新編相模国風土記稿:各郡の産物

前回「新編相模国風土記稿」で津久井県の産品として「鰷」と表記されたものがあることを取り上げましたが、折角なので相摸国の各郡の産品としてどんなものが取り上げられているのかを、一度まとめて紹介してみようと思い付きました。まぁ、書き出すだけであれば大した作業にならないので、続きが出来るまでの間を繋ぐには丁度良いかという訳ですが、こうして書き出しておけば何らかの折に参考資料として役に立つかとも思います。予想以上に一覧が長くなったので、解説を先に持ってきて一覧表は最後に入れました。

ここでは各郡毎「図説」の「産物」または「土産」等として掲げられているものを拾って一覧表にしてみました。同種の一覧は第3巻の「山川」編中でも「物産」としてまとめられているのですが、そちらは郡の括りを外して品目毎に列挙されています。また、「図説」で取り上げられた品目のうちかなりの分が各村々の項で改めて解説されているのですが、流石に分量が多過ぎますのでここでは割愛します。なお、「鎌倉郡」については「産品」がまとめられていなかったので、「海」の項に「名産」として名が挙げられていたものを代わりに記しましたが、「江島」の「海」の項には他にも魚貝類や海草が挙げられていました。「分類」は私が独断で各品目を海のもの・山のもの・里のものと識別できる目安として加えたもので、勿論これは仕分ける観点次第で別の分類も考えられると思います。中には思う様に分類し難かったものもありますがその点は御容赦を。

今では神奈川県内の産品としては目にすることがなくなったものも多々含まれています。そうした変遷を追う上で江戸時代末期頃の品目を概観できる史料として見ることが出来そうです。但し、中には三浦郡の「柴胡」の様に、文献上では見ることが出来ても江戸時代の時点で既に産出を確認出来なくなっていたものも挙げられています。もっとも、「柴胡」の場合近年の植物事典に掲載されているミシマサイコの写真が何れも三浦半島とされていて生息を確認出来ていますから、飽くまでも江戸時代後期の産品としての一覧として考える必要があるでしょう。

漢字だけを見ると何のことかさっぱりわからないものも多く含まれていますが、大半は説明の冒頭に漢字で仮名を充てられていたり、仮名がないものでも説明を読み進めると何であるかがわかるものが多いと思います。もっとも、津久井県の「柏皮」(「山川」編の「物産」では「栢皮」と表記されていますが基本同じものの様です。ネットを検索すると漢方薬が多数ヒットしますが恐らくここで解説されている物とは違うと思われます)の様に、正体のなかなか分かり難いものも含まれています。

こうして並べてみると、特に海産物は1つに括られていたりいなかったりといった差があることもありますが、郡毎に挙げられた品目の点数に随分と偏りがあることに気付きます。基本的にはその地の「特産品」が対象となっていると思いますが、例えば梅沢の鮟鱇、あるいは相州小麦の様なものが含まれていません。一方で、炭や絹織物の様にここで書き出された以外の地域でも普通に産出されるものの、名品として特に名が知られていたり、文献上の由緒が記されているものについてはここで敢えて取り上げているものもある様です。いわゆる「箱根細工」はここでは「湯本細工」として紹介されていますが、こうした工芸品の類が足柄下郡以外で取り上げられているのは大住郡の「盒器」だけです。この辺りの品目の取捨選択がどの様な判断によって行われたのかも、この各郡の一覧を見る際に考慮すべきポイントとなりそうです。少なくとも、品目が特に少なくなった淘綾郡、高座郡や鎌倉郡について、それだけを以って産品乏しい地域だったとすることは出来ないでしょう。

変わり種としては足柄下郡の山椒魚(ここでは「山生魚」の表記が用いられている)のほかに、三浦郡の「葦鹿」、つまりアシカが挙げられるでしょうか。以前「浦賀道見取絵図」を取り上げた際に浦賀の燈明台付近に「アシカ島」と書かれていることを指摘しましたが、ここにいたアシカを捕らえて食べていたことになりますね。陸上の哺乳動物を基本的には口にしなかったとされる当時の食文化にあって、アシカがその内に含まれていない様に見える点を考慮して、敢えて「海産品?」と区分してみました。因みに現在ではアシカは神奈川県下では絶滅したものとされています(1995年度のレッドデータブックで「絶滅種」に分類されています)。

