スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

短信:リンク集に1件追加しました

リンク集の「参考資料」に「江戸時代紀行文集/奈良女子大学学術情報センター」を追加しました。

江戸時代の道中記・紀行文の翻刻は、一部の有名なもの以外はあまり多いとは言えず、地誌・郷土史の史料としては各市町史の資料編や「藤沢市史料集」の様な出版物に収められた抜粋の他は、「神奈川県郷土資料集成」に収められた紀行文集(第6・7集)の様な限られた出版物がある程度です。特に地誌の検討に使う場合は出来るだけ多くの点数の紀行文・道中記を確認したいところですが、現状ではあまりその様な出版物が見当たらないのが現状です。その点で、こうした紀行文集がまとめて公開されているサイトは貴重です。

今回見つけた「江戸時代紀行文集」には、現時点で24点の紀行文が収録されています。このうち相模国を通過する経路を経ているのは
  • 「杉田日記」(文化4年・1807年)
  • 「中空日記」(文政元年・1818年)
  • 「白雲日記」(慶応4/明治元年・1868年)
  • 「庚子道の記」(享保5年・1720年)
  • 「富士日記」(寛政二年・1790年)
  • 「ふじ日記」(天保十四年・1843年)
が該当します。掲載されているのは影印が基本ですが、一部は翻刻したテキストが添えられており、比較的容易に対照出来る様に工夫されています。

ちなみに、「白雲日記」は影印のみですが、「国立国会図書館デジタルコレクション」に翻刻本が公開されています。但し、この翻刻本には挿画が含まれていませんので、両者を対照しながら読むのが良いでしょう。また、「杉田日記」は上記の「神奈川県郷土資料集成」第6集にも採録されています。

機会があれば、これらの紀行文について本ブログでも取り上げてみたいと考えています。

P.S. 表からは見え難いところですが、ブログのテンプレートに一部手を入れました。



追記(2016/03/28):国立国会図書館からの「近代デジタルライブラリー」終了のアナウンスに従い、同サービスへのリンクを「デジタルコレクション」へのリンクに切り替えました。
スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。