スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

【旧東海道】その5 保土ヶ谷宿と今井川(その4補足)

今井橋下のゴイサギ幼鳥
今井橋下のゴイサギ幼鳥(再掲)
前々回、ゴイサギの幼鳥のこの写真を説明する際、

今井川の普段の水量がそれほど多くないことがわかりますが、これも次回に関係してきます。

なんて書いておきながら、前回結局何も触れずに終わってますね(汗)。大変失礼しました。

幕末の今井川改修工事に際して、河道を従前よりもかなり深く掘り下げたことの説明の補足として、江戸時代初期の改修では当初の自然の河道が下流に残されたため、その深さに合わせて浅めになったことを解説しようと考えたのですが、今井川の平水量が小さいことを今井川が当初それほど深くなかったことの根拠にしようと考えたのでした。

ただ、河川の地形を水量などで説明しようとするのは意外に厄介で、実際に執筆していて下手な推測が混ざりそうな展開になったので、結局その部分をカットしたために前後が繋がらなくなったのでした…。



スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

「祖先からの伝言」 - 史実探偵: 平 素人 - 2012年10月24日 04:12:52

はじめまして、ご訪問へのお礼が遅くなりました。
ご記事の「歴史と今」を結びつける御高明な手法に感動と共感をおぼえます。
歴史、全くの素人では御座いますが、卑弥呼以前の人心のあり様に興味を持っております。『四千年前の東北地方に巨大隕石が分散衝突し、その時の大津波をご先祖は、“津の地名” をもって記録・伝言している』 との推論を掲げて広報をしております。
ご当地の何故<横浜>なのか、何故<神奈川>なのかに興味はありましたが推論の空白地帯でありました。その時の巨大津波は横浜湾をV字湾奥にして<保土谷>に海底土を打ち上げた! との伝言を受けました。その他<神戸、天王、戸塚、浜松、等々>多くの特有地名があることを知りました。特に<岩間>は岩に通じる地名で銅鐸銅剣の“埋封”に関係あるかも知れません^^?。今後ともご教示のほどよろしくお願いいたします。(深礼)

- kanageohis1964 - 2012年10月24日 08:13:03

コメントありがとうございました。今回は話の流れの中で榛谷御厨や熊野神社との関連の指摘される師岡保についてあまり触れられなかったのですが、特に前者は帷子川との繋がりの強い由緒を持っていますので、流域との繋がりで捉え返してみるのも面白いかも知れないと思います。

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。