スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

【武相国境】境木→阿久和

武相国境のシリーズ、前回に引き続き、今回は少し先を急ぎ、阿久和川の源流地が見える辺りまでを辿ります。



阿久和川の西隣を流れているのは和泉川で、ここまで来てようやく柏尾川の支流の分水嶺を辿り切ることになります。和泉川も柏尾川も等しく境川水系に含まれているのですが、柏尾川は縄文海進の頃は藤沢から大船付近まで入江になっていたと言われており、別の流域と考えても良いくらいに流域の特徴が異なっています。柏尾川の方は多摩丘陵南部に広い流域を持っており、しかもその支流が極めて近い位置で合流するのが大きな特徴になっています。

柏尾川vs.旧東海道概念図
柏尾川vs.旧東海道概念図
地図上だけではなかなか分かり難いので、図式化してみることにしました。

この図では武相国境を境木付近の一角しか描いていませんが、実際は柏尾川の流域界を東から北にかけてなぞっています。柏尾川の支流は、かつての戸塚宿の吉田大橋の上流で大半が合流しており、残りは㹨川と鎌倉市北部から流れ出す小河川群のみです。因みに、煩雑になるので省略しましたが、名瀬川や阿久和川には更に細かい支流が幾筋も合流しています。

差し当たってこの様な地形が出来た理由についてですが、図に描き込んだ辺りに「秦野―横浜構造線」と呼ばれる沈降帯があり、ここを境にして南側と北側が相対的に隆起しているのだそうです。
 相模堆積盆地 岡 重文(PDF)
こちらのPDFでは「秦野―横浜沈降帯」という名前で呼ばれていますが、意味する所は一緒です。専門用語が多いですが、ひとまず該当する箇所を引用します。

この沈降帯は,相模川の西方にある秦野盆地から,東方の横浜市戸塚区まで東西にのびている.秦野盆地と大磯丘陵を境にする渋沢断層から,大磯丘陵の北側を流れる金目川に沿って東にのび,相模川を新幹線の南側で横切り,戸塚駅の東方までつづいている.最近の調査によると,沈降帯は,秦野盆地から横浜まで連続的には続かずに,相模川で南と北に約5km位ずれているようである.また,沈降運動は,造盆地運動の始め頃から現在まで続き,沈降量は相模川の河床付近で最も多く,東の方ではすくなくなる.沈降帯を挾んで,南と北とでは地殻変動の様子がことなっている.約13万年前位までは全体的に沈降地域であったが,約13万年前から約6万年前にかけては運動形態に変化がみられ,沈降帯の北側では,沈降地域から安定地域にかわり,南側では沈降地域―安定地域―隆起地域にかわっている.このように沈降帯は,造盆地運動に対して重要な位置を占めている


こうした地殻変動が柏尾川の流域を洪水の起きやすい姿に変え、武相国境を際立たせたものにしたと言えそうですが、そういう中を江戸時代の東海道は通過していたことになります。何故この様な道筋が選ばれたのかについては、旧東海道の話がもう少し先に進んだ所で改めて取り上げたいと思います。

品濃の平野部
品濃の平野部
清水谷戸トンネル
清水谷戸トンネル
写真は武相国境を潜るJR東海道線の清水谷戸トンネルと、その周辺の現在の風景です(昨年2月撮影)。現在では東戸塚駅付近の開発が進み、マンション群が非常に多くなりましたが、この付近では開発される前の農地が広がっていた川上川周辺の風景が、僅かながら残っています。この日は清水谷戸トンネルの上を通る武相国境の道筋も歩いていますが、木々が邪魔をして線路を覗き込むことは出来ませんでした。



追記(2013/12/08):レイアウトを見直しました。
(2015/01/20):「相模堆積盆地」論文PDFのURLが替わっていたため、リンクを張り直しました。


スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。