「林産物」カテゴリー記事一覧

「新編相模国風土記稿」産物に記された「炭」(その8)

前回まで「新編相模国風土記稿」に記された相模国の炭について見て来ましたが、今回は関連する話題をもう少し取り上げた上で、ここまでのまとめをしたいと思います。

相模原市のホームページには、「大沼の土窯つき唄」という仕事唄の歌詞と音声(MP3)が掲載されています。これは大沼新田で炭焼用の土窯を築く際に音頭を取るのに唄われていたものです。


大沼新田の明治39年測量の地形図
ほとりに「大沼神社」が建つ沼が大沼、東に小沼
(「今昔マップ on the web」)
大沼新田(現:相模原市南区西大沼・東大沼その他)は江戸時代には淵野辺村の一角で、水の得にくい相模野にあって地下に宙水があり、その上に「大沼」が出来て深堀川という境川の支流の源流地となっていた地域でした。今はこの大沼も、その東にあった小沼も埋め立てられて宅地と化していますが、現在の区画の形状にはかつての沼地の存在を窺う事が出来ます。

元は境川対岸の武州木曾村との入会地でしたが、元禄年間に知行替えによって代官支配になったのを切っ掛けに新田開発が行われ、宝永4年(1707年)に検地が行われて「大沼新田」が成立しました。しかし、土地が痩せていて耕作には不向きだった様で、「相模原市史 第二巻」では大沼新田の開発経緯について各種の文書を引いて解説した上で、次の様に記しています。

…上矢部新田村に比較すると、一戸あたりの平均所有反別は約三倍以上、一名あたりの耕作反別は約二倍以上となり、嘉永三年反別書上による場合は、なおこの二倍近くになるのである。これだけを見ると、大沼新田入植農民は恵まれているようにも見えるのであるが、大沼新田の場合はすべて見取り畑なのである。土地の伝承によると、開墾当初は肥料を与えなくても作物がとれたが、いく年かたつと土地が瘠せてくるのでそこを林畑として放置し、また新たに開墾したといっている。したがって嘉永六年(一八五三)の村高書上帳にも、烏山大久保領三九九石五斗九升一合中、本村出百姓分の四一石九斗七升三合は永荒引となって年貢の対象からはずされている。このように荒地が多かった上に、地味も瘠せていて、反収麦が四斗ぐらいしか収穫できなかった。田圃は大沼の池を利用したが雨が降らないと作れず、田植をしないで、ばら蒔きをする有様であった。

こんな状態だから、いきおい農間余業に頼らざるを得ず、養蚕や植林からの薪炭材の伐採その他が生業の主要なものとなっていた。

(上記書276〜277ページより、…は前略)


相模原市史 第二巻」では続いて薪炭材を得るために植林が進められ、麦蒔きが終わった農閑期に炭焼が行われていたとしていますが、その炭焼で使用する炭窯の構築については次の様に記し、その過程で「土窯つき唄」が唄われたことを紹介しています。

…庭の適当なところに深さ約一メートル、縦五メートル、横四メートルぐらいの矩形の穴を掘り、その中に一・五メートル(約五尺)に二・三メートル(約七尺五寸)の楕円を描いて、それに「ごず」(炭のくだけ)を五寸から一尺の厚さに敷き(これは土地の湿度の状態によって加減する)それに茅をのせる。そしてその上に一尺二寸に切った薪を二段に積み上げ、なおそれに「なぐり」(かさま・さしこみともいう)と称する細い薪を一〇把ほど一尺二寸から三尺ぐらいの厚さに積み重ねる。それらの全体には本町田・図師辺から買って来た粘土を約五寸ほどの厚さにすっぽりとかぶせる。ただ短辺の入口には積んだ薪のおさえとして二尺四、五寸の松その他の雑木の薪を立てかけて下には土管を置いて火口とし、反対がわには煙出しにする型をはめこんで置く。そして土がまつきがはじまる。部落のものがおたがいに奉仕しあって三〇人ぐらい集まり、手製の杵を逆手にとって、「おばばなーよ、どけえ行く、三升ざるをさげて、このえんやらやあ、よめの在所へ孫だきに、えーえんやーこのえんやらやあ」と土がまつき唄を謡いはやしながら周囲をめぐって、力をこめてつき固める。

(上記書277〜278ページより、傍点を下線に置き換え、…は前略、強調はブログ主)


この「相模原市史」に掲載された「土窯つき唄」は「木炭の博物誌」にも引用されています(154ページ)。歌詞が相模原市のホームページに掲載されているものと異なり、囃子詞も合いませんので、同一の唄か否かをこれだけでは判断出来ませんが、あるいは同じ節で歌詞を替えているだけかも知れません。なお、「神奈川県民謡緊急調査報告書」(神奈川県教育庁文化財保護課編 1981年)にも大沼の「土窯つき唄」は収録されていますが、炭窯の構築に際して唄われるとされているものは他には採録されていませんでした。

大沼新田の「土窯つき唄」の発祥を考える上では、同地で炭焼を行う様になる過程で、炭窯の築造技術がどの様に入って来たのか、特に土窯を使った炭焼が当初からのものであったのかどうかが気になるところです。ただ、前回まで見た津久井や宮ケ瀬の炭焼と比較した場合、少なくとも大沼新田の平坦な土地では横穴式土窯を掘れる様な斜面は存在しないことは明らかです。境川の河岸段丘面にはその様な斜面も存在しますが、ここは新田の地域の外にありますから、何れにしても横穴式土窯が津久井県から伝播してくる可能性は皆無だったと見て良いでしょう。他方、津久井の「ボイ炭やき」は手軽に大量に炭を焼くには良くても、単価が安くなることは避けられませんから、特に植林した林から炭材を伐り出せる様になった初期の頃にはそれほど豊富に炭材が採れたとは考え難く、あまり規模の大きくない大沼新田の炭焼には向いていなかったのではないかと思います。つまり、この地域に関しては当初から土窯を築いて炭焼を行った可能性の方が高いのではないかという気がします。それであれば、「土窯つき唄」はこの地で炭焼が開始されて早々に唄われ始めたのかも知れません。

もっとも、炭窯を造る際にはいざという時のためにも水が近くにあることが必要でしたから、大沼新田で炭窯の適地と言えるのは大沼から近い地域に限られていたことになります。「相模原市史」で炭窯が庭で造られていたと記すのも、水利の限られた土地では集落に近い場所で炭焼を行わざるを得ない事情もあったのでしょう。「木炭の博物誌」では炭窯を築く場所について「人家に近いところでは炭がまの煙が迷惑になる」(143ページ)としていますが、そこは事情を忍んで煙いのを耐えていたということでしょうか。

因みに、「相模原市史」は炭窯構築に必要な粘土を境川の対岸にある武州本町田村や図師村(どちらも現:町田市)から運んでいたとしています。富士山や箱根火山が過去に噴出させた火山灰土が分厚く堆積する相模原台地上では粘土が得難いことから、粘土層が露出している地域まで台地を降りて求めに行かなければならなかったのでしょう。炭窯の構築技術の変遷を考える際には、築造に必要な素材の有無も念頭に置く必要がありそうです。



愛甲郡の5ケ村の「御炭山」について見た際に、中荻野・下荻野両村が祀っていた「東照宮」を取り上げました。これらの村が神格化した家康を祀っていたのは、炭焼そのものへ成功を祈願するものと考えるよりも、家康がこの地に齎した恩恵への謝意に基づいたものと考えるべきでしょう。その点では、炭焼に関連した信仰の事例としてはやや特殊と言えそうです。

炭焼にもう少し直接的に関係しそうな信仰としては、「津久井郡文化財 5 産業編—養蚕と炭焼—」(津久井郡文化財調査研究会編 1988年)が記す「山の神」が挙げられるでしょう。

信仰の対象は、山の神である。山の神は田の神が収穫が終わると山にのぼって山の神となると、言われるが、田の少ない津久井ではこうした伝説はない。山の神の縁日は一月十七日で、この日には「日待(ひまち)」を行い、山仕事に従事する者や猟師は山に入ることを禁じた。現在でも「山の神日待」を実施している地域があるが、最近では自治会の会合や新年会を兼ねて一年の計画をたてるという方法に変っている。また毎月の十七日に山入りを禁じている家もある。

山入りの行事は、二本の竹筒を水引きで結び中に酒を入れて山に供える。炭焼は、初山入(火入)の日と最終日(掃抜(はきぬき))には同じ行事をして簡素な祝を行う。

(上記書95ページより)


類似の信仰について記録がないか、神奈川県内の各市町史に付属する民俗編をざっと探してみたのですが、あまり記述を見出すことが出来ませんでした。ただ、意外にも「藤沢市史 第七巻 文化遺産編・民俗編」に同様の記述を見付けることができました。特に、縁日に山入りが禁忌されている点に共通する点が見られます。

山仕事をする人達は山の神を祀り、山の神様に仕事をさせていただいているという心持ちであった。毎月七日は山の神の命日だから山へ入ってはいけないといい、一般の人も薪採りで山に入る事をさけた。山の神の命日を八日だとする所や一七日とする所もあり江の島では八日・一八日・二八日は山に入るなといっている。

遠藤打越の炭焼きをしていた家では山の神のオヒョウゴを掛けて山講を行った。同じ遠藤神明谷には山の神の祠があり、二月一四日にオタキアゲといって正月の内飾りを燃やし、御馳走を供えた。また春は一月一七日、秋は一〇月一七日に山講を行い、この時薪や炭の値を決めた。部落によっては山仕事をする人々で太子講を持ち、一番年長者をカシラと呼んでカシラの家で寄合いをした。

(上記書335ページより)



藤沢市遠藤・打越の地形図と空中写真
現在も笹久保谷戸を中心に雑木林が残る(「地理院地図」)

どちらかと言うと炭焼に限定せず山仕事全般の神様という側面が強く、特に江の島では流石に炭焼は出来なかったでしょうから、木を伐る場合でも薪か木材だったでしょう。それでも、丹沢山地北部の津久井と相模原台地南端の藤沢市域に共通した信仰が見られることから、その間に位置する各村でも山仕事に従事する人たちの間で幅広く信じられていたものと思われます。ただ、こうした信仰が何時頃まで遡るのかといったことも含め、今回はあまり深く掘り下げることが出来ませんでしたので、機を改めて資料を集められればと考えています。



今回は近代以降の事情については詳細に触れる余裕がありませんが、ここまでの話に関連して2点ほどエピソードを取り上げます。

1つは「佐倉炭」についてです。例によって明治10年(1877年)の「第1回内国勧業博覧会」の出品目録には、旧相模国域からは
  • 足柄上郡谷ヶ村
  • 同郡川西村
  • 津久井郡鳥屋村
  • 足柄下郡沼代村
からの炭の出品が見られますが、この最後の沼代村(現:小田原市沼代)の炭は「佐倉炭」と名乗っています。当時の神奈川県域からは他に武蔵国多摩郡桧原村の炭が同じ様に「佐倉炭」と称して出品されています。

