スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

明治10年・第1回内国勧業博覧会に出品された神奈川県の産品から

以前、砥石について取り上げた際と、柏皮について取り上げた際に、明治10年(1877年)に東京・上野公園で開催された「第1回内国勧業博覧会」について紹介しました。この時には都度引用した文献以外は参照できていなかったのですが、「国立国会図書館デジタルコレクション」に、この博覧会に出展された産品の一覧と、表彰されたものの一覧が掲載されているのに先日気づきました。


「明治十年 内国勧業博覧会」で検索すれば、他にもこの博覧会に関する資料が「デジタルコレクション」で閲覧できる状態になっていることを確認出来ます。残念ながら裏写りや汚れが酷いページが多い上に、モノクロ2値でスキャンされていて画面上で文字の濃淡を識別出来なくなっているため、判読の難しいページが少なくありませんが、それでもこの様な史料をネット上で閲覧できるのはなかなか便利です。

出品品目は最初の3冊が博覧会開催3日前までに届け出があったものがまとめられ、それ以降に出展されたものが残りの2冊に補遺的に収録されているのですが、それにしても全5冊にも及ぶ膨大な品々が、良くも上野の会場に収まったものだと思います。

出品されたもの、表彰されたものそれぞれに非常に興味をそそるものが多数並んでいるのですが、それらについては後日機会があれば取り上げることとして、今回はこれまで「新編相模国風土記稿」の一覧に載せられた産物について取り上げた分について、この「内国勧業博覧会」に出品されたものがどれだけあるか、またそれらの中に表彰されたものがあるかについてまとめ、これまでの記事の補足としたいと思います。相模国内での産物として記されているものであれば、「新編相模国風土記稿」での産出地ではないものについても含めます。飽くまでも産地を基準に対照する目的から、出展者の住所と氏名については除外しました。

品目出品表彰
蛤石薄靑、足柄上郡矢倉澤村道志川からの出品は見当たらず)
根府川石建築石:淡黑色白班、湯本村/鎌倉石:水コシ、鎌倉郡大町村
建築石:三浦郡久村/鷹取石、浦鄕村/淡靑色、江ノ浦村/淡黑色、岩村/仝、眞鶴村/仝、吉濱村/白、門川村/大住郡上粕屋村/三浦郡佐島村/愛甲郡七澤村
竈石:薄鼠色、吉濱村/淡黑色、貝交り、淘綾郡二宮村/淡黑色黑白班貝入、中里村/淡黑色白班、國府本鄕村

根府川片石:足柄下郡根府川村
鳳紋 小松石 足柄下郡吉濱村
其質堅密ニシテ慶長以降開採連綿以テ今日ニ至ル其石都下ニ著名ニシテ需要最多シ多年練熟ノ營業其功少シトセズ且ツ鏨品製作ノ如キモ亦其体ヲ得タリ
褒状 湯本石 足柄下郡板橋村
降灰石ノ一種ニシテ白色軟質ナリト雖トモ家屋建築ニ用ユヘキノ石材トナス新坑開業ノ際世需漸ク廣キヲ致サントス
仝(褒状) 根府川石 足柄下郡吉濱村
該品ハ園庭ノ需用的當ノ者ニシテ他產未タ比類ヲ出スヲ觀ス且尋常ノ品ニ比スレバ稍殊ナルヲ覺フ
湯の花仝(蘆ノ湯)
足柄下郡元箱根村
明礬足柄下郡元箱根村
硫黄足柄下郡元箱根村
砂利三浦郡走水村
胡麻石:足柄下郡小田原濱/栗石:紺色、淘綾郡大磯驛/栗石:三浦郡横須賀町/五色石:淘綾郡大磯驛
牡丹石栗皮色、津久井郡靑野原村褒状 井泉石(ボタンセキ) 津久井郡靑野原村
石質層々圍抱シ恰モ牡丹花ノ綻ントスルカ如ク且他產未タ觀サルノ異品ニシテ儿案ノ珍玩ニ供スべシ
砥石足柄上郡谷ケ村
淡黒色、愛甲郡小野村/剃刀砥、津久井郡吉野驛/荒砥、(津久井郡)小淵村
燧石(※相模国域からの出品なし、武蔵国域より数点出品あり)
三浦郡林村 ※他に横濱平沼町、久良岐郡町屋村、橘樹郡大師河原村
鉢植、足柄下郡宮上村
神代杉埋木、足柄上郡宮城野村仝(褒狀) 鱒魚外四品并木材
…又神代杉ハ該地ノ名產ナリ…
箱根竹足柄下郡箱根驛
竹:足柄下郡小田原綠町、幸町/孟宗竹:高座郡遠藤村/喇竿竹:漆塗、足柄郡箱根驛/四方竹:高座郡本鄕村/竹:鎌倉郡笛田村
褒状 煙管竹 久良岐郡岡村
箱根竹ノ煙管ニ適スルハ全ク產地ノ宜キニ出ツト雖トモ亦該業ヲ勉ムルノ功勞ニ由レリ
仝(褒狀) 鱒魚外四品并木材
…鳥樟箱根竹等亦皆該地一個ノ物產ナリ採集出品ノ勞實ニ少カラス
柏皮津久井郡澤井村 ※他に武蔵国多摩郡檜原村、上恩方村
煙草葉烟草:(三浦郡)長井村/乾、大住郡千村/同、羽根村/煙草:千村花紋 秦野煙草 三浦郡長井村
形狀香味共ニ全備ス以テ内國ノ需要ニ適ス從來ノ名産ヲ証スルニ足ル
花紋 仝(秦野煙草) 大住郡千村
形狀香味共ニ全備ス以テ内國ノ需要ニ適ス從來ノ名産ヲ証スルニ足ル
仝(花紋) 仝(秦野煙草) 羽根村
形狀香味共ニ全備ス以テ内國ノ需要ニ適ス從來ノ名産ヲ証スルニ足ル
水仙水仙根:三浦郡城ヶ島村
柴胡足柄下郡久野村/三浦郡太田和村
高座郡上鶴間村/三浦郡長柄村/高座郡龜井野村/大住郡上吉澤村/愛甲郡上荻野村
※「柴胡堀」という道具が淵ノ邊(淵野辺)村から出品されている
センブリ胡黄連:三浦郡長柄村/足柄下郡蘆ノ湯
くさめ草嚏草:足柄下郡蘆ノ湯
山椒魚生干、足柄下郡畑宿/干、愛甲郡宮ケ瀬村
アユ香魚:火酒浸、足柄下郡酒匂川/仝、愛甲郡相模川/仝、津久井郡相模川仝(褒状) 香魚 津久井郡太井村(相模川)
該河ノ名產ヲ示ス捕獲ノ勞少カラス
仝(褒状) 香魚 愛甲郡金田村(相模川)
該河ノ名產ヲ示ス捕獲ノ勞少カラス
ヤマメ鰥:仝(火酒浸)、愛甲郡宮ケ瀬村
梅干紫蘇卷梅:足柄下郡小田原十字町/小梅:足柄上郡上曾我村仝(褒状) 紫蘇卷梅 足柄下郡小田原十字町
醃藏ニ由テ數年ヲ貯へ味ヲ損セサルハ製方ノ精シキニ由ルナリ
※「品目」欄は本ブログ内の該当する記事のうち代表的なものに、「出品」「表彰」欄は何れも「国立国会図書館デジタルコレクション」中の該当する資料にリンクしている。
※博覧会では全6区に分けて展示・表彰が行われているが、上記ではそれらの区分は省略した。…は中略。
※地名の「相模国」は省略した。
※一部に地名表記等の記載ミスと思われる表記が見えるが、何れも原文ママに筆写した。
※前記を受けている箇所が多いため、括弧内に前記を補った。
※「鳳紋」「花紋」「褒状」は表彰の等級を示している。
正誤表の反映済み。

