スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

橋本の寺社より【武相国境余談】

前回の記事で橋本の寺社が室町〜戦国時代に遡るとされていることに触れました。今回はそれらの寺社の写真をまとめておきます。

◯神明大神宮
橋本・神明大神宮:参道より拝殿
神明大神宮参道より拝殿
神明大神宮の位置

JR橋本駅から線路沿いの道を相原方面へと向かうと、「大山街道」の名を冠した踏切があります。この道がかつての八王子通り大山道です。ここを右折して暫く行った所に、神明大神宮の一の鳥居があります。大山道からの参道は170mほどもあります。

橋本・神明大神宮:境内の広場
境内の広場
橋本・神明大神宮:夫婦榧
御神木の夫婦榧

由緒を刻んだ境内の石碑にはこう書かれています。

(原文ママ)十二年一月ノ創立ト申傳フ

當神社ニ関スル諸記錄ハ天保年間當部落大火ノ為メ燒失シテ知ルコト能ズ然レドモ古来ヨリ當境内地ヲ御伊勢ノ森ト称シ樹齢四五百年ノ松杉参道ヲ覆イ神嚴ナル淨域ナルヲ見ル時往古ヨリ境内地トシテ爰ニ奉祀シアリタル事ヲ想像スルモノナリ


神明大神宮付近の迅速測図(「今昔マップ on the web」より)
迅速測図」で現地の明治初期の様子を見ると、やや不鮮明ながら確かに当時から参道沿いに並木があったことが窺えます。御神木の夫婦榧(めおとかや)は樹齢300年とされていますが、それより古い木が参道沿いに並んでいるということになるのでしょうか。なお、現在は大鷲神社と天満宮が合祀されています。

その周囲は畑や桑畑になっていた様ですが、現在は小学校の校庭にも使えそうなほどの広さを誇る境内になっています。本殿の後背は現在は国道16号線ですが、この国道から直接入る口はなく、広場の入口に廻り込むことが出来るのみです。参道を通りぬけに使わない様に立て札が立っているのですが、流石にこれだけ広いと境内を抜けていく地元の方が少なくない様で、写真を撮っている間にも複数の方々が境内を通り抜けていきました。

◯橋本山香福寺
橋本・香福寺山門
香福寺山門
香福寺の位置

神明大神宮の前から八王子通り大山道を北へ進むと、「香福寺前」の交差点で国道16号線(旧道)が左から合流してきます。空中写真を良く見ると、香福寺の敷地が大山道へと続く線で斜に切れており、現在は複数の石碑が安置されるこの区画がかつての大山道の跡であることがわかります。

香福寺の山門もやはり大山道から脇に入った場所にあります。香福寺のある辺りが台地の平坦面の際に当たり、この辺りから大山道は境川へ向けて坂を降りていきます。

橋本・香福寺本堂と高野槇
本堂と高野槇
橋本・香福寺高野槇と石塔
石塔と高野槇

橋本・香福寺:高野槇と芝
高野槇と芝
前回も触れた通り、香福寺境内の高野槇は樹齢400年以上と伝わります。流石に戦国時代まで遡るかどうかは微妙なところですが、それでもこのお寺の歴史の古さを窺い知ることの出来る存在であることは確かでしょう。


◯橋本山瑞光寺
橋本・瑞光寺本堂
瑞光寺本堂
瑞光寺の位置
香福寺前から再び大山道を北へ進み、左へ逸れると瑞光寺があります。戦国時代以前まで遡るという橋本の寺社が、何れも大山道沿いに入口があるという点が、この集落の成り立ちを裏付ける証拠である様に思えます。

このお寺も台地面に立地しており、山門へは数段の階段を登ります。本堂は数年前に改築されたものですね。

橋本・瑞光寺の榧
瑞光寺の榧の木
橋本宿周辺の過去の空中写真(古いものは1936年まで遡るが、1947年のものが比較的状態が良い)を見ると、宿場の周辺は屋敷林が多かった様で、この瑞光寺の周辺では北側に林が広く覆っていた様です。現在は周辺の開発に伴ってかなりの部分が消失しましたが、瑞光寺境内と山門前にはまだまとまった林が残っています。写真は境内の榧の木ですが、これもかなり樹齢は高そうです。


◯おまけ・横町橋
橋本・横町橋
横町橋
横町橋の位置

江戸時代の橋本宿は、大山道の東側に横町を持っていました。「新編相模国風土記稿」にも小字としてその名が記されていますが、現在はその面影は殆ど残っておらず、境川に架かる「横町橋」に辛うじてその名を留めています。

この付近では治水工事は最低限に留められており、蛇行の途上に横町橋が架かっているため、御覧の様なアングルから撮っても下流方面が画角に収まっています(画面中央奥のフェンスが下流の護岸の上)。

橋本・境川のモズ
境川のモズ
境川沿いを歩いている途上で見掛けたのは、モズでした。




追記(2013/11/13):「歴史的農業環境閲覧システム」のリンクを張り直しました。
(2014/03/09):「国土変遷アーカイブ」が「地図・空中写真閲覧サービス」に統合されてURLが変更されたため、そちらにURLを変更しました。
(2015/11/24):「歴史的農業環境閲覧システム」へのリンクを、「今昔マップ on the web」の埋め込み地図で置き換えました。


スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

この記事へのコメント

橋本に行ってみたくなりました - 徒然写真帳管理人 - 2013年03月03日 23:49:04

橋本は、学生時代に何度か訪ねたというか、丹沢でシカの調査があった帰りに先輩が車で乗せていってくれたところです。
今思うと小田急沿いに住んでいたので橋本で下ろされても・・・
なんて計算はたたず先輩の暇つぶしに付き合わされていたところです。
その橋本に、こんな魅力的な場所があるとは知りませんでした。
特に夫婦榧は魅力ですね~
私の住む、下呂市ではカヤノキの生育の限界ということもあり大きなカヤノキは希ですので夫婦となると。一度訪ねてみたいですね。
あと、コウヤマキですが写真で見る限り400年いっていても、おかしくない太さだと思います。大変生長が遅い樹木ですので、それだけのサイズは珍しいと思いますよ。

- たっつん - 2013年03月04日 07:28:25

おはようございます。
神明大神宮にはなかなか素敵な狛犬がいます。
また、入ってみたくなりました。

Re: 橋本に行ってみたくなりました - kanageohis1964 - 2013年03月04日 08:16:43

こんにちは。コメントありがとうございます。

今の橋本駅はかつての宿場があった位置よりも南寄りにあって、賑わいの中心がそちらに移っているんですよね。そちらはもう高層マンションが建ち並びつつある地域ですが、かつての宿場には古刹の他、長屋門などに幾らか面影が残っています。

香福寺の高野槇、やはりそういう見立てになるんですね。お寺の境内の高野槇で、これだけ真っ直ぐ綺麗に伸びているのはなかなか見ない気がします。

- kanageohis1964 - 2013年03月04日 08:33:10

こんにちは。コメントありがとうございます。

ああ、以前こちらにいらっしゃっていたのですね。ブログの記事拝見しました。
http://komainumeguri.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
今回は狛犬さんの写真はあまり撮って来なかったんですよね。

かつての御神木の切り株があの様にして祀られているのに気付いていなかったんですが、あの夫婦榧はそうすると2代目ということになるんですかね。一度大火に遭ったりしている様なので、その際に別の木を御神木にしたのかも知れませんね。

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。