元は下総国佐倉藩の取り仕切る炭であった「佐倉炭」が出品されるとすれば、元来ならば明治以降の行政区画で言えば千葉県ということになる筈で、実際千葉県庁の出品物の中にも「佐倉炭」が含まれています。しかし、旧相模国域や武蔵国域で生産された炭が「佐倉炭」と名乗る例が示されている点からは、この頃には既に「佐倉炭」が地域を示すものというよりも一種の「ブランド」として独り歩きを始めていたことが窺えます。実際、時代が下って大正14年(1925年)の「愛甲郡制誌」でも

林產製造の中見るに足るべきものは所謂「相模の白炭」で古來「幕府の御用炭」と稱せられ名聲頗る高いものがあつた宮ヶ瀨村、煤ヶ谷村、愛川村等の奥山に多くを產し里山では黑炭を多く產出する、製炭法の當否は炭質の良否、燒步に深い関係のあるのは云ふまでもないことで先年白炭、黑炭(佐久良炭)の製炭法の講習を各所で開催して以來着々好成績を擧げつゝある。

(上記書208〜209ページより、強調はブログ主)

の様に、「佐倉炭」がその本来の地名から離れて表記まで変わってきている例が見られます。

「木炭の博物誌」では、現在の「佐倉炭」の産地は茨城や栃木で、特に従来からの製炭法を維持しているのは茨城県鉾田付近のみとしています(207ページ)。こうした記述からは、江戸時代に名を馳せた同地の炭焼がその後関東一円に広まる過程で、その名を引き継ぎながらも製炭法の方は更に各地で改良を受けていったものと思われます。「内国勧業博覧会」の例はその様な動きが明治初期には既に存在し、更に「愛甲郡制誌」の例は、かつて「御用炭」を産出し、その「佐倉炭」の発祥に際して技術を輩出した側の土地でも製炭法を「逆輸入」する流れがあったことを示しているのかも知れません。

もう1点は、神奈川県内の各市町史を点検する過程で、炭焼を養蚕や製茶と結び付けている記述が幾つか見られたことです。何れも相模原台地の上に位置する各市の「民俗編」に見られ、特に「座間市史」が比較的詳細に事情を書き記しています。

炭は主に商品として出荷することを目的に焼かれたが、ヤマを持つ人が材料の木材を提供し手間賃を払って炭を焼いてもらうこともあり、これを「賃焼き」といった。このような炭は養蚕の温暖育、すなわち蚕室を温めることに用いられたが、窯で一回焼くと、一年分の燃料として使うことができたという。

(「相模原市史 民俗編」74ページより、対象は旧津久井郡との合併前の市域が対象)

炭は、農家の燃料として重要なものであったが、特に、養蚕には欠かせないものであった。昔は、養蚕を行う蚕室には、大きな炉が作ってあり、ここで炭と薪を燃やして蚕室の保温を行った。こうした意味において、養蚕とヤマとの関わりは深かったという。大正時代になると、座間宿に石炭屋が出来て、練炭を売るようになり、燃料は木炭から練炭に変わっていった。また、昭和十二年(一九三六)に陸軍士官学校が移転し、ヤマが減ってしまったため、養蚕組合では一時、麻溝台・大沼・谷口(相模原市)あたりのヤマを買って、薪炭を取りに行ったこともあったという。

養蚕組合が一番最後まで炭を焼いていたというが、炭よりも練炭の方が安く手に入るので、養蚕用の燃料も徐々に木炭から練炭へと変わった。その後、養蚕組合でも、粉炭を買って練炭の製造を始め、レンタンブチと言って、練炭を共同で作ったという。」

(「座間市史6 民俗編」219~220ページより)

家庭用の炭は、たいていはゾウキ(補注:ハンノキなどの雑木を焼いて炭にしたもの)で、良質なカタズミ(補注:クヌギ・ナラ・カシを焼いた堅炭)は、養蚕やお茶作り用に使われた。深見あたりでは、とくにお茶作り用にホイロ(焙炉)で使う炭を買いに来る人が多かったという。

炭は、農家の燃料として重要なものであったが、ことに、養蚕には欠かせないものであった。昔は、養蚕を行う蚕室には、大きな炉が作ってあり、ここで炭と薪を燃やして、蚕室の保温を行った。春蚕(はるご)の時期は、二眠くらいまでの稚蚕期には、蚕室の炉の中へ炭を伏せ込んで暖をとるため、炭の需要が高かったという。しかし、マイシン(埋薪)という、薪も一緒に伏せ込む方法が採られるようになってからは、炭の需要は減ったという。

(「大和市史8(下) 別編 民俗」434ページより、補注は同所の別の箇所を参照の上ブログ主追記)

炭の用途は火鉢などの家庭用と、養蚕での部屋の保温や茶揉みに使うものがあった。中心は養蚕用でああったため、蚕が始まる前は忙しかったという。

(「綾瀬市史8(下) 別編 民俗」137〜138ページより)

炭焼きもまた冬から春にかけての小遣い取りの仕事であったが、大正時代の養蚕の盛んな頃には需要も多く、七、八月を除いてどこでも冬の間だけでなく一年中焼いていた。その頃には年平均三〇俵位は必要だった。それ程養蚕をしなくても、製茶には一俵位必要だし、普通年に一五俵もあれば充分だった。」

(「藤沢市史 第七巻 文化遺産編・民俗編」332ページより)


高座郡は明治時代に入って神奈川県内でも特に養蚕の発展が著しかった地域の1つです。同郡の村々は江戸時代には冬場の農閑期に炭焼を行っており、相模国西部の山間の様に年間を通して炭を焼いていた訳ではありませんが、こうした地域が寧ろ明治時代以降の養蚕の隆盛に伴って、その下支えとなる燃料として炭を自給する様になる傾向を示したことになります。「相模原市史」の場合だけ少し傾向が異なりますが、これは大沼新田の雑木林がこの頃には広大になり、外販用の炭焼が盛んになったことが背景にあります。「座間市史」の記述には、同時期に廉価で入手出来る様になってきた石炭との競合が指摘されていますが、石炭の場合は閉鎖空間での燃料として用いるには脱硫したものを使う必要があることから、その加工の手間で必要となる労力や経費を合わせた時にはまだ自前のヤマで焼く炭にも分があったということでしょう。「大和市史」では堅炭を養蚕などに用いる傾向があったことを記していますが、これは長時間蚕室を暖める必要があるために火持ちの良い炭が必要だったからだろうと思います。

近代に入って化石燃料の利用が増えていった中でも、炭は家庭用としてだけではなく、産業用途としても引き続き使われる局面が多々あり、そうした背景の下でなお盛んに炭焼が続けられていた、ということになるでしょう。



当初は4回程度でまとまるかと想定していましたが、思った以上に書くべきことが増えてしまい、今回を含めて8回になってしまいました。改めて、ここまでの記事の一覧を掲げます。


「風土記稿」が愛甲郡の各村の炭焼を取り上げたのは、明らかに小田原北条氏や「御用炭」の由緒を重視したものと言って良いでしょう。山川編で取り上げられた足柄上郡や足柄下郡の炭焼は、相模国全体で炭焼の盛んだった地域を考えると必ずしも地域の選択が妥当であったとは言い難い側面もありますが、相模国も山岳地域を中心に江戸の膨大な炭需要を下支えする地域の一角であったことは確かです。特に穀類の生産に乏しい山間にあっては、炭が村の稼ぎの主力となっていた地域が多く、荒川番所や川村関所でも貢税の対象として重視されていました。

その炭焼も白炭と黒炭に大別され、更に「御用炭」の様に将軍の茶の湯に用いられるものや、鍛冶炭の様に当時の産業用途のものといった種類に応じて炭が焼き分けられていたことも、伝えられている文書類によって明らかです。宮ケ瀬で発掘された「横穴式土窯」や、同地で行われていたと言い伝えられる「ボイ炭やき」の存在からも、相模国で焼かれていた炭が単一なものではなく、必要に応じて炭焼の方法を変えていたことを窺わせます。ただ、現状では当時のその具体的な技術を明らかにするには、史料がまだ充分とは言えない様です。

また、小田原の旅籠・小清水からの発注に見られた様に、炭焼では一度に生産される量が膨大となり、その運搬に必要となる労力も大きく膨れ上がる傾向にありました。つまり、当時の物流にとっても主要な運搬品目のひとつであったことがわかります。その様な品目が「日本木炭史」が指摘する様に運搬し難い性質を持っており、足柄上郡24ケ村が駄賃稼ぎの横暴を訴えた際の文書からも、炭の運搬が陸運にとって「難題」となっていた状況が垣間見えます。江戸時代当時の物流や交通事情を考える上では、こうした荷物の性質についても勘案する必要があると言えます。

江戸時代の相模国の炭については今回でひとまずの区切りとします。後日何か追記すべきことがまとまったら改めて取り上げたいと思います。
スポンサーサイト
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

「新編相模国風土記稿」産物に記された「炭」(その7)

前回に引き続き「新編相模国風土記稿」に記された相模国の炭について見ていきます。今回は、「風土記稿」で取り上げられた地域に隣接するかつての宮ケ瀬村周辺で大量に発掘された、江戸時代の炭窯遺構について紹介します。

宮ケ瀬ダムの建築に伴って水没することが確定した地域で大規模な発掘調査が行われた件については、以前漆を取り上げた時に紹介しました。今回もこの発掘調査の報告書の1つと、この発掘調査を受けて執筆された次の論文を元に今回の記事を組み立てます。更に、参考資料として津久井郡の民俗調査の一環でまとめられた資料を併せて参照します。

  • 神奈川県立埋蔵文化財センター調査報告21 宮ケ瀬遺跡群 2 ナラサス遺跡ナラサス北遺跡」 神奈川県立埋蔵文化財センター編 1991年 (以下「報告書」)
  • 近世宮ケ瀬における炭焼きについて(予察)—宮ケ瀬遺跡群検出炭窯の歴史的背景を中心として—」 武井 勝著 「神奈川考古 第25号」(1989年5月 神奈川考古同人会)所収 251〜264ページ (以下「予察」)
  • 津久井郡文化財 5 産業編—養蚕と炭焼—」 津久井郡文化財調査研究会編 1988年 (以下「文化財」)


現在の清川村宮ケ瀬の位置(Googleマップ
今更ながら、改めて宮ケ瀬村の位置を地理的な側面も含めて確認しておきます。昭和31年(1956年)に煤ヶ谷村と合併して清川村宮ケ瀬となったこの地域は清川村の北西側半分を占めており、宮ケ瀬ダムが出来る前は中津川渓谷沿いの河岸段丘上に中心集落がありました。旧煤ヶ谷村域からは辺室山中腹に端を発する川弟川(かわおとがわ)が流入して中津川(「風土記稿」では「布川」と称しています)に合流していますが、煤ヶ谷村の中心集落は小鮎川沿いに展開しており、煤ヶ谷から宮ケ瀬へ抜ける甲州道はその途中土山峠でこの2つの川の分水界を越えます。他方、宮ケ瀬村の北側は津久井県鳥屋村や青山村(現:相模原市緑区)等に接していますが、中津川沿い宮ケ瀬村の集落から鳥屋村への道は段丘崖に斜に付けられた比高差100m以上の急坂を登る必要がありました。この鳥屋村の中心集落も中津川には合流しない串川沿いに展開していますが、この集落の辺りは山中にしては意外に広い平野になっており、これはかつては串川に合流していた早戸川が河川争奪によって中津川に合流する様になったことによって下刻が進み、旧来の河川敷が取り残された結果出来た地形と見られています。

