スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

相模国の山菜について:「新編相模国風土記稿」から(その1)

「新編相模国風土記稿」に掲載された産物のシリーズ、前回の「青芋」から少々時間が経ってしまいました。今回は「蕨」「独活」「狗背」といったいわゆる「山菜」をまとめて取り上げます。また、これらとは少々毛色が異なりますが「薯蕷」についても今回触れることにしました。

  • 山川編:(卷之三):

    ◯獨活足柄上郡宮城野村の產、

    ◯狗背足柄上郡仙石原村邊に多し、

    ◯薯蕷足柄上郡宮城野村に產す、

    ◯蕨足柄上郡宮城野・三竹山兩村の邊より同下郡久野村、津久井縣内所々の山に多く產す、

  • 足柄上郡図説(卷之十二 足柄上郡卷之一):

    ◯薇蕨宮城野・三竹山兩村の產、

    ◯獨活宮城野村の產、

  • 足柄下郡図説(卷之二十二 足柄下郡卷之一):

    ◯蕨久野村邊に產す、

  • 津久井県図説(卷之百十六 津久井縣卷之一):

    ◯蕨ところどころの山より多く産す

(以下「風土記稿」からの引用は何れも雄山閣版より、…は中略)


(わらび)」と「独活(うど)」については山川編足柄上郡図説の間で記述の整合性があります。これに対して、足柄上郡図説で「薇」と記されているものは「ゼンマイ」と思われますが、山川編の「狗背」も「ゼンマイ」を意味することがあり、そうであれば産出する村の記述も合いません。また、「薯蕷」については足柄上郡の図説に記述がなく、やはり整合性が確保出来ていません。

「風土記稿」のそれぞれの村の記述を確認すると、
  • 宮城野村(卷之二十一 足柄上郡卷之十):

    村内狗脊・蕨・薯蕷・獨活・蕎麥の類を產す、就中狗脊は多く產して、其味他に優ると云、

  • 久野村(卷之三十四 足柄下郡卷之十三):

    產物には柿實・梨子・柴胡・蕨の類多し、

と、蕨や独活については記述がありますが、三竹山村(卷之十八 足柄上郡卷之七)や仙石原村(卷之二十一 足柄上郡卷之十)の項にはこれらの産物に関する記述はなく、「狗脊」は仙石原村ではなく隣の宮城野村の産とされています。また、津久井県の各村の記述にも該当するものは見当たりません。これらの産物については「風土記稿」の記述の整合性が比較的低いということになりそうです。

因みに、「雄山閣版」の「山川編」では「狗背」と「背」の字が使われているのに対し、宮城野村の項では「狗脊」と「脊」の字が用いられています。これに対し、「国立国会図書館デジタルコレクション」上の「鳥跡蟹行社版」の「新編相模国風土記稿」では「山川編」でも「脊」の字が用いられ、「宮城野村」の項と表記が揃えられています。この違いが拠り所にした原本の違いによるものなのか、それとも雄山閣と鳥跡蟹行社それぞれの編集過程で生じたもののかは現時点では不明です。

「風土記稿」の産物一覧に掲げられた農産物類も残りが大分少なくなりましたが、調査が進み難いために後に置いておいたものばかりです。これら山菜の場合も地元の文書に記された例がなかなか見つからず、何処から切り口を付けるかかなり悩みました。

今回は差し当たって、これら山菜類の「風土記稿」上の表記についての問題を見ていきます。まず、「風土記稿」の表記と比較をする意味で、江戸時代の代表的な農書の1つである「農業全書」の記述を紹介します。

  • 蕨(巻五第十三、356〜357ページ):

    (わらび)紫蕨(ぜんまい)(いのて)、是皆山中に生じ、田圃(たはた)に作る物にあらず。此ゆへに委しく記さず。蕨ハ生にてハ性あしく味もよからず。塩づけよし。ほしたるハ、出羽の秋田より出る物、柔にして味よし。ぜんまいも、食様ハ右に同じ。加賀より出る味尤よし。倭俗に今狗脊(くせき)と書ハ非なり。狗脊ハ唐より来る薬なり。紫蕨(ぜんまい)本草蕨の集解に出たり。(ゆび)き干して種々料理によし。(いのて)ハ深山幽谷に生ず。味甚にがく蕨より大なり。朱子詩伝又莊子にも出たり。本草綱目に記せる薇ハ是にあらず

