柿について:「新編相模国風土記稿」から(その1)

「新編相模国風土記稿」に記された産物一覧から、今回から柿を取り上げます。

  • 山川編(卷之三):

    ◯柿足柄上郡中、金手・金子・松田惣領・町屋・神山・神繩・世附・八澤八村より出ず、中に就て金手村なるを金手丸と稱して殊に佳品なり、又同下郡久野村よりも產す、又干柿は足柄上郡皆瀨川・都夫良野二村にて製す、

  • 足柄上郡図説(卷之十二 足柄上郡卷之一):

    ◯柿金手・金子・松田惣領・神山・神繩・世附・八澤七村より出す、中に就て金手村なるをば、金手丸と稱して殊に佳品なり、

    ◯串柿皆瀨川・都夫良野兩村にて製す、

  • 足柄下郡図説(卷之二十二 足柄下郡卷之一):

    ◯柿、久野村の產、

(以下「風土記稿」からの引用は何れも雄山閣版より)


「風土記稿」上で柿の産地として名の挙がった村々
「風土記稿」で柿の産地として挙げられた村々
赤点は柿、青点は串柿(干柿)
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
足柄上郡図説では「七村」と記しているのに対して、山川編では「町屋村」を加えて「八村」と書いています。しかし、「風土記稿」中に記録された足柄上郡の村の中には「町屋村」は含まれていません。敢えて探せば松田惣領の項(卷之十五 足柄上郡卷之四)に「町屋」という小名があり、「元祿の國圖に、松田惣領の内町屋村と別載す、」と注記があることから、「山川編」ではこれを取り違えてダブルカウントしたと考えられるでしょう。従って、実質的に山川編両郡図説の記述相互には齟齬はないものと言えます。


他方、各村の記述では
  • 金手村(卷之十三 足柄上郡卷之二):

    當村柿實を產す 金手丸と唱へて佳品とす、

  • 八澤村(卷之十七 足柄上郡卷之六):

    烟草を作り、又柿樹土地に應ずるを以て多く植え、其實を鬻けり、

  • 久野村(卷之三十四 足柄下郡卷之十三):

    產物には柿實・梨子・柴胡・蕨の類多し、

以上の3村については柿について記述があるものの、これ以外の村々については記載がありません。

とは言え、「風土記稿」の以上の記述中には10ヶ村の名が挙がっており、これは「風土記稿」で取り上げられた産物のうち、果実類の中で最多です。そのことを裏打ちする様に、江戸時代の相模国の史料には、柿について記されたものが多数見つかります。今回はこれらを順次紹介することになりますが、その前にまず、本草学の書物に記された柿について見ておきます。

「本草綱目啓蒙」では、

カキ和名鈔

品類多し、和產二百餘種あり集解に載する所は少し蘇頌の説の紅柹はゴシヨガキ、一名コ()リガキ、大和ガキ、元來和州五所と云地より出る者名産なり故に五所ガキとも大和ガキとも云ふ今は地名を改て五瀬と云其柹形扁く大にして、四つに筋ありて四角に見ゆ、蒂も四角なり、故に一名方柹事物紺珠方蒂柹汝南圃史と云此柹核少し上品とす、

(「国立国会図書館デジタルコレクション」より、名称以外のカタカナはひらがなに置き換え、…は中略、ルビはブログ主)

と、品種の点数が極めて多いことを紹介し、上記引用で最上品として名の挙がった「御所柿又は木練柿・大和柿」に続いて各地の柿の品種を多数挙げて解説しています。「大和本草」でも

柿 其類尤多し其形方あり圓あり長あり(ひらき)あり大あり小あり本草所載諸品與本邦所在不同不可牽合本邦には木練あり木(サハシ)あり澁柿あり椑あり諸州に奇品多し京都の木練(コ子リ)を爲上品大和の御所の邑より多出つ故に御處柿と云是亦木練の佳品なり

(「国立国会図書館デジタルコレクション」より、扱いは上記に準ず、返り点類は省略、ルビは原文に従う)