19世紀末から20世紀初頭にかけて多くの生息地で漁獲や駆除が行なわれ、日本沿岸の広い地域でアシカの姿は消えていった。明治12年(1879)に三浦市南下浦町松輪の海岸で捕獲されたメスを描いた正確な絵図が『博物館写生図』(東京国立博物館蔵)に残されており、少なくとも明治30年代までは相模湾や東京湾沿岸にも姿を現わしていたと考えられるが、それ以後急速に衰退し、現在のところ生息の情報は得られていない。

(「かながわの自然図鑑③ 哺乳類」2003年 神奈川県生命の星・地球博物館編 92ページより)



産物分類「風土記稿」の説明関連
記事
足柄上郡十二蛤石鉱物矢倉澤村内蛤澤より出る、
白熖焇鉱物中川村より出す、(◯)
柴胡植物虫澤・矢倉澤・三竹山三村に產す、古風土記殘本にも、本郡の產とす、
紫根植物矢倉澤村の產、/
/
烟艸農産物松田惣領・松田庶子・八澤・菖蒲・柳川・虫澤・境・境別所・栃窪等九村の產とす、尤松田惣領にては松田烟草と稱し、菖蒲村にては波多野烟草と稱して、殊に佳とす、
薇󠄁蕨植物宮城野・三竹山兩村の產、//
獨活植物宮城野村の產、//
小梅農産物上曾我村の產、//
農産物狩野・猿山兩村の產、
農産物金手・金子・松田惣領・神山・神繩・世附・八澤七村より出す、中に就て金手村なるをば、金手丸と稱して殊に佳品なり、1/2/3
4/5/6
7/8
串柿農加工品皆瀨川・都夫良野兩村にて製す、1/2/3
4/5/6
7/8
梨子農産物神繩・世附二村の產、
蜜柑農産物三竹山・川村岸二村の產、三竹山村より產するをば、年々寒中、領主より官へ獻納す、//
椎茸中川村の產、/
足柄下郡二十二鉱物根府川石、根府川・米神兩村に產す、◯小松石、岩村小松山に產す、又土肥吉濱村、同門川村にも產せり、◯眞鶴石、眞鶴村の產、鋪石礎石甃石の料にあつ、◯荻野尾石、根府川村荻野尾山より產す、◯磯朴石、同村海岸より產す、◯玄蕃石、江ノ浦村の產、/
石硫黄鉱物元箱根より出す、/
礬石鉱物同上/
湯ノ花鉱物元箱根蘆野湯より出づ、/
柴胡植物久野村の產、古風土記殘本にも、足輕郡の產物とす、/
石長生植物箱根宿の邊に產す、元祿の頃紅毛人江戸に來れる時、當所にて此草をとり、婦󠄁人產前後に用ゐて、殊に効ある由いへり、是より箱根草と呼べり、/
植物久野村邊に產す、//
靑芋植物石橋村の產佳品なり、
梅實農産物小田原宿の產、//
梨子農産物久野村の產、
鹿梨農産物夜末奈之◯畑宿の產、
農産物久野村の產、1/2/3
4/5/6
7/8
蜜柑農産物前川村の產を名品とし、其邊の村々最多し、又石橋・米神・江ノ浦・土肥宮上四村の邊にも產す、//
林産物土肥鍛冶屋、同宮上兩村の山上に多し、
細竹林産物元箱根邊に產す、俗に箱根竹と云是なり、
透頂香小田原宿欄干橋町にて製劑す、
盒器工芸品俗に湯本細工と云物なり、箱根山中往々製造す、
提灯工芸品小田原宿にて製造す、
鱒魚魚介類元箱根蘆湖に產す、
腹赤魚魚介類同上、漢名詳ならず、うぐひなり、
山生魚林産物?左無志也宇々乎◯箱根深山澤中に產す、
鱁鮧水産加工小田原宿にて製す、俗しほからと云、
魚介魚貝類此餘海中に產する魚介多し、就中前川村にて、鮪を漁する事多しと云、
淘綾郡三十九砂利鉱物大磯宿海濱の產、其種類、五色或は中栗、白班、黑小砂利等あり、時々命ありて公に納む、
大住郡四十二柴胡植物東西田原二村に產す、
煙󠄁草農産物波多野庄村々の產を、波多野煙󠄁草と稱し、佳品なり、足柄上郡松田邊の產をも、波多野煙󠄁草の佳稱を負せり、
大麥農産物上下大槻二村に播殖するを、最佳品とす、/
/
戮豇農産物佐々計◯南原村產、
農産物小稻葉村產、
萊菔農産物水蘿蔔の類にて、根細長なり、波多野大根と唱へ、波多野庄中に產するを佳品とせり、されど、今は絕て播殖せず、西田原村香雲寺藏、天文中の文書に、當所萊菔の事見えたり、/
甘藷農産物八幡・平塚・上下大槻・中原上宿・南原等の村々の產を佳品とす、/
/
越瓜農産物志呂宇里◯小稻葉・平塚・上下大槻四村產、
西瓜農産物平塚宿、上下大槻村產、
山椒農産物日向村の產最佳品にて、日向山椒と稱し、大山寺師職より、守札を配る時、此山椒を添へて、贈るを例とす、
盒器工芸品坂本村邊にて多く製す、
愛甲郡五十四香蕈志比多計◯角田・田代・煤ヶ谷・宮ケ瀨等五村の山に產す/
農加工品伎奴◯半原村より出すを上品とす、土俗に半原絹と稱せり、
