スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

『津久井県の「漆」』補遺:「ホイ」って何?

今回は手短に、前回の補遺として関連する史料を1つ紹介します。幕末の安政6年(1859年)、足柄下郡府川村(現:小田原市府川)のある五人組から出された嘆願書の控えがあります。

以書付奉歎願御事

一私共組内百姓峯蔵儀、当五月字水ヶ久保と申所ニ而当時青物町熊沢屋清七殿持分之林内漆相仕立御座候処、右林ニ而峯蔵儀秣草苅取候節、右漆ホイ苅込申候儀、於国産方様被為遊聞召、右同人私共迄当六月右御手筋おいて御取調遊候処、全ク心得違ニ而草交り都合六抱程苅取申候趣申上候処、□之御差問御理解之上、全ク心得違仕一言之申訳無御座、私共迄恐入奉存、右峯蔵儀、先(非)後悔仕、此上御吟味御座候而ハ如何可仕哉と当惑仕相歎キ居り申候付、格別之御思召ヲ以御願下ヶ被成下置候様奉願上候、右奉願上候通御聞済被成下候上、右漆林之儀往〻盛木為仕候旨、右清七殿方へも相(掛)合熟談仕候処、相違無御座候間、何卒御慈悲之御沙汰(ママ)奉願上候、右奉願上候通御聞済被成下候ゝ、当人不及申上、私共迄難有仕合可奉存候、以上

安政六己未年九月

府川村

峯蔵五人組

治郎兵

政右衛

乙右衛門後家

御役人中様

(「神奈川県史 資料編5 近世(2)」768〜769ページより、変体仮名は適宜小字化、強調はブログ主)



小田原市府川(旧:府川村)の位置
以下同様の嘆願が続くので省略しました。村の「峯蔵」という者が青物町(小田原宿)の熊沢屋清七の所有する林に入って秣を刈っていたところ、「漆ホイ」を誤って刈り取ってしまったことへの詫び状です。上記は峯蔵の所属する五人組からまず村の役人一同に対しての部分ですが、この漆は小田原藩の国産方の関与するものであった様で、最終的にはその国産方役所にまで詫びを入れる事態となっています。この結果どの様な沙汰が国産方役所から当の峯蔵や五人組など関係者に対して下されたのかは不明ですが、少なくとも漆を植えて弁済することにはなったのでしょう。


Toxicodendron vernicifluum 01.jpg
ウルシノキの若葉
("Toxicodendron vernicifluum 01"
by Aomorikuma - Sony Cyber-shot DSC- P2.
Licensed under GFDL
via ウィキメディア・コモンズ.)
ところで、この「漆ホイ」とは何でしょうか。状況から判断すると、まだ樹液を取れる様になる前の漆の「若木」もしくは「苗木」であったと思えますが、「若木」または「苗木」を「ホイ」と称していた例は思い当たるものがありません。この嘆願書の控えでは小田原藩国産方へ提出された分にまで「漆ホイ」と書かれていますから、恐らくは役所側もそれで意味を汲むことが出来たものと思われ、相応に流通していた言葉であったとは思われます。もっとも、国産方はこうした物産に長けた人間が務めている関係で村方が使う独自の言い回しにも精通していた可能性があり、この嘆願書にもそれが表れた、と考えることも出来ます。同様の言い方がどの位の地域で通用するものだったのか、また今でも使われている言い方なのか、諸々気にかかる言葉ではあります。漆の苗の見分けがつかなかったということから考えると、峯蔵はまだ若くて木の見分けが利かなかったのでしょうか。

何より「ホイ」という掛け声の様な言葉が妙に頭に残ります。勿論この記事のタイトルもそこに引っ掛けて工夫してみました。これもまた機会があればもう少し委細を調べてみたいところです。




スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。