スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

【史料集】「新編相模国風土記稿」足柄上郡各村の街道上の位置(その1)

先日に続いて、足柄上郡の各道の地図を少しずつ作っていきます。今回は、脇往還として挙げられている「甲州道」と「矢倉澤道」の地図です。

甲州道」については郡内の距離が長いので、地図を東西に分けました。もっとも、西側の区間は大半が矢倉澤村の域内に入りますので、双方の地図で被っていない区間はほぼ矢倉澤村の域内ということになります。なお、苅野岩村と苅野一式村は現在どちらも南足柄市苅野に入りますが、江戸時代の集落の位置を正確に特定出来なかったので、これらの村については仮の位置にマーカーを置いてあります。沼田村は飛地が甲州道の東側に掛かっており、向かいは岩原村の域内に当たるのですが、紛らわしいので沼田村の本体側にマーカーを置きました。

この区間では塚原村まで箱根外輪山の山裾を進みますが、駒形新宿に入るところで狩川を渡ると、そこから狩川の北側の段丘に上がり、矢倉澤まで一貫してこの段丘上を進みます。矢倉澤関を越えると尾根を1つ越えて内川の谷筋に入り、地蔵堂の辺りから北川の谷筋を経て足柄峠へと向かいます。

甲州道:足柄上郡中の各村の位置(東半分)
甲州道の各村の位置(東半分)(「地理院地図」上で作図したものをスクリーンキャプチャ)

甲州道:足柄上郡中の各村の位置(西半分)
甲州道の各村の位置(西半分)(「地理院地図」上で作図したものをスクリーンキャプチャ)


矢倉澤道」については、酒匂川の平野を横切る区間が長いことから、「数値地図25000(土地条件)」を薄く重ねました。出来れば「迅速測図」から作成された「明治期の低湿地」を重ねたかったのですが、「迅速測図」がこの地域の東半分までしかカバーしておらず、西側に重ならないので、旧河道の位置などが参考になればと考えて「土地条件図」を代わりに選択した次第です。

吉田島村から竹松村にかけては、酒匂川の旧河道が幾筋も並ぶ地域で、その間の微高地に出来た集落を辿って進んでいる様子が窺えます。その先で関本へと直進せずに和田河原村へと南下しているのは、関本村が乗る段丘面へより緩やかに登る道筋とするためでしょう。

「新編相模国風土記稿」より十文字渡眺望図
「新編相模国風土記稿」卷之十五
松田惣領の項より「十文字渡眺望図」
(「雄山閣版」より)
なお、「十文字渡」の位置ははっきり特定されていないため、この辺りの線は仮の位置に引いています。この特定のために「新編相模国風土記稿」の「十文字渡眺望図」が使えるかとも思ったのですが、十文字渡の向こうに吉田島村を望む、東から西を見ている構図になっている割には、川音川の向きや手前に描かれた人の向かう方角が妙で、果たしてこれをどの様に解釈すべきか少々考えあぐねています。今回の地図では松田惣領から酒匂川を渡る手前で川音川を渡っている可能性が高いのではないかと考え、この様な線引としました。なお、先日作成した各村の記述の一覧表にはこの渡し場についての記述を含めませんでしたが、後日追記する予定です。

先日この道筋の各村の記述をまとめた際には、篠窪村の記述をそのまま加えてしまったのですが、実際は篠窪村はこの道筋に掛かっていないことに気付きました。確かに篠窪村から神山村へ降りて矢倉澤道に合流する道筋が「迅速測図」でも見えていますので、恐らくはこれを「矢倉澤へ向かう道」の意で「矢倉澤道」と呼んだものと思われます。この点は後日一覧表を修正します。

矢倉澤道:足柄上郡中の各村の位置
矢倉澤道の各村の位置(「地理院地図」上で作図したものをスクリーンキャプチャ)



P.S.(2015/09/18):先日14日にこのブログが閲覧できない状態になっていた件ですが、FC2ブログ全般で発生していたDNS障害に因るものである旨今朝方報告がありました。

スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。