スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

短信:「ルートラボ」の地図を「地理院地図」上で作図したものに貼り替えます

まだ史料収集が充分に進んでいないので、過去記事のメンテナンス作業を。

ここ数回の記事で「地理院地図」上の作図を色々と試してきて、ある程度の感触を掴みました。特に、「ルートラボ」上で作成したルートをKMLファイルで書き出すことで、「地理院地図」に取り込んで追加情報を書き足す方が、理解してもらいやすい図になるのではないかと思います。それで、過去の記事で使った「ルートラボ」の地図を、「地理院地図」で加工した地図に貼り替えることにしました。

これは一面では、未だに「ルートラボ」が「Silverlight」対策を進めていない様に見えることへの自衛策の一環でもあります。最悪でも各記事から地図が抜け落ちてしまう状態になるのだけは避けたいので、それであればブログ内に画像として図を保存しておきたいということです。


ルートラボ」の地図を画像として貼ったもの

自住軒一器子「鎌倉紀」の鎌倉内での足取り
上の地図を「地理院地図」に取り込んで加工したもの

今回は自住軒一器子の「鎌倉紀」の記事のうち、「(その2)」に使った3枚の「ルートラボ」の地図を置き換えました。特に1枚目の地図はルートが長くなったこともあってかなり酷く簡略化されてしまっていましたが、「地理院地図」上の図ではそれが解消でき、更に一器子一行の主だった訪問先を図にプロットしたことで、もう少し意図したものが伝わりやすくなったのではないかと思います。

石上の渡しから旧東海道・車田への抜け道
また、3枚めの地図では現在の境川の流路と江戸時代の流路の位置の違いがわかる様に、右の様に「明治期の低湿地」の地図を重ねました。こうした地図が活用できるのも「地理院地図」を利用する利点の1つです。

出来れば「地理院地図」上で作図した状態のものを直接共有できれば良いのですが、現状では作図したものをファイルとしてパソコン上に保存出来るに留まっていますので、当分はスクリーンキャプチャをお見せすることになると思います。作図した結果は「geoJson」というファイル形式で保存することが出来るので、将来に備えてこの形式で保存することにしました。

もっとも、マーカーとテキストを連携させて配置することが現状では出来ないので、ある特定の倍率で作図したものは拡大したり縮小したりするとテキストやマーカーが重なり合ったり離れ過ぎたりしてしまうのが難点です。また、「ルートラボ」から出力したKMLファイルには線の色や太さの情報を持っているものの、これを書き換えても「地理院地図」に取り込んだ時に反映することが出来ないという現象が出ており、複数のルートを1つの地図で色を変えて表示させることが今のところ出来ずにいます。これが「地理院地図」の仕様かどうかはわかりませんが、問題が解消出来る様であればそうした作図にも活用したいと思います。

作業量はそれほど大きくはないと思いますが、これまでかなりの箇所で「ルートラボ」を使ってきているため、全ての地図を貼り替えるのはかなり時間がかかりそうです。特にマーカーなどを書き加えた方が良さそうな地図から優先的に置き換えていこうと考えています。
スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。