つまり、宮ケ瀬村は中津川渓谷の作り出す地形によって南北の村と分水界によって隔てられている場所に位置しており、村域から流出する中津川の急流が作り出した急峻な渓谷と相俟って「秘境」の様な景観を有する村となっていました。この地に新田義貞の家臣であった矢口信吉が落ち延びて密かに富を蓄えていたという落武者伝説が伝えられているのも、こうした地形と無関係ではないでしょう。

この水没域で大規模に行われた発掘調査では、かなりの件数の近世の炭窯跡が発見されました。特に、対象地域の北側に位置している「ナラサス遺跡」「ナラサス北遺跡」「上原遺跡」の3箇所で、計48基もの炭窯跡が発見されています。他に、これら3箇所からはやや離れた、宮ケ瀬村の本集落に近い「北原遺跡」でも、16基の炭窯跡が発掘されました。


1974〜78年頃の空中写真に見る該当地(「地理院地図」)
水没前の地形については
今昔マップ on the web」も参照のこと

「ナラサス」の地名は現在は
湖岸を走る道路に設けられたトンネルや橋に残る
(トンネル上部の扁額に注目)
遺跡はこの辺りから標高差100mほど下の湖水中
ストリートビュー

「報告書」では「ナラサス北遺跡」の位置や地形について次の様に記します。

本遺跡は、津久井郡津久井町大字青山字南山2145―46他に所在し、一部愛甲郡清川村宮ケ瀬字ナラサスにまたがり、宮ケ瀬遺跡群のダム水没区域内において最北に位置する遺跡である。

丹沢山塊に源を発する中津川は、宮ケ瀬の落合で早戸川と合流した後、流路を北東方面にとって流れるが、本遺跡はその合流点の北東約400mに位置する。ナラサス遺跡の北東に隣接する本遺跡は、中津川の浸食作用により形成された四段の段丘面のうち最上位(宮ケ瀬Ⅰ面)に立地し、同じ段丘面上のナラサス遺跡上段面とは南西部で中津川の支流によって形成された沢によって分断されている(第1・2図)。

遺跡の現地表面に見る地形は、標高230m前後の緩い傾斜の平坦地をなし、南側に流れる中津川の曲流部に当たる部分は浸蝕を受け若干オーバーハングした崖状を呈している。これに対し、関東ローム層上面での地形をみると、本遺跡は北から南方面へ比高差数mほどの緩斜面をなしており、南西部と北東部に比較的平坦な面が見受けられる。

(「報告書」311ページより、付図は省略)


カタカナで書かれているために外国語然として響く「ナラサス」という小字については、今回調べ得た範囲ではその由来を突き止めることは出来ませんでした。元文2年(1737年)の文書では「奈良さす」と記した例もあるものの、これも宛て字である可能性がかなり高そうです。ただ、「奈良」だけ宛て字とする語感からは「ナラ」に意味を含んでいる様にも見受けられ、あるいは「楢」に関連があるのかも知れませんが、これまた憶測の域を出ません。ともあれ、小字「ナラサス」は宮ケ瀬村の北辺で青山村と隣接し、中津川渓谷が北向きから東向きへ流れを変えた先の段丘の上にある地域でした。

「ナラサス遺跡」からは江戸時代前期と推定される炭窯が4基(うち1基は稼働痕跡がなく、構築中の状態で放棄されたと見られています)、「ナラサス北遺跡」からは江戸時代中期から後期と推定される炭窯が36基も見つかりました。「ナラサス遺跡」から出土した炭化物からは炭焼に使われた樹種として「ハンノキ属、クマシデ属、ブナ属、コナラ節、アカガシ亜属、ケヤキ、ナツツバキ属類似種」(「報告書」9ページ)が検出されており、これらの遺構が確かに炭窯であったことが確認出来ます。特徴的なのは、これら40基が何れも「横穴式土窯」であるということです。「ナラサス北遺跡」の炭窯について「報告書」は次の様に記します。

…ナラサス北遺跡においては合計36基の炭窯が検出された。わずか100mあまりの崖面に東西にひしめきあうようにして存在する。炭窯はいずれも、基盤層である関東ローム層をトンネル状にくりぬいて構築された、いわゆる横穴式土窯である。1基の炭窯において幾度となく炭焼きが繰り返されたことは、内部の土層の堆積状態によって明らかであり、使用に(ママ)えられなくなった炭窯は放棄され、新たに奥へ奥へと構築されていったことが、遺構の配置から考えられよう。

炭窯内部からの出土品は極めて乏しく、唯一9号炭窯の覆土中より出土した近世陶磁器の破片が、操業年代を類推する資料となろう(第11図)。この破片は肥前系の茶碗で、高台の外径4.8cmを測り、接合しない同一個体の破片1点が他に存在する。18世紀後半から19世紀初頭にかけての所産と考えられる。

炭窯の中には、炭化室の床面積が10㎡をこえる巨大なものも存在し、したがって規模は大小様々であるが、炭化室の最大幅が1.8m前後のものが多く、ことによると1間という単位で幅が設定されたことも考えられる(第33図)。

特定の地域に密集して炭窯が存在することは、宮ケ瀬地域内においてもこの地が炭焼きを操業するにあたって最適の諸条件を満たした場所であったことを物語っている。立地的には炭窯の構築された崖下約50mには中津川が流れており、川面を南から北に吹き上げる川風が、炭窯用部の燃焼効率を高めるうえで大きく寄与したであろうことは、想像するに難くない。また炭窯群の背後には鬱蒼とした雑木林が生い茂り、木炭の原料となる原木を容易に入手することが可能である。さらに炭窯群のすぐ西には、中津川の支流である小川が流れ、小さな沢を下れば水を確保することが可能である。以上の諸条件を満たした地であったからこそ、この地に固執して操業が繰り返されたのであろう。

(「報告書」340ページより、…は前略、付図は省略)


炭窯の設置に適した場所については、「木炭の博物誌」は「炭材を集めやすく、水に便利であること、風当りが少なく、乾燥地で岩石の少ない、緩やかな傾斜地」(143ページ)と記します。他方で、「文化財」でも適地の条件に「陽地で乾燥している所」を挙げるものの、「乾燥しすぎている所では冷却に時間がかかり、その反対は未炭化を生じる。」(54ページ)としており、乾燥してさえすれば良いとは考えられていなかった様です。その「文化財」も「強風の当たらない所」を条件の1つに挙げており、その点では「報告書」の指摘は必ずしも妥当ではない様にも見えますが、川から程近い、水を得やすい場所である程度乾燥した空気を得るには風通しが悪くても湿気が抜けませんから、程々の通風は必要だったとも言えそうです。


この「横穴式炭窯」については、「予察」では次の様に指摘しています。

まず、炭窯自体の特徴とそれに関する問題点について考える。第一に、宮ケ瀬遺跡群で検出された炭窯はいずれも土窯で、崖斜面のローム層や下部の礫層をトンネル状に掘り込み、奥に立上がりの煙道を掘る横穴式の簡単なものである(図2)。これは、県内や多摩地方などにおいて検出された炭窯が、一旦地山を掘り込み、その後床面・窯壁・天井部を構築するいわゆる半地下式の構造を呈するものとは根本的にことなっている。こうした横穴式の炭窯は全国的にも希少なものと思われ、管見したところでは青森県東津軽郡田町大平の「清水股沢」遺跡で発見された「ホリガマ」と称される炭窯(図4)と同形式のものではないかと思われる。このような希な構造を有する大型の炭窯が、宮ケ瀬遺跡群で数多く検出されるのは何に起因することなのか、時期差か地域差かによることなのか、横穴式の形態・構造を呈する炭窯資料を多く収集し、他の構造のそれと比較検討することが今後の課題となろう。

(「予察」262ページより)


「近世宮ケ瀬における炭焼きについて(予察)」図2
「予察」図2(252ページ)
「近世宮ケ瀬における炭焼きについて(予察)」図4
「予察」図4(262ページ)

こうした横穴を掘る炭窯は現在一般的に知られる炭窯とは大分異なる方式であることは確かです。これに関連して、「文化財」では次の様に、江戸時代の津久井県では鍛冶炭はそもそも炭窯を構築しない方式で焼いていたことを紹介しています。

津久井郡では昔から郡下一円で炭焼が行われていたものと思われる。その用途は、家庭用のほかに(なた)、鎌、庖丁(ほうちょう)、刀、槍などの鍛冶炭であったと言われる。鉈、鎌、などは農耕に製鉄器具が使用され始めてのことであるから相当に(さかのぼ)って鍛冶炭の生産がなされたものと思われる。神原家文書によると、正保五年(一六四八)子閏正月、津久井領の内牧野村名主次郎左衛門が代官に当てた青根山入妨げにつき牧野名主訴状に「炭釜五拾参口焼かせ」云々(別記)と、あることから青根山に於いて今から三四〇年前には木炭の生産がなされていたことがうかがえる。さらに津久井郷土誌によると、「古文書で見る限り当地の木炭は築窯(ちくよう)による白炭と、掘り窯による鍛冶炭(当地ではかんずみという)があり、明治になり大正時代となって鍛冶炭は種々改良され、現在の築窯による黒炭となったのである。鍛冶炭の製法について、鍛冶炭は地面を掘って下へ丸太を置き、炭木を横に並べて火をつける。一番上へもみそ(樅)の葉や枝ごみを置き、火をつけたままその上に土をかぶせる。大体炭になったら上から押しつけ消す。(中略)炭は軟かく、火持ちはよくないが、炭火への通気で火力の強弱を自在にすることができ、鉈、鎌、庖丁、刀槍などの鍛冶炭に使われた」と記述している。

津久井町鳥屋の荒井勇氏の談

鍛冶炭は枯らした栗の木を細かく割って、それを一定の場所に積み上げる。その上をスズ竹などで覆い、さらにその上に落葉などを乗せ、一番上を土で覆う。火を一方向からつけ、炭化したら押しつけて消すと出来上がる。江戸時代はほとんどこの製法の鍛冶炭であったようだ。この炭は火の起りが良く、使い良かった。明治時代になって現在の黒窯で焼いた軟かい松炭を使うようになった。

(「文化財」50ページより、傍点は下線に置き換え)


ここで記録されている様な炭窯を築かずに炭焼を行う方式については「木炭の博物誌」でも「ボイ炭やき」という名前で紹介しており、この方式で焼いた炭は「軟質で、もろく、火つきはよいが長持ちしない。そして細かくくだけた炭が多く、わが国では鍛冶炭、炬燵(こたつ)(うも)れ火、練炭・豆炭の原料などに使われていた。」(135〜136ページ)としています。津久井県の炭焼については先日紹介した通りですが、比較的廉価に生産していた鍛冶炭がこの様な方法で焼かれていたという証言は、当時の炭焼事情を考える上では重要な手掛かりとなりそうです。

「文化財」の記すこの「かんずみ」の製法が当時津久井県全域で行われていたのか、更には津久井県に隣接する地域にまで広がっていたのかは定かではありません。ただ、如何に渓谷で隔てられているとは言え、「ナラサス北遺跡」の位置が一部津久井県域にかかっており、すぐ隣が「文化財」で証言が紹介されている鳥屋村であることからは、この「横穴式炭窯」が出土した地域も通常は「ボイ炭やき」を行う地域と重なっていた可能性が高いのではないかと思います。