林産物寸美◯古煤ヶ谷村より年々炭を貢せし事、北条氏の文書に見ゆ、御入國の頃より三增・角田・田代・中下荻野五村にて御茶事の料に充らるゝ炭を燒て、每年六百俵を貢せしに元祿十一年より代永錢を收むる事となれり、近き頃丹澤山にて炭を燒せられし事ありしが、今は廢せり、1/2/3
4/5/6
7/8
年魚魚介類阿由◯中津川に漁す、古は妻田・金田・三田の三村より年每に鹽藏するもの二千、宇留加五升を貢せしに、貞享五年より永錢を領主に收む、角田・棚澤・熊坂・半繩・八菅の五村にても同じ川にて漁するを以、每年永錢を收む、
高座郡五十九柴胡植物龜井野村邊に產す
紫菜󠄁海草乃里今俗海苔の二字を用ゐる、茅ヶ崎村海中乳母嶋邊に多し、
鹿尾菜󠄁海草比須木毛同上
靑頭菌波都多介、鵠沼・辻堂・茅ヶ崎三村の邊に多生す、又松露も此邊に多し、
魚類魚介類此餘海中に產する魚類數品あり、鰺阿遅以和之最も多し鵠沼・辻堂・茅ヶ崎等海濱の村々は魚獵を專とし世產を資く、
鎌倉郡六十九(図説に「産物」の特記なし。但し「海」の項では次の品目を名産として掲げている)
海蝦魚介類【本朝土產略記】曰、海蝦出于鎌倉
魚介類【徒然草】曰、鎌倉の海に、かつをと云ふ魚は、彼さかひに、左右なき物にて、此頃もてなすものなり、それも鎌倉の年寄の申侍しは、此魚おのれらが若かりし世までは、はかばかしき人の前へは、出ること侍らざりき、頭は下部もくはず、きりて捨侍りし物なりと申き、かやうの物も、世の末になれば、上さままでも、入たつかさにこそ侍れ、
三浦郡百七倉鹽製塩林村及浦鄕村にて製す
草綿農加工品毛女牟と稱し木綿の字を用ゆ、されども木綿は波無夜にして和產なし、今諸國栽る所のものは草綿なり、【見聞集】曰、三浦に六十計の翁あり、語りしは大永元年武藏國熊谷の市に西國の者木綿種を賣買す、買取て植ければ生たり、皆人是を見て次の年熊谷の市に買取植ぬれば四五年の中に三浦に木綿多し、三浦木綿と號し國に賞翫す、夫より關東にて諸人木綿を着ると語る云々、又高座郡川口村總持院所藏文書曰、遠路爲御音信代僧殊三浦木綿被指越祝着候云々、壺の御印あり、今も郡中に播殖すれど三浦木綿とて稱美する事は聞えず、/
/
水仙花植物城ヶ島村に生ずるもの重瓣にして莖長く尋常の種に異なり
神馬藻海草奈能利曾◯三崎町海邊に多く生ず、
鹿尾菜󠄁海草比之紀󠄄毛◯西浦賀分鄕及横須賀村の海中に多く生ず、就中寒中に得るを上品とす、世には槪して浦賀鹿尾菜󠄁といへり、
裾帶菜󠄁海草和可女
未滑海藻海草可自女
海薀海草毛都久◯以上横須賀村の海に產するを上品とす、
蘿蔔農産物郡中多く播殖す、俗に鼠大根と云、其形蕪菁に似て根の様鼠尾に似たり、高圓坊村より出るを殊に上品とす、【本朝土產略】當國の物產に鼠大根を載す/
鰹魚魚介類郡中多く漁す、就中三崎及城个島邊にて得るを上品とす
撥尾魚魚介類須波志利◯浦賀及久里濱の海にて多く漁す、其税錢をも貢す、
魚介類以倭志
鯷魚魚介類比志古◯幷長澤村にて多く漁す
章魚魚介類多古◯走水村の海中最多し俗に是を三浦鮹と呼ぶ、
魚介類衣比◯郡中所々にて漁すれど、三崎町の產を美なりとす、
石决明魚介類阿波比◯長井・三崎・久里濱の三所より出るもの最美なり
榮螺魚介類佐々江◯所々に生ずといへども、深田村の海より出るもの別種にして其殻尖角なし、ぞくに角なし榮螺といへり、
葦鹿水産品?阿志加◯西浦賀分鄕の海中海鹿島の邊に多し、此獣冬月尤多くして其肉味殊に美なりと云ふ、
水飴農加工品東西浦賀にて製す、尤上品なり、/
此餘【北条五代記】に近年江戸より仰として醫師來りて城ヶ島へ渡り、鎌倉柴胡是なりとて掘給ひぬ云々、と見ゆれど今郡中產する所なし、
津久井縣百十六林産物縣中村々に產す年々貢税とす、1/2/3
4/5/6
7
川和絹農加工品世に所謂川和縞是なり、中野村の内、川和里の産なるが故に、是名を負へり、比隣の村里是に傚て、多く織出せり、
柏皮林産物澤井村、佐野川村邊の山に産す、海邊の漁夫、漁網を染る是を佳とす/
/
農産物葉山島村より産するを佳實とす
農産物ところどころの山より多く産す//
香蕈志比多計、靑根村邊の山より多く產す、/
牡丹石鉱物靑野原村に產す本草綱目に井泉石と見へたるは卽是石の類か、
貝石鉱物道志川に產す
魚類魚介類此餘川中に産する魚類◯鰷阿由、相模川及五川より産す、道志川より産するもの一種の佳品にて、其形も亦少しく異にして、上腮頗る長くして曲れり、故に道志川の鼻曲りと呼て、賞美し、歳每に一千七十五を貢獻すと云、按ずるに長衡が西京賦に所謂大口、折鼻などと見えたるは、卽かゝる鰷の形の類を云ふものならんか、◯[魚衆]也麻女最多して且佳なり

