スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

【旧東海道】その5 保土ヶ谷宿と今井川(その3)

前回まで、保土ヶ谷が神奈川と近接しているにも拘わらず、宿場に選定された背景について色々と考えてみました。ともあれ、江戸幕府から東海道の宿場として指名された保土ヶ谷宿。東海道がこの地を通る鎌倉街道とは異なる道筋になったのがいつ頃なのかについては諸説ありますが、これについては戸塚付近の検討をする際に改めて取り上げる予定にしています。

旧古町橋跡
旧古町橋跡ガイド
保土ヶ谷が宿場になった当初、帷子の町と保土ヶ谷の町の間は繋がっていなかった様で、その当時に描かれた「東海道絵巻物」ではその間が半里ほど、つまり2kmほど隔たっていたと記されています。その後、慶安元年(1648年)から万治3年(1660年)にかけての幾度かの普請で、神戸町・岩間町と共に保土ヶ谷・帷子の町を移転させて、現在も残る直線化された町並みへと変更されたのでした。「東海道分間絵図」には既に変更後の街並みが記されており、そこには「新町」と記されています(「国立国会図書館デジタル化資料」の該当ページにリンクします。)。移動前の東海道の道筋は、一部「古町」として名残があるものの、神明社のある辺りから京都側の道筋はわからなくなっており、これについては諸説があります。

左の写真はその古町橋跡に立っている案内ですが、その位置はこちら。


古町橋跡ガイドの位置(ストリートビュー

しかし何れにせよ、これによって宿場が今井川と交錯しながら街道沿いに伸びる形状になりました。現在の今井川はその後の度重なる河川改修で河道が移動させられましたので、現在見られる筋とは若干異なります。「東海道分間延絵図」で確認できるところでは、今井川は幾つかの支流が宿内で土橋の下を抜けており、宿の南側でそれぞれ合わさって本陣の外側で北東へと向きを変えます。ここでは前回も紹介した保土ヶ谷神戸町の神明社の郷土史のページに掲載された該当箇所の絵図をリンクしておきます。現在の地図との比較が出来る様に編集されているので、そちらと併せて御覧になると良いでしょう。

樹源寺〜元町本陣〜茶屋町橋


旧中橋跡
旧中橋跡ガイド
そして、街道の東側を流れていた今井川は、途中の「中橋」付近でS字状に曲がって街道の西側へと抜け、山際を迂回して帷子橋の上流で帷子川と合流していました。

帷子橋~中之橋



中橋跡にも案内が立っていますが、こちらも改めて位置を示しておきましょう。


中橋跡ガイドの位置(ストリートビュー

因みに今井川について、「新編武蔵風土記稿」では

川幅或は三間或は五間に及べり(卷之六十九橘樹郡之十二 保土谷町)

と記し、そこに掛かる橋も

長六間幅三間(元町にあった土橋)

長五間九尺(上神戸町の金沢橋)

としていることから、江戸時代後期の川幅は概ね10m程度であったと考えて良いでしょう。但し、これらの記述だけでは水深の方は不明です。

東海道は基本的に海沿いに近い場所を進む関係で、必然的に海に流れ込む川を渡る箇所が増え、流れに沿って進む箇所は少なくなります。しかし、隣の流域に移る際には分水嶺を越えて行かざるを得ません。分水嶺が低い箇所では普通に坂道を付けるだけで済みますが、比較的高い分水嶺を越える箇所では、尾根への登り口に至るまで谷戸の中を流れる沢と並行して進む道筋が現れます。ここもその1つであるわけですが、他には例えば丸子〜岡部、金谷〜掛川等が挙げられます。

が、谷戸底というのは得てして腐葉土などが蓄積しやすいので足元が軟弱になりやすく、そういう所では並行する河川に対して街道に十分な高さを確保するのが基本です。特に宿場を形成する場合には地盤のしっかりした土地を選ぶ必要があり、そのために宿場が山の端に展開するケースが多くなります。当初の保土ヶ谷宿もその様な配置であった可能性が高いのですが、その後の直道化で道筋が山裾を離れてしまい、今井川の谷戸の中央に東海道が寄ってしまう格好になりました。宿場の人口が急速に増えて手狭になったために、従来型のセオリーに寄らずに街場のためのスペースを確保する方を優先したのかも知れませんが、その際に今井川の流路に多少手を入れてしまったことが後に仇となります。

今井川の流路のどの辺に手を入れたのか、詳細なことは記録が見つかっていませんが、上記の「中橋」付近のS字の部分が隘路となってしまい、しばしば溢水する様になってしまったのです。これは永年改善されず、幕末になって幕府からの補助を取り付けて現在の形に近い直流化が行われて中橋が廃止されました。

これには様々な疑問が浮かんできます。そもそも何故最初から直流化しなかったのか。あるいは、そこまで街道の直道化に拘っていなければ、もっと水に浸かりにくい道筋に出来たのではないか。また、宿場が水に浸かる頻度が高ければ、その時点で再度改修を考えても良かった筈だが、永年着手されなかったのは何故か。因みに「保土ヶ谷区史」は再改修の出願を長年行わなかった理由を「今井川の改修願いは結果的には宿場建設の失敗を認めることになるため」としているが、果たして本当にそうでしょうか。

もっとも、こうした疑問は得てして現代を知っている我々だからこそ感じてしまう性質のものであることは念頭に置くべきでしょう。我々は今既にこうして直流化された今井川の姿を目の前にしているので、つい「最初から…」と言ってしまうのですが、その際にここに至るまでの経緯をつい見落としてしまいがちです。帷子川とその支流である今井川の当初の姿を念頭に置きながら、その間に起きたことを私なりに考えてみたいと思います。



続きは次回に送るとして、差し当たり今の今井川の写真を。
今井橋より上流を望む
今井橋より上流を望む
今井橋より下流を望む
今井橋より下流を望む
この2枚は今井橋から上流と下流を眺めたものですが、見事なほどに真っ直ぐです。こういう川筋は得てして高度成長期のものと思い勝ちですが、ここに関しては幕末の施工によるものです。今井橋の位置はこの辺り。

今井橋の位置(ストリートビュー

今井橋下のゴイサギ幼鳥
今井橋下のゴイサギ幼鳥
この下流側の写真に、川の中にいる鳥が写っていますが、そこにズームしたものがこちら。
ゴイサギの幼鳥ですね。コサギに比べると見掛けることが少ないだけに、ちょっと意外性を感じてしまうのですが、気を付けていると存外こういうコンクリートで囲まれた環境も意に掛けずに獲物を探しに来ている様です。

サギの中では足の短い(失礼)ゴイサギですが、それでも足の半分までしか水に浸かっていません。今井川の普段の水量がそれほど多くないことがわかりますが、これも次回に関係してきます。




追記(2013/11/26):レイアウトを見直しました。
(2016/01/26):ストリートビューを貼り直しました。

スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。