿論、この幅も明治時代以降の変遷の可能性もありますので、当時はもう少し幅があったのかも知れません。

以下の「今昔マップ on the web」では、「地図」の透明度を100%に切り替えると現在の「地理院地図」が表示される様に設定してあります。かつての曾我道は山裾に添って曲折の多い道筋であった様ですが、現在はJR御殿場線に並行する県道が直線的にこの区間を横断しますので、この細道が取り残された形になっています。





小田原市下大井バス停付近(ストリートビュー
酒匂道については足柄上郡内には下大井村(現・小田原市下大井)のみが対象ですが、道筋については前回の検討では明確になりませんでした。ただ、現在の下大井バス停付近の道筋を見ると、鍵型に折れ曲がっていた道筋を車の通行に合わせて曲線化した分、かつての道取りが取り残されているのが確認出来ます。迅速測図の観察ではこの付近を通っていると見られるため、今回はこの場所のストリートビューを掲げることにしました。「下大井」というバス停の名称からも、この付近がかつての中心村落であったことが窺い知れます。


下大井村付近の酒匂道と思われる道筋(今昔マップ on the web



狩川に架かる岩原橋から箱根・富士方面を望む
ストリートビュー
富士道についても足柄上郡内に属するのは岩原村(現:南足柄市岩原)のみですが、具体的な道筋については村の北端辺りで甲州道と合流するという記述から推定するに留まっていました。今回はこの推定に基づいて、狩川を渡る岩原橋の上から箱根や富士方面を眺めた図を選定しました。少なくともこの街道が甲州道へと合流する途上で狩川を渡る必要があったことは間違いのないところですので、渡河地点のズレは多少あると思われますが、遠方の景観という点ではそれほど大きなズレはないものと思います。

やはり箱根山が近いので富士山は頂上付近が少々見えているだけですが、それでも僅かながらその姿を確認することは出来ています。当時も箱根山の向こうに見え隠れする富士山を確認しながらの富士登山への往来であったのでしょうか。

この辺りは迅速測図の範囲外にあり、明治29年の地形図ではこの橋を経由する道筋は全く描かれていないことが、道筋の推定を困難にしている理由の1つですが、以下では敢えてその明治29年の地形図を掲げています。この地図は1/50000と小縮尺であることから、主要道ではない道を省略していると考えられ、その点で富士道は明治29年にはあまり使われなくなっていたということなのかも知れません。この頃には既に国府津から小田原まで馬車鉄道が開業していた訳ですから、それに伴って人の動きが大きく変わってしまった可能性は充分考えられます。


岩原橋付近の明治29年地形図にはこの道が記入されていない(今昔マップ on the web




スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

- はしかわ - 2016年06月20日 21:33:05

kanageohis1964さん、ありがとうございました。
もう間もなく復活します。アップアップしながらも元気です。

トラックバック

URL :