短信

前回の記事のために「第1回内国勧業博覧会」に箱根地区から出品された品目を書き出すうちに、以前の「明治10年・第1回内国勧業博覧会に出品された神奈川県の産品から」に載せた出品一覧表に多々抜けがあることに気付きました。ちょっとチェックが甘かったですね…。

具体的には、以下の箇所に追加・修正を加えました。
  • 出品の抜け:根府川石、湯の花、砥石、柴胡の各項目に不足あり
  • 表彰の抜け:神代杉と箱根竹に追加
  • 正誤表の反映

このうち、神代杉と箱根竹の表彰については、その表彰理由に「採集出品ノ勞實ニ少カラス」とあることから、品目そのものよりも出品者に対して賞を授与したとも読めるので、一覧に加えるに当たって括弧付きとしました。

特に足柄下郡久野村の柴胡の出品が抜けていたのは不味かったですね。この地の秣場の柴胡が高座郡亀井野村ともども明治時代初期まで健在だったことになります。
スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

- troy - 2015年02月14日 08:13:57

おはようございます。
内国勧業博覧会というのは聞いたことがあると思い考えてみましたが、昨年読んだ笠間焼という本に笠間焼の源流の一つといわれる磯部陶苑さん(宍戸焼というらしい)、明治に別の家から受け継いだらしいのですが、その人が第5回内国勧業博覧会で2等銅賞を取っているんです。それだけですがとても記事に親しみを感じました。
私は歴史が好きですが難しいことはわかりません。貴ブログで少しでもいろんなことを知りたいと思います。これからもよろしくお願いします。

Re: troy さま - kanageohis1964 - 2015年02月14日 10:04:07

こんにちは。コメントありがとうございます。

内国勧業博覧会はその後第5回まで開催されたのですが、ある意味その後の美術展の前身になる側面もありますね。特に美術品をこういう形で等級を付けて表彰する場というのは当時かなり斬新だったと思いますし、近代の美術品の歴史を追う点でも参考になる点が多そうです。
ただ、今のところ出品目録や表彰品目をまとめた資料がデジタル化されて公開されているのは第1回だけの様です。第2回以降こうした目録が作成されたのかどうかもわかりませんが…。編集が相当に大変だったのは確かなので、あるいは多少方法を変えたのかも知れません。

トラックバック

URL :