と、やはり品種が極めて多いことを記しています。「(もっとも)」という字が用いられているのは、貝原益軒としては果実類の中では最も品種が多いと考えていたということでしょうか。

本草綱目草稿巻3pp56-57部分
「本草綱目草稿」より「柿」の項のページ
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より
一部を切り出し補注追加)
本草綱目草稿冊3p54-55間紙片
「本草綱目草稿」に挿入されている
柿の品種を書き並べた紙片
他にも柿に関する記述のある紙片が
数片挿入されている
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より)

以前紹介した「本草綱目草稿」の「柿」に対応する箇所を探してみました。この箇所も黒や赤でビッシリ書き込まれたメモが散乱しており、判読するのは極めて困難です。見開きの左端に「柿」の項があり、その手前に「林檎」の項があるのですが、良く見るとその「林檎」の項の更に右側にも「方柿水柿佛爪柿山紅柿」等々柿の品種を書き連ねたと思われる記述が見えています。更にこの箇所でも袋綴じを切り開いて裏面にも「方頂柹」などの書き込みが見えますし、この前後のページには柿の品種などを書き連ねた紙片が数枚挟み込まれています。このうち、上に掲げた紙片の筆跡は明らかに「草稿」本体の細かな書き込みのそれとは異なるもので、あるいは小野蘭山以外の人が書き出したものを、蘭山が受け取ってここに差し挟んだものかも知れません。何れにせよ、蘭山がこれらの品種を限られた紙面にあらん限りで記録し続けていたことが窺えます。因みに、「本草綱目啓蒙」でも「柿」の文量は「林檎」のそれと比較して遥かに増えていますし、更に「国立国会図書館デジタルコレクション」で公開されているものには手書きで柿の品種が数点追記されています。それだけ柿は豊富な品種が江戸時代に全国的に栽培されていたこと、また小野蘭山がその情報を少しでも収集しようとした経緯が「草稿」から窺えます。

なお、「本草綱目啓蒙」「大和本草」「本草綱目草稿」何れでも、柿の産地として挙げられた地名の中に「相州」ないし相模国内の地名を見出すことは出来ません。「草稿」は判読困難な部分も多いので、その中に相模国の地名が埋もれているかも知れませんが、私が読めた範囲では見つけることは出来ませんでした。また、「本朝食鑑」でも相模国の名はなく、甲駿より東の柿については味が良くないと評しています。

とは言え、柿は相模国でも比較的早期から栽培されていたと思われます。そのことを裏付けると考えられる史料の1つとして、先日紹介した天正19年(1591年)の足柄上郡柳川村の検地帳を改めて取り上げます。

柳川村は「風土記稿」で柿の産地の1つとして挙げられた八澤村の北東に位置していますが、天正19年の検地帳では全324筆中47筆に「柿」の表記がありました。柳川村の田畑の15%ほどが、畔に柿のある景観であったことになります。その全部を書き出すことは出来ないので、ここでは柿の記載のある畑のうちから最初の8例を書き出してみます。
同所
拾三間
拾壱間半
桑・漆三方有、柿木十五本有之、
壱反大九拾八歩
助十
拾弐間三尺
桑・漆三方有、柿十五本有、
壱反小四拾壱歩
せいふ峯
拾八間
拾壱間
桑二方有、柿三本有之、
弐反半四拾弐歩
寺領
宗円
かいと
拾壱間
八間半
栗・柿十五本有之、
壱反七拾四歩
同所
拾六間半
桑よこ一方有之、栗・柿十三本有之、
壱反七拾弐歩
同所
拾三間
八間半三尺
桑立一方有、栗・柿三本有之、
壱反半五歩
同所

七間三尺
桑よこ一方有、柿五本有之、
大九拾歩
同所
拾壱間半
柿木二本有之、
半三拾四歩

(「神奈川県史 資料編4 近世(1)」516、518ページより、強調はブログ主)