「予察」の指摘通り、神奈川県域での炭窯の発掘事例が少ない現状では、この地域に何故横穴式土窯が多数築かれたのかという疑問を解き明かすのは難しいのが現状でしょう。敢えて考えられるところを記しておけば、出土した炭窯が何れも土窯であることから、少なくとも「白炭」を焼くための窯ではなかった可能性が高いものと思います。「備長炭」に代表される「白炭」を焼く窯は石窯を使うのが基本で、これは最後の「ねらし」で一気に空気を送り込んで1000℃にも達する高温とする過程を含む関係で、黒炭を焼く様な土窯ではこの高温に耐え切れない虞があることによります。「報告書」を見る限り、こうした高温への対策のための石積みなどは炭窯跡から出土しなかった様ですから、焼かれていた炭は「黒炭」ということになるでしょう。

しかし、「黒炭」の一種である「かんずみ」を専ら炭窯を使わずに「ボイ炭やき」で焼いていた地域にあって、敢えてこの様な炭窯を造っていたということは、これらの炭窯では通常この地域から「かんずみ」として出荷している炭とは違う性質の炭を焼いていたのかも知れません。宮ケ瀬村の南隣の煤ヶ谷村では「御用炭」を焼いていたことは前回確認しましたが、その炭が白炭であったのか黒炭であったのかが確認出来る文書は残っていない様です。ただ、それが黒炭であった場合には、「かんずみ」の様な粗い炭が「御用」に耐えられるとは考え難いことから、炭窯を造って焼いていたのかも知れず、その場合に宮ケ瀬村の様な「横穴式土窯」が用いられていたではないか、という気もします。あるいは、かつての煤ヶ谷村域でも江戸時代には「横穴式土窯」が造られていたのかも知れません。

煤ヶ谷村とは違って宮ケ瀬村や津久井県の村々が「御用炭」を納めていたとする記録はないので、その様な「高級」な黒炭が焼かれていたとすれば、その旨の注文を何らかの形で請け取って焼かれていたことになるでしょうが、今のところその様な推察を裏付ける史料は見つかっていません。発掘された炭窯について、「予察」では次の様に記しています。

ところで、こうした歴史的状況において検出された炭窯の歴史的な位置付けは、どのように考えられるのであろうか。ナラサス遺跡で検出された炭窯については、元文2(1737)年4月の青山村との山論の際、その原因となった「奈良さすたいら」の畑内に構築された炭窯との関連が指摘できる。しかし、ナラサス遺跡の炭窯は宝永のスコリアとの関係から、1707年以前の年代が与えられており、時間的にずれが生じる。この矛盾をどう解決するのか今後の課題である。また、ナラサス北遺跡で検出された大規模な炭窯群は、当時の宮ケ瀬で炭の大量生産が組織的に行われたことを裏づける資料になるものと考えられるが、管見した近世文書にナラサス北遺跡の場所や炭窯群での炭焼きの内容を記したものがなく、推定の域をでないのである。

(「予察」263ページより)


とは言え、こうした多数の炭窯遺構が、この地域での炭焼が極めて盛んであったことを物語る存在であることには違いはありません。「予察」では宮ケ瀬村や煤ヶ谷村などに伝わる数々の文書を分析して当時の宮ケ瀬での炭焼について解き明かされており、この山深い秘境の渓谷に位置する村でも炭焼が江戸時代の主要な産物であったことが窺い知れます。この地域でどの様な炭焼が行われていたのかを考える上では、発掘された横穴式土窯はやや特殊な例ということになるのかも知れませんが、かなりの基数の炭窯が発掘されていることからは、ある程度の期間にわたって相当量の炭を量産していたことは確かです。その点で、これらの炭窯遺構から産出されていた炭が宮ケ瀬渓谷での炭焼の中でどの様な性質を持っていたのか、課題を投げ掛ける存在と言えそうです。


相模国の炭焼について、当初の予定よりも大分長くなってしまいました。次回相模野の炭焼と近世以降の動向を簡単に取り上げてまとめとする予定です。

  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

「新編相模国風土記稿」産物に記された「炭」(その6)

前回に引き続き「新編相模国風土記稿」に記された相模国の炭について見ていきます。今回も前回に引き続き、愛甲郡の炭焼について、特に家康の由緒に関してもう少し掘り下げてみます。

前回は三増村の「御炭山」の位置が「三増峠」の東にあることを示したところで終わりました。「風土記稿」に引用された「甲陽軍鑑」の記述によれば、この辺りは小田原北条氏の頃には芝山になっていたとしており、その後国境の峠の見通しが良いのは軍略上は拙いとする徳川家康の指摘に従い、雑木林にするべく植樹されたとする「大三川志」や古老の言い伝えを引用しています。実際は三増峠は「風土記稿」にある通り愛甲郡と津久井県の間にあり、甲相国境にある訳ではないので、この点は家康が位置関係の誤認を前提にして指示を出したことになりますが、何れにせよ家康の命によって一帯が林になったという訳です。

「風土記稿」で引用されている「甲陽軍鑑」は口述を主体としていることから、細部の記述を史料として扱う場合に問題があることが良く指摘されています。また、「大三川志」も家康没後100年以上経った後の編纂で、「甲陽軍鑑」を参照し得る位置付けにあることが気になります。「徳川実紀」にも

甲相の境なる三增峠といふ所は。そのかみ武田信玄小田原へ攻入し後は。たゞ童山にてありしを御覽じ。北條家末になりて武畧疎きをもて。かゝる山を荒廢せし め。武田が爲に責入られしなり。樹木の茂らんには信玄いかで押入べき。この後は山に木を植そへて林にせよと命ぜられしなり。(常山記談。)

(東照宮御實紀附錄卷五、「J-TEXTS 日本文学電子図書館」より引用)

と記されているものの、この「常山記談」もまた後年の編であり、史料としては「大三川志」と大差ない位置付けということになります。

三増峠と中原付近の放鷹地の位置関係
三増峠と中原付近の放鷹地の位置関係
中原道は後年の道筋で
天正18年時点のものと同一と言えるかは不詳
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
「大三川志」は家康が天正18年(1590年)7月29日に鷹狩をしながら三増峠を見たとしていますが、これは家康が小田原を陥れた後に江戸へと移動中のことであったことになります。この時の家康の移動ルートの詳細は不詳ですが、後に家康が好んで鷹狩を行うのは中原周辺の豊田から田村の渡しにかけての地域で、この時もその道すがらで鷹を放ったと仮定しても、この辺りから三増峠までは20km以上も離れています。三増峠の現在の標高は約320mあり、標高10m程度の中原周辺から見た時に、その間には三増峠の眺望を阻害しそうな標高の山はなさそうなので、地形上は見えてもおかしくはないと言えます。もっとも、夏の湿度の高い盛りに江戸に向けて移動している点からは、よほど視界良好でないと見えなかったのではないかという懸念もあります。

ただ、家康がこれだけの遠方から三増峠を見通せたとするのが事実ならば、遠目でも峠の位置が視認出来る程度に、かなり広範囲にわたって柴山になっていたことになるでしょう。その場合、後に「御炭山」となる三増峠の東側も、位置関係から見てこの頃はまだ柴山であったことになり、とても炭を出せる状態ではなかったことになります。因みに、「甲陽軍鑑」の記述通りであれば「三増峠の戦い」が起った永禄12年(1569年)には既に一帯が柴山と化していたことになり、家康が同地を目撃したとする天正18年時点でも引き続き森林にはなっていなかったとするところから、20年以上同地が柴山として使い続けられていたことになります。つまり、これらの書物の記述の通りなら、前回見た煤ヶ谷村の例ともども、これも小田原北条氏の治政下でかなり広範囲にわたって森林資源に強い負荷がかけられていたことを裏付ける景観ということになるのかも知れません。

また、この記述の通りなら、この地が「御炭山」として使われる様になるには柴山が雑木林になってからということになりますので、相応に年月を経てからということになりますが、慶長年間(1596〜1615年)には炭の産出が可能な状態になっていたとすれば、10年程度で炭焼用の炭材を出せるだけの雑木林への転換を果たしたことになります。これは戦国時代末期に既にそれだけの造林技術を家康一行が持っていたことを意味するのですが、上記の様に史料としての位置付けに課題があることから、更に裏付けとなる史料を探す必要があると思います。「風土記稿」に引用された一連の文献は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての、「御炭山」を含む相模国の山林の変遷を考える上では非常に気掛かりな記述であることは確かです。



さて、「風土記稿」の三増村の項では、「又左衞門、三郎左衞門、市右衞門」という3人の農民を家康の旧領から連れてきてこの地に住まわせて炭を納めさせたとしており、その子孫に伝わる文書が掲載されています。家康は関東へ転封される以前には三河や駿河、遠江などを所領としていましたが、以下で取り上げる文書の記述からは三河国の農民であった可能性が高そうです。では、何故彼ら3人をこの地へ移住させる必要があったのでしょうか。

「御炭山」に指定された5ケ村は、戦国時代に炭の産地であった煤ヶ谷村からさほど隔たっている訳ではありません。戦国時代に炭焼の実績が多々あった煤ヶ谷村からも、江戸時代初期には江戸城に御用炭を納めていました。例えば同地には寛文元年(1661年)12月の請書が次の様に伝えられています。これによれば、明暦元年(1655年)から3ケ年で合計330俵の御用炭を江戸城が確かに受け取ったと証されています。

請取申上納炭之事

合三百三拾俵   但壱俵三歩入

右是明暦元未之歳ゟ酉之年迄三ケ年分、前々ゟ煤ヶ谷村ゟ引付ニ而上納仕由、当丑年請取御本丸御用遣申者也、仍如件、

御賄勘定役人

寛文元年十二月十日

木村藤左衛門(印)

(他4名連署略)

坪井次(右)衛門殿   長谷川藤右衛門(畏守)(印)

(「神奈川県史 資料編6 近世3」529ページより、変体仮名は下付字とし適宜漢字に置き換え)


しかし、煤ヶ谷村には5ヶ村の様には諸役御免の特権は与えられませんでしたし、「風土記稿」もこの「御用炭」については何も触れていません。これに対して5ケ村には敢えて旧領から人を連れて来て炭を焼かせ、その炭に対して特権を与える格差が存在したことになります。

これについては、相模国内での炭焼に何かしらの不足を感じ取ったために、それを補わせる役目をこの3人に担わせた、と考えるのが妥当なところでしょう。当時の相模国の炭焼技術について具体的に記述した史料が見当たらないので、実際にどの様な技術がこの時に伝えられたのか、またそれまで同様の技術が相模国になかったのかは明らかになりません。飽くまでも史料上に伝わる人の動きから技術の動きを類推する以上のことは出来ませんが、武士が帰農したのではなく農民をわざわざ連れてきたと記すことからも、そこに特定の技術導入の目的があったと見るのが自然な流れです。