  • 独活(巻四第二十一、327〜328ページ):

    三四月芽苙(めたち)を生ず。貴踐あまねく賞味する物なり。里遠き山野に生ず。冬より土中なる芽を取て食品とす。されど時ならざるを食ふハよからぬ事にや。山野の空地多き所にてハ、地をひらきよくこなし。其根を取、わけて多くうゆべし。其地味よき所にてハ、甚早く栄へ殊に味よし。貴踐皆このミ用ゆるものなれば、都近き所又諸国の国都など、大邑〈人家多き所〉ある近方にて、山野の余地あらバ、多く作り立て市中に出すべし。

  • 薯蕷(巻五第十六、367〜ページ)

    山のいも、是根を食する物の中にて、取分上(ぼん)なり。

    ○うゆる法。細沙の地、山ごミ田舎にてハあずと云などいか様和らかにして、深く、牛芳など作りてよき地心、少つまり心の地に宜し。畠に長く溝を掘深さ広さ、各二尺ばかりにして、牛馬糞と土と合せ、溝の中に、半分過入、山のいもの肥たる長き皮の薄きをゑらび、三四寸に折、溝の中に五六寸間ををきて、横にねせ、其上より、又糞を土とかき合せ入る事、三四寸バかりおほひ置、旱せば水をそゝくべし。但甚だうるほひの過るハあしゝ。山薬(やまのいも)ハ人糞を用る事を嫌ふと云ならハせり。されども久しくよくかれたるを、わきよりかくるハよし。つるの出るを待て、竹や柴などを立て、是にまとハせ、或棚をかまへて、はひまとハせ、又多く作るにハ籬をゆひて、まとハするもよし。わきを削り草あらバ去べし。求めのなる所ならバ、油(ママ)、鰯などの糞を調へ置、側を少ほりくばめて、次第に多く入べし。糞し養ひによりて、過分に利潤ある物なり。霜ふりて掘取べし。麦をまかざる地ならバ、霜月の後までもをきて掘取べし 遅き程根よく入物なり。(以下略)

(「日本農書全集 第13巻」農山漁村文化協会より、ルビや〈〉内注は一部を除き省略)

農業全書巻5「蕨」
「農業全書」より「蕨」の項
右下の図中では、小さく伸びた芽が描かれている
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より)
農業全書巻4「独活」
同じく「独活」の項
右隣の図は「鶏頭花」
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より)
ここでは「蕨」の項目にいわゆる「わらび」や「ぜんまい」などが1つにまとめられています。「ぜんまい」については「紫蕨」の字が用いられ、「ぜんまい」に「狗脊」の字を充てるのは間違いであると説いています。何れも栽培はせず自生するものを穫ってくることから、農書としてはこれらについて多くを記さないとしています。それに対して「うど」の方は山野で自生するものの根を取って植え直して殖やす方法が示されています。また、「薯蕷」についても種芋をもとに栽培する方法が上記に引用した方法の他に数種類記述されており、既に栽培技法が確立されていたことがわかります。

これに対して、幕末の農書である「広益国産考」では、蕨について

蕨ハ何国(いずく)の山間草山に生ぜざる所なしといへども、山の肥瘠(ひせき)により肥たるありやせたるあり。予諸国遊歴の折から其国の人に尋ぬるに、是を掘て粉をとり其粕の筋を縄にする所すくなく、只春ごとに芽の出たるを女子児童(めこわらんべ)などつどい 採て灰汁にてゆでゝ食するのミと見ゆ。又所によりてハ山家(やまが)のもの冬春に掘て粉をとり、是を鬻ぎて其利を得ること一日に銭弐百文ヅヽの働き代となるよし也。又縄になひて売に是又積りてハ多分の銭を得るといへり。第一荒を救ふこと葛と同じく、その益大ひなり。よりて其掘かた製し様を左にしるして、荒年の助けとなる事を示すになん。