※以上、何れも雄山閣版より。記号の適用は原則同書に従ったが、明らかに挿入箇所の誤りと判断できる箇所については訂正を施した(大住郡越瓜の項)。

※字母はなるべく原著に忠実になる様に心掛けた。一部に異体字セレクタの数値文字参照を挿入しているため、ブラウザによっては該当箇所が文字化けとして表示される可能性がある。該当する字母を拾えなかった箇所は[]内にその字のつくりを示した




追記(2014/07/22):「風土記稿」の産物に関する記事が大分増えたので、こちらに「関連記事」欄を新設してリンクを示すことにしました。併せてこの記事を「産物」カテゴリの最新記事の1日前の日付に合わせる運用にします。但し、この記事のコメント欄やトラックバックは開けておきます。

スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

- うめや - 2015年12月04日 15:01:55

12/2の記事、画像が重くて画面がぶれます。
iPadで拝見しています。
画面がぶれて、バナーが押せません。
v-12

Re: うめや さま - kanageohis1964 - 2015年12月04日 16:25:04

こんにちは。ご報告ありがとうございます。

パソコン上で記事を作成した際にはは特に問題なく表示出来ていることを確認しておりましたが、ご指摘を受けてiPad上で確認したところ、1枚めの「今昔マップ on the web」のところで挙動がおかしくなる(マップを表示させるフレームが際限なく縦方向に伸びていく)のを確認しました。iOS側のWEB表示機能に何か問題があって「今昔マップ on the web」の表示に影響が出るものかと思いますが、「今昔マップ on thw web」の作者様とも連絡の上、後日対応策を講じたいと思います。

トラックバック

URL :