そして、この炭が茶の湯の席で使われたことと考え合わせると、やはり茶道の「炭点前(てまえ)」に耐えられる炭を焼く技術を持ち合わせた人間を連れて来たと見るのが一番筋が通りそうです。茶の湯において当時から炭の形・質・組み方・火相などが観賞の対象となっていたことは、最初に「日本木炭史」を引いて紹介しました。上記の三増峠の件と併せて見た時には、山林の資源管理技術を持った人間を入植させた線も考えられるのですが、それであればこの3名が炭に特化して名が伝えられることもないと思いますので、やはり炭の質に関しての技術を導入する方に主眼があったのだろうと思われます。

その際に気になるのが、小田原には一時的にせよ、千利休の高弟である山上(やまのうえ)宗二が来ていたことです。豊臣秀吉の怒りに触れて高野山経由で逃れてきた宗二が身を寄せた先が小田原であり、その著書「山上宗二記」にも炭の点前に使う「炭斗(すみとり)」が記されていることからも、彼が小田原の北条氏政・氏直親子の前で茶を点ててみせていれば、炭点前について知らせる機会はあったものと思います。

Hondō of Sōun-ji.jpg

箱根・早雲寺本堂
この地で惨殺された山上宗二の追善碑がある
(By 立花左近 - 投稿者自身による作品,
CC 表示-継承 3.0, via Wikimedia Commons
ただ、宗二が高野山に逃れてきたのが天正16年(1588年)頃、小田原に入るのはそれ以降で、翌々年の天正18年には小田原包囲に際して箱根湯本の早雲寺で秀吉と再び面会するも、改めて秀吉の怒りを買って惨殺されてしまいますから、宗二が小田原にいたのは僅か2年足らずのことです。それでなくても小田原は秀吉との応対に追われている頃であり、茶の湯炭のために新たな炭焼技術を導入する様な余裕は、時間の面でも労力的な面でも到底なかったでしょう。少なくとも、家康が改めて炭焼技術を導入しようとしていることからは、それ以前に宗二をはじめ小田原を訪れたであろう茶人たちが炭点前に耐えられる炭焼をもたらした可能性は薄いことになりそうです。

ところで、「御炭山」5ケ村の由緒の委細について、「神奈川県史 資料編9 近世(6)」所収の史料番号125「愛甲郡下荻野村炭山由緒村方先規仕来書上帳」の冒頭に次の様に書き記されています。因みにこの文書は、天保5年(1834年)に下荻野村で御炭山の支配について争議が起きた際に山中役所に提出されたものですが、5ケ村ではこうした争議などが起きる度に「御炭山」の由緒について繰り返し書き記して関係する役所に都度報告してきたことがわかります。

御炭山御由緒之義、乍恐

権現様三河国ゟ御入国之節、又左衛門・三郎右衛門・市右衛門申者御供仕、三増郷住居仕、三河国御吉例ヲ以、三増郷最寄三増村・上川入村・荻野村三ケ村ニ而山見立、御茶湯炭焼立、右三ケ村ニ而炭六百俵

御本丸御上納仕候御由緒ヲ以、慶長八卯年八月伊丹利右衛門(勝重)様・木部藤左衛門(直方)様ゟ黒印の御書附、三増郷千石之処、御鷹飼之廻り大、惣別諸役御免之御書附被下置候、

御炭山焼場之義、 三増村又左衛門・上川入村三郎右衛門・下荻野村市右衛門焼場由御座候、然ル処、三増村・上川入村・下荻野村右三ケ村共、文(禄)元年辰五月ゟ中原御代官成瀬五左衛門(重能カ)様御支配相成、慶長八卯二月御検地御縄入相成申候、

(上記書856〜857ページより、、変体仮名は下付字とし適宜漢字に置き換え)



これによれば、「御炭山」で焼かれた炭600俵は「御本丸」へと送られたとしていますから、主な送付先は江戸であったことになります。基本的には江戸城での茶の湯の席でこれらの炭が用いられたことになるでしょう。


豊田本郷・清雲寺の位置
「新編相模国風土記稿」卷之43大住郡豊田本郷村清雲寺銚子杯之図
「風土記稿」卷之四十三 大住郡卷之二
豊田本郷の項より清雲寺・銚子杯之図
(「国立国会図書館デジタルコレクション」より
該当箇所を切り抜き)

他方で、家康が相模国で鷹狩を楽しむ際は中原御殿を使うことが多かったのですが、御殿の造営前は豊田本郷の清雲寺が宿泊に用いられていました。中原御殿造営後もこの清雲寺に鷹狩後に立ち寄って茶を点てていた様です。「風土記稿」では造営後の由緒の方が記されていますが、地元の名主家に伝わる文書からは、それ以前から利用されていたものの様です。

◯淸雲寺 豊年山と號す、臨濟宗、鎌倉壽福寺末、開山樂林妓、文明十三年七月十一日卒、本尊釋迦、慶長四年二月十日、東照宮中原御殿御逗留ありて、此邊御放鷹の時、當寺へ入御あり、境内の井水、淸冷なりとて御茶の水に召上られ、是より當寺を御茶屋寺と稱せり、其時寺領十石の御朱印を賜はり、旦銚子杯を賜りて、今に寺寶とす、其圖左の如し、

(卷之四十三 大住郡卷之二 雄山閣版より)


中原周辺は水田地帯で林が少ない景観ですから、点前に必要な炭は多少なりとも山間から取り寄せるしかなかったでしょう。後に御殿周辺で御林が多数造営される様になったものの、これらは何れも建材として利用する目的の松林で炭焼用の雑木林ではありませんでした。「御炭山」の属する各村が後に中原代官の所領となった際に檢地を行ったことが上記の文書に記されていますが、恐らくは中原での家康の茶の席で用いる炭もこの「御炭山」から供給されたのではないかと思われます。

後に「佐倉炭」が相模国の炭焼に学び、江戸時代の東の茶の湯炭としての地歩を固めていくのも、恐らくはこの「御炭山」の系統の炭焼技術だったのでしょう。残念ながら、この「佐倉炭」にしても、「木炭の博物誌」によれば現在では「技術を失った」(117ページなど)とされていますので、当時の技術の実態を明らかにすることは困難になっている様です。

なお、上記文書で見られる様に中原代官であった成瀬家の預かる地となったこの5ケ村については、その後中原代官が廃止されると元禄年間から越智清武(上野館林藩)や牧野成貞(下総関宿藩)の所領となり、その後も所領が転々と交替します。「御炭山」からの炭の貢上が廃止されて代永銭を領主に納める様になったのは、幕領から私領に切り替えられて以降の元禄11年(1698年)の頃からで、直接的には幕領ではなくなったことが代永への切り替えの理由とされています。

しかし、「日本木炭史」に見られる様に、この頃には江戸での炭の消費が既に飛躍的に伸びていたことから、幕府でも増大する炭の需要を確保することに腐心しており、元禄の頃には既に「天城炭」を始め関東各地の炭が流入する状況になっていました。そうした中では相模国の「御炭山」から産出される炭の地位も相対的に下がってしまい、幕府の「御用炭」としての役目を終えてしまったことも、代永への切り替えの背景にはある様に思えます。

その一方で、炭貢上による助郷や鷹飼人足などの諸役御免はそれ以降も幕末まで堅持されました。「厚木市史 近世資料編(5)」には、これらの村々が享保年間以降に免除された諸役の一覧が挙げられていますが(422ページ)、周辺各村が助郷の負担に苦しむ中で一貫して人足や役金の負担を免れていたことが窺え、「御炭山」を擁する各村に齎した恩恵は小さなものではなかったと言えるでしょう。



さて、「風土記稿」の中荻野村と下荻野村の項では、この「御炭山」に「東照宮」を祀っていたことが記されています。神格化された家康が現地で祀られていた訳ですね。中荻野村に2体、下荻野村に1体の石祠であったとしていますが、このうち下荻野村の1体については天保5年(1834年)5月の日付を持つ「下荻野村公所・子合持御炭山東照宮絵図」という文書が伝えられています(「厚木市史 近世資料編(5)」423ページ所収)。ここには寛政12年(1800年)4月に奉納された「権現様石宮」の正面図が描かれ、「惣丈弐尺三分」(約69cm)間口「壱尺」(約30cm)奥行「壱尺七寸」(約51cm)その他屋根部などの細部の寸法が記されています。そして、名主、組頭、百姓代2名の名前が刻まれていたことが記されています。この絵図には更に木製の鳥居・石灯籠2体(それぞれ文化2年と文政11年の奉納日が刻まれる)、そして他の社地に設置された石碑等の正面図が併せて記され、この東照宮がかなり手厚く、また長期にわたって祀られてきていることがわかります。因みに、この文書が作成された天保5年は上記の下荻野村の争議の年に当たっており、この絵図は恐らくその争議に際して下荻野村の「御炭山」の由緒を代官宛てに明らかにする一環で記されたのでしょう。


厚木市上荻野・荻野神社(ストリートビュー
これらの「東照宮」が現在に伝えられているか、「厚木市文化財調査報告書第42集 厚木の小祠・小堂」(厚木市教育委員会 2003年)の荻野地区の小祠の一覧を確認したところ、1体だけ「東照宮」と呼称されている小祠が現存することが記されていました(222ページ)。それによると、現在は荻野神社の境内に安置されており、総高81cmと石祠としては比較的大形のものです。右側面に「中荻野/馬場中」、左側面に「元和八年(1622年)壬戌建立/嘉永四年(1851年)辛亥再建」と刻まれており、徳川家康が亡くなった元和2年から6年後には祀られる様になり、その後恐らくは幾度かの更新を経てきたその最後の石祠ということになるでしょう。ただ、掲載されている平成12年撮影の写真などから窺える限りでは、これが「東照宮」であることが確認出来るものが付属していない模様で、この石祠については荻野神社を訪れた方々のネット上の訪問記でも話題にされていない様です。荻野神社はかつては「石神社」と呼ばれ、上荻野・中荻野・下荻野3村の鎮守であったことから、この「東照宮」をかつての「御炭山」から遷すことになった際に荻野神社の境内が選ばれたのでしょう。

「厚木の小祠・小堂」では、荻野地区の「東照宮」と記された石祠が1体しか記載されていないため、残りの2体の行方については明らかに出来ませんでした。ただ何れにせよ、これもかつての「御炭山」の存在を現在に伝える史蹟と言えそうです。

次回は、かつての宮ケ瀬周辺で大量に発掘された江戸時代の炭窯跡を取り上げる予定です。

  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

「新編相模国風土記稿」産物に記された「炭」(その5)

前回に引き続き「新編相模国風土記稿」に記された相模国の炭について見ていきます。今回から愛甲郡図説に取り上げられた村々の由緒を確認します。

愛甲郡図説で炭の産地として挙げられた村々
愛甲郡図説で炭の産地として挙げられた村々(再掲)
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
山川編でのみ取り上げられた足柄上郡・下郡の各村のうち、各村の記述で炭焼について触れられていたのは宮城野村と土肥吉浜村のみでしたが、愛甲郡の6村については一転してどの村も記述が厚めになっています。結論を先に書いてしまえば、愛甲郡の村々が炭の産地として「風土記稿」に取り上げられたのは、各村に伝えられる「由緒」の故であることが、山川編や愛甲郡図説の文面に既に見えています。その点で、この6村は他の郡の炭焼とは一線を画す存在と言えます。

