スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

【武相国境】うごけ!道案内 と武相国境の東京湾側の話(追記アリ)

武相国境のお題は、東海道編で境木の話をする時に取っておくつもりだったのですが、色々と考えてみると、境木と武相国境が直交するので、国境の方へとお題を深めると東海道と離れてしまい過ぎることに気づき、題材としては独立させることにしました。

で、この話を展開するとなるとどうしても地図で解説を加えないと見えない部分が多いなぁと考え、どうやってプレゼンしようかとネット上のサービスを探していたら、Yahoo!のルートラボの姉妹サービスにこんなのがあるのを見つけました。

うごけ!道案内https://latlonglab.yahoo.co.jp/macro/

地図上にポイントを複数打ったり線や図形を描ける点では「GoogleMaps」の方が利便は良いのですが、説明が線や図形をクリックしないと見える様にならない(クリックすると1つだけバルーンが開いて説明が表示されるが、次のバルーンが開くとそれまで開いていたバルーンは閉じてしまう)ので、それらの間の連携について説明しようとすると物足りない部分が出てきます。一方、「ルートラボ」は街道などの説明には向いているものの、こちらもポイントに収めた説明を十分に表示してくれない嫌いがありますし、1つの地図に線を1つしか引けない制約があります。

この「うごけ!道案内」はそうした線や図形などは描けませんが、各ポイントに移動しながら説明を表示させていくことが出来るので、今回の様な地図上の説明にはちょうど良さそうだと判断、試しに作ってみることにしました。

出来上がったものがこちら。


それなりに納得の行くものが出来たと思います。アドバンスモードにしてスクリプトに大幅に手を入れてやることで、かなり作成者の思惑通りに動かすことが出来ます。スクリプト自体は大して難しいものではないので、やる気があれば誰でもいじれると思います。

但し、根気は物凄く要ります(^_^;)。一先ず地図上の動きを記録させることで自動的にスクリプトが生成されるのですが、地図上をマウスを使ってあちこち移動させるのに、思った箇所に迷いなくピタリと動かすことが出来る人など滅多にいないと思いますw。スクリプトにはそのマウスの「迷った」軌跡が延々と記録されてくるので、綺麗なプレゼンにしようと思ったら、これを全部自分の思った場所を辿る様に書き換えなくてはなりません。それには結局通って欲しい地点の経度と緯度を1つ1つ拾い出しながらスクリプトにコピー&ペーストするしかなく、経由させる地点が増えればそれだけ同じ作業を延々と続けることになります。そのうち頭の中で「あきらめるなよ!」という某元プロテニスプレーヤーの叫び声がエコーして…。

因みに、地点の移動のコマンドは「moveto」と「smoveto」の2種類が用意されていますが、上の例では「smoveto」を使っています。経由させる地点の数を減らしながら動きを滑らかにすることを狙ったのですが、ほぼ狙い通りの動きになったと思います。今回は市境を辿るプレゼンなので、二重破線に含まれる点を目標に地点を選んでいます。速く移動させたければ破線のパターンを3つ置き、あるいは4つ置きに辿って地点を選び、ゆっくり移動させたければ飛ばさずに地点を選べば良い訳です。

但し、スクリプトの構文は常に正確に書かなくてはなりません。あまりエラー処理を考慮していないスクリプトになっている様で、途中で「smoveto」の引数を設定しないままプレビュー動作させてしまったところ、ページがフリーズしてしまうという現象が出てしまいました。せめて構文エラーで止まってくれると良いのですが、その時はここまで懸命に打ち込んだスクリプトが全て水の泡になるかと思いました。幸いブラウザの「戻る」「進む」ボタンの操作で打ち込んだスクリプトが復活したので事なきを得ましたが。



さて、やっと本題ですが、武相国境は基本的には東京湾と相模湾を隔てる分水嶺を辿っています。この点は次回以降じっくり追っていこうと思いますが、実際は2区間でその原則に合わなくなっています。その1つが上記のプレゼンに取り上げた区間で、現在の横浜市金沢区と横須賀市の境、かつての久良岐郡と三浦郡の境に当たります。この区間で武相国境は東京湾と相模湾の分水嶺を降りて東京湾へと向かうのですが、これによって相模国側に当たる三浦郡内の河川は東京湾へと流れるものが何本か出てくることになります。その東京湾に流れ込む川の中で最も国境に近いのが、「鷹取川」ということになります。


京浜急行と国道16号が通過する切通し(2014年ストリートビュー
しかし、地形図やGoogleEarthなどを使って実際の地形を辿ってみると、この区間も十分分水嶺とわかる地形になっており、律令時代の人が国境を設定する際にこうした地形を多分に利用していたことが窺えます。因みに、京浜急行や国道16号は、この尾根の鞍部を突っ切るためにかなり大規模に切通しを付けていることがわかります。

この、相模湾と東京湾の分水嶺を辿りながら、何故ここが武相国境として選ばれたのか、古代の歴史は正直なところ疎いのですが、自分なりに探ってみようと考えています。

本題の方が遥かに短くなってしまいましたが、正直なところプレゼン作成で力尽きました…orz。

【追記】この記事をアップした後に、次回以降の題材を探してネットを検索していて、旧鎌倉郡峠村の存在を初めて知りました。これを含めて考えると上記のプレゼンにはおかしな所が出てくるのですが、小手先で直せるレベルではないので次回の記事として別途書き直します。



追記:レイアウトを見直しました。
(2015/07/01):ストリートビューを貼り替えました。


スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。