漆を含め、「風土記稿」の一覧に取り上げられた産物でまだ取り上げていないものについては、追って紹介したいと思います。他方、センブリや「くさめ草」については「風土記稿」の一覧には入っていなかったものの、村里部に入っていることを紹介しましたので、この一覧に含めました。よもや「くさめ草」まで出品されているとは思いも寄りませんでしたが、裏を返せばそれだけこの「内国勧業博覧会」が、考え得る限りありとあらゆる物について手広く出品を募ったということになるでしょう。ヤマメを「風土記稿」と同様に「鰥」と記していたり、表彰に際して牡丹石を「井泉石」と記していたりする辺りからは、博覧会への出品勧誘を担当した役所が、「風土記稿」を参照してどの様な出品を見込めるかを検討した可能性もある様に思います。

また、表彰理由を良く読むと、単に品質の良し悪しだけではなく、由緒の有無や他の地域にはない独自性、更にはアイディアの斬新さなども評価の対象となっていたことが窺えます。特にここに掲げたものはその性質上、江戸時代ないしそれ以前からの歴史が確認出来るものが多く含まれていますので、そうした側面からの評価が増える結果となった様です。他方、この表には入っていませんが明治時代に入って新たに生産される様になったものでは、寧ろ斬新さを評価する傾向が高くなっています。

個別には、「砂利」「柴胡」「煙草」など「風土記稿」では見られなかった地域からの出品が記録されているものも見られます。「煙草」に至っては大住郡の2村と共に三浦郡の煙草が表彰を受けるという結果になっているにも拘らず「秦野煙草」と称されており、当時既にこの呼称が世間に定着していたことが窺えます。

この博覧会での評価が各産品の以降の動向にどの様な影響を与えたかは、他の史料などとも併せて見なければなりませんが、近世から近代に移り変わっていくある時期の産品を一覧として見ることが出来る、興味深い史料であることは確かな様です。



追記(2015/02/13):一覧表に追加・修正を施しました。

スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

感謝! - 鬼城 - 2015年01月09日 09:43:07

LINK承認、ありがとうございました。
国立国会図書館のデジタルコレクションはすごいですね。時たま検索しますが、膨大な資料が・・・後世に残すことは大事なことです。こんごともよろしくご指導のほど・・・

Re: 鬼城 さま - kanageohis1964 - 2015年01月09日 10:27:04

こんにちは。コメントおよびリンクありがとうございます。こちらからも早速リンク集に加えさせて戴きました。

こういう資料がネット上で容易に閲覧出来る様になったのは本当に大きいです。このブログでも積極的に取り上げて、少しでも情報の「頭出し」に繋がればと思っています。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。