この由緒は、煤ヶ谷(すすがや)村(現:清川村煤ヶ谷)と、それ以外の三増(みませ)・角田・田代(以上、現:愛川町)・中荻野・下荻野(以上、現:厚木市)の5村の2種類に分けて見ることが出来ます。まずは戦国時代末期の由緒を伝える煤ヶ谷村から先に見てみましょう。ここでの「風土記稿」の記述は由緒を示す文書の引用が特に長くなっていますが、今回は敢えてその部分も可能な限り含めます。なお、一部の文書で村名が「すゝがき」と記される例がある点についても「風土記稿」中で別記されていますが、ここでは省略します。

北條氏分國の頃は

  • 板倉修理亮 【役帳】曰、板倉修理亮十五貫文、中郡煤ヶ谷領家方下古澤共、大普請時半役六十三貫三百八十文、同所癸卯檢地增分、此役重而惣檢地上改可被仰付以上、七十八貫三百八十文、
  • 井上加賀守 六十五貫七百五十文、煤ヶ谷井上加賀守地所吉澤共、此内九貫四十七貫七百五十文、癸卯檢地增分、
  • 同雅樂助 十二貫七百五十文、煤ヶ谷地方井上雅樂助、此内九貫七百五十文、癸卯檢地增分

等知行す、其頃村民炭を燒て每年十二月小田原に貢ぜし事、

  • 元龜二年十二月 名主傳兵衞所藏文書曰、傳馬八匹無相違可出之、御臨時之炭自煤ヶ谷參分被召寄、御用可除一里一錢也、仍如件、未十二月二日自厚木小田原迄、宿中幸田奉之、
  • 天正元年十二月 傳馬十二匹可出之每年相定すゝがき炭五十俵被召寄御用也、仍如件、癸酉十二月すゝがより小田原迄江雪奉之、
  • 五年十二月 傳馬八匹可出之すゝがき炭届用可除一里一錢者也、仍如件、丑十二月十六日すゝがやより小田原迄宿中、
  • 十三年十二月 傳馬十二匹可出之每年被召寄、すゝがき炭五十俵被召寄、御用也、仍如件、酉十二月すゝがきより小田原迄宿中江雪奉之、以上數通の文書、皆北條氏の傳馬朱印を押す、

の文書に見えたり、今も土人農隙に是を燒活計となせり、白炭と呼り、又此地良材に富るを以て小田原に運致せし事、

  • 天正七年五月 御備曲輪御座鋪幷塀材木…以上貳百卅三丁、木數以上貳百七拾七人、山造口養四貫七百九文、坂間鄕寅歳年貢秩父前より可出、以上五百五十四人、人足、以上右來六月晦日を限而必可爲出来、然者材木之寸方少も無相違樣堅可申付候、若於妄之儀者奉行人可處巖科者也、仍如件、天正七年己卯五月二十六日山奉行、板倉代井上代安藤豐前奉虎朱印あり、按ずるに、文中地名を載ざれど、板倉井上は其頃の地頭なれば、當所の山より出せしは論なし、
  • 十六年七月 三間梁百間之御藏材木、煤谷へ申付分二百八十本、柱長九尺五寸方五寸、山造九十三人、人足五百六十人、五十丁、棟木土臺長二間方四寸、六寸、同廿五人、同百人、六十丁、棟木長二間方五寸、同三十人、同百二十人、百丁、短柱長二間方五寸、同五十人、百丁、小貫立長八尺五寸方四寸、此代二貫文、以上百九十八人、山造口養三貫三百六十六問、以上九百八十人、人足、倩賃、十九貫六百文、以上二十六貫九百六十六文、右八月廿日可爲出來、此日限至于蹈越可被懸巖科者也、仍如件、天正十六年戊子七月十三日、板倉殿安藤豐前奉、虎朱印、

の文書に所見あり、

◯舊家傳兵衛 世々里正を勤む、北條氏より炭材木等の事に依て出せし文書七通其分前に出す及豐太閤の制札を藏す 先祖は井上氏なりしが按ずるに、【役帳】に當所の地頭井上加賀守、同雅樂助とあり、是等の支族なる歟、御打入の頃氏を改て山田千阿彌宗利と號し、當村に在て豆州金山より出す材木及炭等の御用を奉りし人に附屬して其事を辨ぜしとなり、夫より子孫連綿して今に至る、

(卷之五十八 愛甲郡卷之五 以下「風土記稿」の引用は何れも雄山閣版より、扱いも以下同じ、適宜リスト化して整形、…は中略)



愛甲郡清川村煤ヶ谷の位置(Googleマップ
「日本木炭史」では、この4件の文書について「新編相州古文書」という文献から引用していますが(91〜93ページ)、この「新編相州古文書」は元来が「風土記稿」の編纂に当たって各村から収集した文書を書き写した史料集です。「日本木炭史」に載っている他の史料を勘案しても、恐らくこれらの文書が、相模国での炭焼の行われていた具体的な地名が確認出来る最も古い記録ということになるでしょう。勿論炭焼自体はそれ以前から相模国内でも各所で行われていたに違いありませんが、元亀2年(1571年)以前については今のところ裏付けを取ることは出来ないことになります。年代的には小田原北条氏の4代目氏政から5代目氏直の頃に当たります。

煤ヶ谷から小田原までの道筋(概念図)
煤ヶ谷から小田原までの道筋(概念図)
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
これらの4通の記録によれば、煤ヶ谷で焼かれた炭は伝馬によって小田原まで運ばれたことになります。当時の継立場がどの村に配置されていたかなど、具体的な経営実態は不詳ですが、煤ヶ谷からは伊勢原まで下って矢倉沢道へと出て(この間約2里半)、ここから更に関本を経て小田原までは7里程にもなりますから、かなりの長距離を陸送したことになりそうです。輸送量や積み荷へのダメージを考えると、あるいは煤ヶ谷から玉川沿いに岡田へ向かい、そこから相模川の水運に載せて小田原まで運んだ方が、多少遠回りでも利があったのではないかとも思えますが、少なくともこれらの文書からは、水運を部分的にでも活用したことを窺う事は出来ません。


また、この地は良材の産出にも長けたとしており、小田原からの求めに応じて伐り出した木材を運び出していたことを明かす文書が2通掲載されています。その際に併せて莫大な数の人足を求められており、この村にかけられた負担がかなり大きなものであったことが窺い知れます。更に、運び出す前に狂い無く採寸することが求められており、角材などの形にしてから出荷していたことがわかりますが、煤ヶ谷から小田原までの距離を考えると、折角製材しても運送中に傷が付くなどの影響などはなかったのかが気になります。もっとも、そもそも陸路しかない地から丸太のままで木材を運び出すこと自体が極めて困難であることを考えれば、予め多少なりとも製材して細分化しないことには搬出出来ないという事情が優先されたのかも知れません。因みに、一旦製材した後は水気に曝してしまうと寸法に影響が出てしまいますから、この状態にしたものを運ぶ以上は水を被りかねない海路を行く訳に行かず、やはり陸路を考えていたことになりそうです。

ともあれ、煤ヶ谷から小田原までのこの距離を考えると、確かに優良な森林資源の供給地ではあったのでしょうが、それにしてももっと近隣にも供給地があった筈ではないかと考えたくなります。江戸時代になって、足柄上郡での炭の産地が多々記録されている状況から見ても、距離的にはこれらの地の方が近傍にあるのですから、炭の供給の主力になりそうなのは戦国時代にあっても足柄上郡・下郡域の方が先であってもおかしくはありません。しかし、江戸時代の消費量に比べれば煤ヶ谷の4通の文書に記された炭の量は決して多いとは言えませんが、煤ヶ谷村に同様の文書が複数残っている状況からは、この遠隔地からの炭の供給が常態化していたことがわかります。

戦国期の類似の文書が相模国内の他の地に伝わっていませんので、当時の相模国の炭や他の森林資源の供給状況の全貌はわかりません。しかしながら、小田原からこれほど離れた地に対して多大な負担を強いて炭や木材を供給させていることからは、あるいは小田原に近い山の木々がかなり伐り尽されてしまっていて、遠隔地にまで手を広げないことには小田原の求めに応じられない程になっていたのかも知れません。無論、その背景には氏政の頃に小田原北条氏の勢力が関東一円に拡大していたため、その戦力に必要となる武具の生産が更に必要であったこと、小田原の町も相応に人が集まり、都市化が進んでいたこと、武田氏による小田原包囲時の城下への放火による建物への損耗などの影響があったと考えられるでしょう。

「風土記稿」では、江戸時代に入ってからも煤ヶ谷村が炭焼を行って農間渡世をしていることを書いていますが、同村の延享元年(1744年)12月の村明細帳でも

一男耕作之間ニ者白炭・鍛冶炭・真木・薪勝手次第山稼仕、厚木町市場道法弐里余附出シ売代替渡世送り申候、

(「神奈川県史 資料編7 近世(4)」541ページより)

と記し、白炭や鍛冶炭を焼いていたことを記しています。この時の主な搬出先は厚木までの2里あまりとされており、この距離であれば当時の炭の搬出距離としては比較的近傍であったと言えるでしょう。厚木の町で消費される分に留まったのか、それとも厚木から更に相模川の水運に載せられて江戸まで送られていたのかはわかりません。