◯蕨ハ野山に生じ、その根紫草に似たり。春二三月に芽を生じはじめ、小児の拳のごとく長ずれバ則ち展ひらき鳳の尾のごとくして高さ弐三尺に至る。

○甘寒滑毒なけれども、是を久しく食すれバ、目くらミ鼻塞り髪落、又冷気の人多く銭すれバ腹はり、小児是を拡く食すれバ(すね)弱くなるといへり。

(「日本農書全集 第14巻」農山漁村文化協会 181〜182ページより、ルビは一部省略)


広益国産考巻4「蕨」より「蕨の写生」
「広益国産考」巻4「蕨」より「蕨の写生」
芽が左の状態の時の根がわらび粉を採るのに適しているとする
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より)
広益国産考巻4「蕨」より「蕨粉を製する図」
同じく「蕨粉を製する図」
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より)

と、芽を食すだけではなく根からいわゆる「わらび粉」を取り、残った繊維を使って縄をなう方法を紹介しています。この「わらび粉」から作る「わらび餅」は当時から既に各地で名物となっており、歌川広重「人物東海道」の「日阪」でも蕨餅を出す茶屋が浮世絵に描かれていました。「広益国産考」の著者である大蔵永常はそうした名産に目を止めて「蕨」の項を書いたのでしょうが、「農業全書」の方はそうした用法には全く触れておらず、その挿絵から見ても、また「ぜんまい」などと並べて取り上げている点から見ても、専らスプラウトとしての蕨にのみ注目していたものと考えられます。「広益国産考」は「ぜんまい」や「独活」「薯蕷」は取り上げておらず、更に巻1「国産となるべき品々の事」で蕨を葛と並べて取り上げていることから、スプラウトとしての蕨などは重視していなかった様です。

一方、当時の本草学でこれらの作物がどの様に記されているかを見てみましょう。「本草綱目啓蒙」ではそれぞれ次の様に記しています。
  • 蕨(卷之二十三):

    ヤマ子グサ古歌 ホドロ同上 ワラビ

    シドケ𡈽州 ヨメノサイ勢州

    〔一名〕…

    春宿根より葉を生す初は卷曲して拳の如しこれを サワラビと云ひカギワラビと云ふ採り煮て食用とす或は醃し或は乾す乾す者は奥州三越信濃東北 國の產を良とす形肥大にして柔軟なり葉長すれは莖の長さ三四尺老莖を用て箸とすとも一根數莖を生す冬に至て苗枯る山人根を掘り製して粉とすこれ蕨粉授時通考なり一名山粉温州府志烏稬通雅俗名ワラビノコ古歌ムラサキノチリと云一名カ子ノコ備前作州子ハナノコ羽州これを糕となし食ふワラビモチと云う南部にて子モチと云物理小識に謂ゆる黒腐なり已に粉を採りたる渣筋を乾して繩となすを ワラビナハと云色黒して能く水に耐ゆ

  • 薇(卷之二十三):

    ゼンマイ ゼンゴ上總

    〔一名〕紫萁蕨の條下 迷蕨 月爾 紫蕨共同上 …

    山足水旁に多く生す深山に生する者最大なり春嫰芽を採り乾菜とすこれを拳紫蕨朝鮮賦と云う奥州三越の者肥□にして上品とす形拳曲して綿ありてこれを包む開く時は紫藤(フヂ)葉の如にして厚く尖らず枝多し莖長さ三尺許數莖一根に叢る別に花穂を出す高さ葉と均し多く枝を分ち黃褐色の穂を布く長さ一寸許り秋後苗枯る根は則枯れす李時珍薇を以て野豌豆大巣菜と爲るは是ならす此二名は翹搖に移し入るべし