「天正19年足柄上郡柳川村検地帳」に含まれる柿の本数
1 本11 筆
2 本7 筆
3 本11 筆
4 本8 筆
5 本5 筆
6 本1 筆
13 本1 筆
15 本3 筆
合計47 筆
この検地帳では、桑や漆の場合は「方」という表現で田畑の縦横の辺のうち何本に植えられているか、という表現になっているのに対し、柿や栗の場合はその本数を記載する表記になっています。全47筆の柿の木の本数の分布は右の表の様になっており、一部の畑で13~15本と比較的多数の木が植えられている以外は1〜6本と比較的少数に留められています(「柿・栗」と併記されているものについては、内訳不明のため記載されている本数をそのままカウントしています)。13本以上の柿や栗が植えられている畑は何れも1反(約0.1ha)以上の比較的まとまった広さがあり、これだけの本数を畔に植えるためにはその分だけ畔にも余裕が必要だったことが窺えます。

これが何を意味するのかは、この検地帳自体が同時期の周辺地域のものにはない異例のものとなっているだけに、解釈が難しいところです。一つの可能性としては、比較的高木になりやすい柿や栗は田畑の日陰にならない様に四隅などに控えめに植える必要があったのに対し、特に桑の場合は枝を取る関係で樹高が比較的低くなるので、四辺を使って植えていた、というものです。しかし、漆はそれほど低木という訳でもない上に、戦国時代末期まで遡った時に桑の木が低くなるほど枝を取る栽培法であったかどうかによっては、この説明は多少苦しい面があると思います。

もう1つ考えられる説明としては、検地帳の記録であることからここに記された作物も貢税の対象となっており、その課税単位が桑・漆と柿・栗で異なっていた、という可能性です。特に桑の場合、

桑の木に課せられる税は、桑代といわれていた。寛喜三年(一二三一)四月の、幕府(執権泰時)の沙汰のなかでは、桑代の徴収について記されている。また『庭訓往来』「三月状往」のなかでも、畠の作物に課す税金について述べ、さらに桑代を課すべし、と記してある。『庭訓往来註』では、「桑ハ百姓畑山畠ノ畔ニ必ス桑ヲ(ウエ)ル、其代ヲモ取ラルベキナリ」と説明している。畑の畔に植えてある桑の木ごとに税をかけるとは、かなりこまかい徴税の仕組みであったと思われる。藩によっては、桑一本につき真綿一匁五分という現物納もあった(『近世農民生活史』児玉幸多)。

この、「畑山畠ノ畔ニ必ス桑ヲ種ル」であるが、桑を畑の全面に植えるということは、まだ一般的ではなかったように思われる。広い領有地ならいざ知らず、一般の農家では、桑を畑全面に植えるだけの余裕はなく、家の周囲や畔に桑を植えていたと思われる。後年の江戸期にも、桑は畑の畔に植えるように、と書いた農書がいくつもある。

(「ものと人間の文化史 68-Ⅰ・絹Ⅰ」伊藤智夫著 1992年 法政大学出版局 179~180ページより)

と、中世の比較的早い時期から桑への課税が検討され、またその桑は古くから畑の畔を利用して栽培されていたことから、徳川家康が関東に乗り込んできて最初に行ったこの検地帳にもそれまでの小田原北条氏の貢税の事情が反映した、という説明も出来そうに思えます。ただ、それであれば同じ時期の近隣の村々の検地帳に同様の記載がなされなかった点が不自然になってきます。

また、柳川村の検地帳だけがこれらの作物について記しているだけに、田畑の畔に桑・漆・柿・栗を植えるのが戦国時代末期の小田原北条氏領においてどの程度普遍的なものであったと言えるのかについても、この検地帳だけでは一概に言えないところです。可能であれば同時期の他の史料でこれらの作物の生産事情が裏付けられると良いのですが、私も今のところはそこまで掘り下げることが出来ていません。

しかし、田畑の周囲の畔を使って柿や桑などを生産する農業環境が、小田原北条氏の頃から多少なりとも相模国に既にあった可能性を、この検地帳は示唆していると言って良いでしょう。江戸時代の相模国の柿栽培もその点で、小田原北条氏の時代からの延長線上にあると言えるのかも知れません。

次回は江戸時代初期の柿の貢税について見る予定です。




スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

承認待ちコメント - - 2015年02月25日 19:12:42

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

URL :