他方、三増・角田・田代・中荻野・下荻野の5村の由緒は何れも徳川家康の東国入り後の動きに関するものです。以下、長くなりますが「風土記稿」から関連事項も含めて一通り書き出します。
  • 中荻野村(卷之五十七 愛甲郡卷之四):
    • 御打入の頃より年每に炭を貢せしを以て、諸課役を免除せらる炭百二十三俵を貢せしが、元祿十一年より炭代永を納む、詳なる事は三增村の條に出す、
    • ◯御炭山 西方上荻野村を隔て、角田村に跨れり高十八町峯を界とす、是も下荻野村と入會なり、御打入後此山にて御茶事に用ゐられし炭を燒て貢す當村及三增・角田・田代・下荻野五村より六百俵を貢す、詳なる事は三增村の條に出す、故に此名あり、山中に東照宮を勸請し奉る石の御祠三所二は當村一は下荻野村持、
  • 下荻野村(同上):
    • 當村も前村と同く炭を貢せしを以て諸課役を免除せらる炭六十九俵を貢せしが、元祿十一年より炭代永を收む、
    • ◯御炭山 同[西]方上荻野・中荻野二村を隔てあり、是も前[西山]と同く中村と入會なり山中に東照宮を勸請し奉れる事、旣に前村に云へる如し、
  • 角田村(卷之五十八 愛甲郡卷之五):
    • ◯御炭山 南にあり登十三町程、 中下荻野二村持の御炭山に續き峰を界とす、一に鹽河山志與久可宇也末と云、御打入の後此山にて御茶事の炭を燒て貢ず、故に村民傳馬夫役を免除せられて今に然り當村炭數百二十俵元祿十一年より代永を領主地頭に收む、猶三增村條に詳載す、
  • 田代村(同上):
    • 御打入の頃より炭を貢ずるを以て諸の課役を除かる三增村條に詳載す
    • ◯御炭山 三所にあり、中下荻野・角田・三增等の村々と同く公に炭を燒し所なり當村六十俵を貢ず、後年永錢を地頭に收む、詳なる事は三增村條に辨ず、按ずるに永祿十二年十月三增合戰の時、北條衆當所の山に敗走せしこと、【關八州古戰錄】に見えたるは曰、…以上山々の内なるべし、
  • 三增村(同上):
    • …[天正]十八年小田原陣の時五月豊太閤制札を與へ見まし村と記せり六月東照宮よりも亦賜はれり本多中務少輔忠勝、平岩七之助親吉、戸田三郎右衛門尉忠次、鳥居彦右衞門尉元忠等奉て連署す、御打入の後諸の課役を免除せらる、是每年炭を貢ずる故なり詳なる事は御炭山の條に出す、
    • ◯御炭山 北方にあり登五町程御打入の時三州より從ひ奉りし農氏三人又左衞門、三郎左衞門、市右衞門と云、子孫今村民にあリ、彼地の舊例に據て當村の山十八町、及角田田代中荻野五村(ママ)の山にて御茶事の料に充らるゝ炭を燒て、年每に六百俵を貢ず當村二百二十八俵據て慶長中諸課役を除かる村民又七所藏文書曰、先日者大儀候然者御茶之湯炭御やき候に付て、見ませ千石之所、御鷹之え之上り犬惣別萬諸役引申候間、其分御心得可有之候爲其如斯狀進し候以上、猶々上り上り犬惣別之諸役引申候間每年其分御心得可有候以上、卯九月十日みませの鄕又左衞門殿、九郎右衛門殿、參木部藤左衛門華押、伊丹理右衞門華押 按ずるに、又七小野澤を氏とし、祖又七は天文十二年八月十日死し、今に連綿すと云、享保十三年にも伊奈半左衞門忠達承り改て免除の下知あり相州愛甲郡三增村・角田村・田代村・中荻野村・下荻野村右五ケ村、此度人馬相免候儀者、先年權現様御入國之節三河國より又左衞門、三郎左衞門、市右衞門御供仕、其上御茶之湯炭御吉例として六百六十俵宛御本丸江每年御上納仕候譯に付、朝鮮人琉球人數度之來朝之節、人馬御免幷御鷹御用何に而も御免被下候趣願出候に付、願書留置相免者也、享保十三年申二月 加藤武治右衛門栗田彌藤治池田文八郎今本書は失ひて冩を藏、 元祿十一年より炭代として、永錢を領主に納む、今も山中に炭竃あり、
    • ◯三增峠 乾の方志田山御炭山の中間、長竹村津久井縣に屬に跨り、峯を界とす登凡五町、道幅二間、永祿十二年合戰ありしは此麓なり、其頃は芝山なりしを【甲陽軍鑑】大全曰、此時は皆柴山なり、今は大形木立なり云々、 天正十八年七月東照宮關東へ遷らせ給ふの時、此峠を御遠見あらせられ、安藤彦兵衛直次、彦坂小刑部元正或は直道に作る、小栗忠左衞門久次等に命ぜられ、樹木を植しめらる、【大三川志】曰、天正十八年七月廿九日神祖小田原を發し放鷹し給ふ、甲相の境三增峠を望み、永祿中の戰場を遙に望み給ひ、此山森々と茂らざるに依て、永祿中武田信玄備を壘て押通り、北條の兵を敗る、此地敵國の境なれば備有る可き處也北條家武装衰へ此地の見透く如くしたるに依て敗軍す、今より雜木を植茂らせば、敵の軍備も容易には成難しと、安藤彦兵衞直次、彦坂小刑部直道、小栗忠左衞門久次に此山を茂林になす可しと命じ給ふ、又故老諸談其餘の書にも此事見ゆ、其傳異同あれど、意同ければ略す、故に今雜木繁茂せり、

(前文を受けて「同」等と表記したり、表記が欠落している箇所については、その意味する所を[ ]に表記)


5村では何れも、家康が東国入りを果たした後、茶の湯用の炭を焼かせるために「御炭山」を設け、年に5村合わせて600俵余りを貢ずる様になったこと、その見返りに諸役を免ぜられていたこと、そして元禄11年(1698年)から炭ではなく代永銭を領主に納める様になったことを書き記しています。

中荻野・下荻野・角田の御炭山の位置(推定)
中荻野・下荻野・角田の「御炭山」
角田村の「御炭山」については推定地
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
今回はまず、ここで記されている「御炭山」の位置を可能な限りで示します。名前は同一ですが、実際は複数の山が「御炭山」と呼ばれていました。御用地であることを知らしめる意を強く含んでいた地名と言って良いでしょう。

最初に中荻野村と下荻野村の「御炭山」は、何れも上荻野村の北側にある飛地に位置していました。Googleマップ上で厚木市下荻野中荻野の範囲を表示させると、どちらも南側の本村に対して北側にかなり広い飛地が点在していたことが観察出来ます。「厚木市文化財調査報告書 第36集 厚木の地名」(1996年 厚木市教育委員会)によれば、これらの地は明治時代に入っても「炭山」という小字として存続していましたが、中荻野の方はその後「狐平」という小字と合併されました。右の地図ではこの「厚木の地名」の付図から場所を特定しています。現在はこれらの地はゴルフコースになっている様です。

次に角田村の「御炭山」については、「愛川町文化財調査報告書 第15集 あいかわの地名—高峰地区—」(愛川町教育委員会 1985年)では「今回の調査にあらわれなかったもの」として「風土記稿」の引用を掲載(72ページ)しているものの、場所については記載がありません。ただ、中荻野や下荻野の「御炭山」と峰を隔てて接している場所にあったとしていますので、上記の地図ではこの記述を頼りに凡その場所を指し示しています。位置関係としてはこの3村の「御炭山」が相互に近接していたことになるものの、角田村の「御炭山」は中津川渓谷のかなり急な赦免に面しており、また炭窯の設置場所として南面が好まれる中でやや北向き加減なのが気になります。



愛川町田代の位置(Googleマップ

三増の御炭山の位置(推定)
三増の御炭山の位置(推定)
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
田代村については「御炭山」が3箇所にあったと「風土記稿」は記していますが、「愛川町文化財調査報告書 第18集 あいかわの地名—田代地区—」(愛川町教育委員会 1989年)では「その所在ははっきりしない。」(9ページ)と書いており、「風土記稿」にもその場所を推定すべき手掛かりとなるものが見えないため、現在の愛川町田代の町域内の何れかということ以上は不明です。田代村の中間を中津川が流れ、両岸に山が連なる地形であるため、この両岸に分散していた可能性は高そうですが、これも推測の域を出ません。

そして三増村の「御炭山」ですが、これについても上記の「あいかわの地名—高峰地区—」では角田村の「御炭山」同様、「風土記稿」の引用を提示するのみで、その場所については記していません(71〜72ページ)。ただ、「風土記稿」の村の北にあったとする記述と、「三増峠」が「志田山」と「御炭山」の間にあったとする記述から、三増峠の西にある志田山に対し、御炭山が三増峠の東に位置していたことがわかります。右の地図ではこの記述を頼りに凡その位置を示してみました。

ここまでで大分長くなりましたので、この5ケ村の「御炭山」については、次回もう少し掘り下げて検討します。
  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

「新編相模国風土記稿」産物に記された「炭」(その4)

前回に引き続き「新編相模国風土記稿」に記された相模国の炭について見ていきます。今回も前回に続き、足柄上郡や足柄下郡の炭の生産の実情を確認し、「風土記稿」山川編の記述の問題点を取り上げます。

前回は現在の山北町域に属する村々の状況を、同町の町史で確認しました。これらの村々は「西山家(やまが)」に属することになりますが、「東山家」に属する現在の松田町域の炭焼については、同町が発行した「まつだの歴史」に次の様に記されています。

貞享三年(一六八六)「稲葉家引継書」に「松田村の内くぬき林を立置、毎年一念炭焼申し候、炭竃損い候えば、軽奉行これを遣し修覆仕り候、竃数壱口、炭焼八郎右衛門、才兵衛・理右衛門・太郎兵衛・小右衛門」とあり、小田原藩領内でも相当の産地であったことがうかがわれる。

万延二年(一八六一)の史料をみると、小田原領二十四ヶ村の農間稼炭買主の中に、弥勒寺村の市郎兵衛と中山村の源之丞の二名の名前が見える。この者たちは農間稼ぎに炭を仕入れて江戸に扶ちているのである。

松田は炭の生産が盛んだったようで、貞享三年(一六八六)の金手村・山北村・堀之内村(現小田原市)・宮の台村(現開成町)などの村鑑(むらかがみ)を見ると「松田惣領村炭釜手伝人足御用次第出し申候」とあり、炭焼きが盛んであったことがわかる。また大寺村・虫沢村なども炭焼きが盛んに行われていたようである。

一金拾五両也

右は友八炭山仕入金(たし)かに受取り申候、もっとも来る十月中に急度(きっと)五百俵相渡し申すべく候、念のためにかくのごとくに御座候

以上

(文化・文政年間か)九月廿二日

相州大寺村

中津川銀左衛門(印)

白子屋清五郎殿

これは、友八(大寺村の者)の炭山仕入金を確かに受け取った。十月中に必ず五百俵の炭を小田原宿の旅籠である白子屋に納めるというものである。

(上記書137〜138ページより)



松田惣領の位置(「Googleマップ」)
松田惣領は東山家と呼ばれた村々の南に位置し、村内を矢倉沢往還が通じ、継立場としての色合いの濃い村ですが、江戸時代初期には稲葉氏の代の小田原藩の主要な炭焼場であったことが史料に見えています。しかし、史料の日付を良く見ると、惣領での炭焼が盛んであったのは江戸時代初期で、その後は北側の東山家の村々へと炭焼が移っていった様に見えます。あるいはこの地域でも、当初は比較的交通の至便な場所で炭を焼いていたものが、前回見た様な山資源の問題で山奥へと炭焼場が移っていったのかも知れません。実際、前回の引用文中にあった、虫沢村の村民が隣の皆瀬川村にまで入り込んで炭を焼いていた事件も、入会地の炭材の不足が背景にあったと考えられ、炭材の確保が次第に難しい状況に陥っていったことが窺えます。

大寺村〜小田原宿の炭の搬送ルート(推定)
大寺村〜小田原宿の炭の搬送ルート(推定)
青線は甲州道、紫は矢倉沢道、赤は東海道
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
ここで掲載されている大寺村の文書の宛先に小田原宿の旅籠である「白子屋」の名前が登場しますが、この旅籠は十返舎一九の「東海道中膝栗毛」の中でも、小田原に着いた弥次郎兵衛の台詞の中で「おいらァ小淸水(こしみず)白子屋(しらこや)に、とまるつもりだ」という形で紹介されています。この旅籠について他の記録を見ることは出来ませんでしたが、脇本陣であった「小清水」と共に名前が挙がっている訳ですから、それに匹敵するだけの格式を持っていた、比較的大きな旅籠ということにはなるでしょう。この旅籠が発注した500俵の炭は、恐らく旅籠の業務で使う分が主と考えられます。これが1年分と仮定すると1日当たり平均1俵と1/3程度の炭を1つの旅籠で消費する計算になります。1俵当たりの重さが記されていませんので総重量は計算出来ませんが、仮に小さな4貫(15kg)入りの俵としても500俵で7.5トンになり、1日平均20kg程度を消費する計算です。かなりの量である様に見えますが、宿泊客に出す料理の熱源の他、冬場の暖房に火鉢に入れる分など、旅籠で必要となる局面が意外に多いこと、旅籠に宿泊する客の多さを含めて考えると、これでも年間分としてはギリギリということになるのかも知れません。