  • 狗脊(卷之八

    〔一名〕…

    和產詳ならず舶来金毛狗脊上品なり藥用に入るへし…

  • 獨活(卷之九

    シヽウド イヌウド ウマウド城州貴舩

    〔一名〕…

    山中に多生す大抵𡈽當歸に似り葉も亦相似て異あり食用に中らず…獨羗二活の説古來紛紛たり頌は二物一類とし機は本非二物と云時珍は一類二種とす士鐸も兩種とす今これに從ふ和名鈔に獨活をウドゝ訓ずその後正保年中よりウドの宿根を獨活とし或はウドの全根を獨活とす皆非なり…

  • 𡈽當歸(卷之九

    ウド シカ筑前 ドゼン薩州

    〔一名〕…

    此に其形狀を闕く獨活の集解に根の形狀を説き救荒本草に畧苗の形狀載するに據りて考れば ウドに充るを穏とすべし

(何れも「国立国会図書館デジタルコレクション」より、名称以外のカタカナをひらがなに置き換え、該当する字母を拾えなかった箇所は□で置き換え、後筆されたものは省略、…は中略)


本草綱目草稿冊2「狗脊」部分
「本草綱目草稿」の「狗脊」の部分
(「国立国会図書館デジタルコレクション」画像より
抜粋、傍線加筆)
引用が長くなってしまいましたが、「本草綱目啓蒙」では「ぜんまい」には「薇」の字を充て、更に「うど」については「土当帰」の字を充てて「独活」は「ししうど・いぬうど・うまうど」の訓を充てて区別しています。そして、「独活」と「羗活」の二種を巡って中国国内でも諸説あったこと、日本では「倭名類聚抄」の頃から「独活」に「うど」と訓が充てられて以来の経緯を記すものの、皆間違いであるとしています。因みに、「本草綱目啓蒙」では「狗脊」について日本国内で該当するものが不明であることを書いているのみですが、「本草綱目草稿」の対応する箇所を見ると、右の様に「ゼンマイと訓は非也」と記しており、やはり小野蘭山が「ぜんまい」とは違うものと判断していることがわかります。

また、「大和本草」では「」については「本草綱目啓蒙」と大筋で同等の記述が見られますが、「ぜんまい」については「紫萁」にその訓を充て、「國俗に狗脊をせんまいと訓すあやまれり狗脊は別物也夏より來る誠に(イヌ)の脊に似たり」と、こちらも「ぜんまい」を「狗脊」と書くことに疑問を呈しています。また、「ウド」に至ってはこれを「和品」に分類し、一般には「獨活」とされているものが実際は異なることを説いています。

江戸時代のこれらの作物の表記の事例を更に多数集めて傾向を探りたいところなのですが、 私の力量では 手に余る作業ですので、差し当たっては本草学では「ぜんまい」を「狗脊」と書いたり、「うど」を「独活」と書くことに対して疑問が呈され、「農業全書」でも基本的に同様の理解に立っていることを確認しておきたいと思います。また、こうした記述が複数箇所で現れることから、当時一般には「狗脊」「独活」の表記が少なからず流通していたということも言えそうです。

では、「風土記稿」が「獨活」「狗脊(背)」の表記を用いているのは何故でしょうか。今回は引用が膨れてしまいましたので、次回は相模国内のこれらの産物の記録を見ながら、「風土記稿」のこうした表記の問題を考えてみます。



追記(2015/07/18):当初カテゴリを「農産物」としていましたが、ここでは基本的に自生しているものを採集していることから、「植物」カテゴリへと移しました。但し、うどややまのいもは江戸時代から栽培も行われていたことは「農業全書」が指摘する通りです。

スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

- annie39 - 2015年07月17日 23:42:52

今晩は。
本当にそんな感じで幕府に案内され
浦賀に行ったようです。
コメントありがとうございました。

Re: annie39 さま - kanageohis1964 - 2015年07月18日 17:33:10

こんにちは。コメントありがとうございます。

久里浜の件ですね。あの近辺で吃水の深い湊と言ったら浦賀しかなかった時代ですし、奉行所などの施設が整っているのもあの湊しかありませんから、差し当たってはあそこに誘導するしかなかったでしょうね。

今後ともよろしくお願いします。

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。