これは炭の送付先に江戸以外の宛先が具体的に記された史料としては興味深い一例と思います。大寺村からですと、麓の松田惣領まで運び出せば(この間も中津川沿いに2里以上の距離がありますが)、そこから小田原までは矢倉沢道で一旦関本へ向かい、更に甲州道を南下する経路の継立で運び込めるでしょう。とは言え、1俵の重さ次第で馬1匹に積める俵の数も変わりますが、全体で500俵分となると、何れにせよ延べでかなりの回数馬が往復する必要があるでしょうから、その輸送費だけでも馬鹿になりません。また、9月下旬に受注して10月中に500俵納品完了というスケジュールですから、1ヶ月あまりで全ての業務を完了するにはそれなりに人を雇う必要もある筈です。予め相当額の仕入れ金が支払われているのは、そうした必要経費を充当しないことには、これだけの量の炭焼に対応出来ないから、ということになります。


山川編で炭の産地として挙げられた足柄上・下郡のその他の村々
山川編で炭の産地として挙げられた
足柄上・下郡のその他の村々(再掲)
(「地理院地図」上で作図したものを
スクリーンキャプチャ)
さて、「風土記稿」山川編に取り上げられた炭焼の村々のうち、東西山家の全16村については、各村の記述の中では炭焼に触れられていませんでした。これに対し、箱根山中に当たる宮城野村については、「風土記稿」の同村の記述にも

農隙には男は炭を燒、女は蓑衣を製して活計を資く、

(卷之二十一 足柄上郡卷之十 以下「風土記稿」の引用は何れも雄山閣版より)

と記されています。ただ、この村の炭焼の実情については他に史料を見出せなかったため、詳細は不明です。なお、西隣の仙石原村は山奥に位置することと間に仙石原関所がある関係で、通常は炭焼は行っていませんでしたが、弘化2年(1845年)には凶作によって村が困窮する事態となったため、関所に十分一銭を納める条件で一時的に炭焼を行う許可を求めた文書が「神奈川県史 資料編9 近世(6)」に掲載されています(860〜861ページ)。この文書では文化10年(1813年)から3年間炭焼を許可されて困窮時の救いとなったことが記されており、一時的な稼ぎとしてのみ認められていたことがわかります。

もう1箇所、足柄下郡の「土肥山辺」で炭焼を行っていたことが山川編に記されていますが、こちらは「風土記稿」の土肥吉浜村の項に次の様に記されています。

◯土產 △石 △炭土肥鄕中多く燒出せり、都下にて、眞鶴炭と云是なり、

(卷之三十二 足柄下郡卷之十一、…は中略、強調はブログ主)


ここで「真鶴炭」という名称が登場しますが、「風土記稿」の真鶴村の項には

◯湊 東西百十五間、南北二百五間、深二丈餘、 東方を港口とす、港とは稱すれど、他國の廻船入津するに非ず、但風浪に逢ひ蹔し港中に泊するのみなり、當今小廻船八艘、石・薪炭 樒、又湯ヶ原温湯等を、都下に運漕す、魚艇五艘俗に生魚船と唱ふ、漁魚を都下に運致するものなり、を置て運漕に便す、海路の里程、江戸へ三十七里、三崎へ十八里、浦賀へ二十三里、下田へ二十六里、網代へ五里、按ずるに、港名古記に見えず、正保國圖に湊と載す、

(卷之三十二 足柄下郡卷之十一、強調はブログ主)

とあり、真鶴村の湊が保有する小さな廻船が地元で産出する石の他に、近隣で産出する(しきみ)、湯河原温泉の湯とともに、薪や炭を運んでいたことを記しています。

真鶴村については以前足柄下郡の各村から産出する「石」の産地の1つとして取り上げました。安山岩質の溶岩ドームが海中に突出した形になっている真鶴半島に位置するこの村には、当時は小田原藩主が植えさせた黒松林がありました。今は遷移が進んで広葉樹林になりつつありますが、黒松林は積極的に炭材にするものではなく、「風土記稿」の真鶴村の項でも「林 巽方にあり領主の林なり、」(卷之三十二 足柄下郡卷之十一)とこの黒松林の存在以外には記していませんので、炭材を供給出来る林がなかったのが当時の実態でしょう。従って、土肥吉浜村の記す「真鶴炭」は、飽くまでも積み出し港としてその名が冠されていたことになります。

山川編の

足柄上郡東西山家及宮城野村、同下郡土肥山邊にて多く燒、是を眞鶴炭と云、

という書き方では「是を」が指す範囲がその前に登場する村々全てに係る様にも読めてしまうのですが、位置関係から見てもこれは現実的ではなく、土肥吉浜村の記述との整合性からも「土肥山辺」のみを指すと捉えるべきでしょう。とは言え、土肥吉浜村の項の書き方では「真鶴炭」の呼称が江戸で流布していた様に読めますが、実態はどうだったのでしょうか。

この「真鶴炭」の名称が他の文献などに登場する例がないか、可能な限りで探してみましたが、見付けることは出来ませんでした。「湯河原町史 第三巻 通史編」では同町域の炭焼について、地元に伝わる史料を元に6ページほどに渡って記していますが(276〜281ページ)、「風土記稿」に記された「真鶴炭」の名称については触れられていません。同書では文化6年(1809年)の「御用留」の記録を元に、6箇所で全部で27の炭窯を構築し、約10,000俵もの炭を焼いて、山代金120両を入会山のある吉浜・鍛冶屋村に支払ったことが紹介されています。この年には相応の生産規模を誇ったことが窺えますが、実際は炭焼を行う際に根府川関所への願書が必要であったことから、「湯河原町史」では同地の炭焼は断続的に行われていたものと考えられており、その様な状況下では特定の地名が流通時に広く流布する状況はなかなか考え難いところです。

また、最初に紹介した3冊の参考文献のうち、「日本木炭史」では莫大な史料を収集して著されていますが、近世の炭の名称(193ページ)には「相模炭」の名前は書き上げられているものの、「真鶴炭」の名はありません。「木炭の博物誌」には相模国域で産出する炭の名称として「煤ヶ谷炭」「三保炭」が挙げられているものの(214ページ)、やはり「真鶴炭」の名前は出て来ません。無論、まだ探していない書物に登場例があるかも知れませんが、特に「日本木炭史」の様に史料の網羅性の高い文献にすら登場しないとなれば、やはり「真鶴炭」の名が人口に膾炙していた時期が存在したとは極めて考え難いでしょう。

ただ、土肥郷は伊豆に隣接する地ですから、同地の「天城炭」の知名度に対して思うところがあって、それに抗して自分たちの炭を売り込む目的で、石材で著名な積み出し港の名前を炭に冠することを思い付いたのかも知れません。

以上、ここまで津久井県や足柄上郡・下郡などの炭焼の実情を見て来ましたが、これを改めて「風土記稿」の山川編の記述と照して見てみましょう。山川編では足柄上郡の東西山家と宮城野村、足柄下郡の土肥郷の山辺を産地として挙げていましたが、その生産の実情は険しい地形の中から長距離を運び出さざるを得ない制約や、関所の存在などに縛りを受けながら、それでも幕末に向けて次第に生産量が増えていく状況であったことは史料から窺えました。しかしながら、それらの事情の中で産出される炭が、相模国の他の地域、特に前々回に確認した津久井県から産出される炭を差し置いて、相模国の代表的な産物として特記されるだけの特徴を持っていたことを裏付けられる記述には出会わなかったと思います。「山北町史」で一覧化された村明細帳の記述の中には、「白炭」と「鍛冶炭」の名前が見られますので、求めに応じて炭を焼き分けるだけの技量をこの地方も備えていたことは確かでしょう。けれども、そうして出来上がった炭が他の地方から送られてくる炭と比較して特段に優秀であったことを評価する様な記述も見つかりませんでした。

それどころか、足柄上郡・下郡よりも内陸に当たる筈の津久井県の方が、相模川を使った水運を手近に使える分だけ、炭に悪影響を与える陸運の距離を短縮出来ることから、水運が使えない足柄上郡よりも有利な立ち位置にあったとさえ言えます。荒川番所の取り分が5分の1だったのに対し、川村関所の取り分が10分の1と荒川番所の半分だったのも、それだけ山から陸運で運び出すのが困難だったことを領主側も認識しており、こうした事情に配慮していたことを示しています。

足柄上郡や足柄下郡の図説では産物に「炭」が入らなかったにも拘わらず、山川編で改めてこれらの郡の村々が追加されたのは何故なのか、津久井県が産地として取りあげられなかった理由同様に不明です。一連の史料を見る限り、この記述をそのまま当時の相模国の炭の産地の分布として捉えてしまうことには、問題があると言わざるを得ないでしょう。

強いて想像を逞しくするならば、山川編で取り上げられた村々が何れも小田原藩領であったことから、国産方役所の影響を考えてみることは出来るかも知れません。「風土記稿」の編纂に当たっては小田原藩が少なからず協力したと思われること、その結果として産物の記述に少なからず影響が表れたのではないかという見解を以前披露しました。前回見た様に国産方役所は領内の炭の産出についても関与していたことが幾つかの文書に見えていますから、恐らく昌平坂学問所に渡されたであろう領内の産物の一覧には「炭」も入っていただろうと思われます。特に、東西山家の炭の産出については各村の記述にも見えないことから、これらの地の炭焼については国産方役所の様な外部の部署からの情報がなければ、書き加えられることがなかったのではないかと思えます。宮城野村の炭焼や土肥吉浜村の「真鶴炭」も、その過程で山川編で改めて取り上げ直されたのでしょう。

一方、津久井県の村々については幕領として韮山代官所が治めていた期間が長く、文政11年(1828年)に県内の11村が小田原藩領となったものの、太井村(この村は一部が藩領となった)にある荒川番所は引き続き韮山代官所の管轄でした。従って、荒川番所が取り立てていた炭の五分一銭はその後も幕府に納められたことになり、小田原藩は県内の炭の産地を多く所領に得ながらも、国産方役所としては実質的に権限を持ち得なかったことになります。あるいはそのことが国産方から昌平坂学問所へ伝えられた炭の産地の一覧に影響し、結果として津久井県が炭の産地から抜け落ちてしまったのではないか、というシナリオは考えてみることが出来そうです。

さて、ここまで愛甲郡の各村については敢えて触れずに来ましたが、次回はこの村々の炭焼の由緒について見る予定です。

  • にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

↑「にほんブログ村」ランキングに参加中です。
ご関心のあるジャンルのリンクをどれか1つクリックしていただければ幸いです(1日1クリック分が反映します)。

blogramのブログランキング

↑ブログの内容を分析してカテゴライズするとの触れ込みでしたが…そちらはあまり期待通りになっていないですねぇ。
でも参照されている方が多い様ですので設置を継続します。

NEXT≫